2022年07月06日( 水 )
by データ・マックス

第一生命の保険金詐欺(2)吉田美智子女史(正下の娘)~「母親の全貌を知らなかった」とこぼす

 筆者の友人は第一生命の保険金詐欺事件が発覚して以来、正下文子特別調査役の娘である吉田美智子氏のことを心配して電話をするが、一切連絡がとれなかった。

 ところが8日になって吉田氏から友人に電話がかかってきた。「母の悪だくみがこれほどにまで行われていたとはまったく知らなかった」という弁明の電話である。友人は「今になって現れてもどうしようもないだろう。マスコミにこれだけ書きまくられては打つ手がない」と突き放した。

 吉田氏は「そうですね。もう打つ手はありませんね」とつぶやいていたという。

(1)
(3)

関連記事