• このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年01月07日 10:45

中国経済新聞に学ぶ~世界ぜいたく品の半分は中国人が買った(前)

強大な購買力を備える若者 

 今年の「ダブル11」(11月11日のネット通販イベント)では、ぜいたく品ブランドの売れ行きが、ことのほか熱かった。これらを売り始めるとすぐに売り切れて、再入荷するとまたすぐに売り切れるため、ブランド側は海外から緊急に商品を調達しなければならなかった。クロエ、IWC、バレンシアガなどの「ビッグブランド」を含む人気のファッション小物65ブランドは、いずれも世界から中国市場向けに商品を調達した。 

中国ぜいたく品市場の消費が大幅に増加したのは、若年層の功績が大きい。若者はみな「デジタルネイティブ」であり、未来に対し楽観的な態度をもち希望に満ちており、最新のトレンドをすぐに広めようとする。さらに、ショッピング・交流プラットフォームの「小紅書(RED)」やショート動画共有アプリの「TikTok(ティックトック)」などをよく利用している。 

 新しい時代に生きる彼らは、ほかの世代に比べて最新のトレンドを追いかけたい、高級品を買いたい、生活の質や社会的地位を上げたいという気持ちがさらに強い。若い「買い物の達人」は、買い物をするときに「モノの値段にはそれなりの理由がある」と信じており、将来のための貯金にも普段はあまり関心がないため、強大な購買力を備えている。 

 26~35歳の年齢層は高級ぜいたく品消費額シェアの62%を占める。26~35歳の人々はちょうど出生数がピークの「80後(1980年代生まれ)」と「90後(90年代生まれ)」で、中国の総人口に占める割合が大きい。 

 国家統計局が発表した出生数データをみると、80後は合計2億2,000万人、90後は合計2億1,000万人であり、「00後(2000年代生まれ)」の1億6,000万人、「10後(2010年代生まれ)」の1億6,000万人を大幅に上回る。この年齢層は、親の世代と比較して物質的条件が極めて大きく改善されたため、所得の増加分のうち消費の占める割合(限界消費性向)がより高く、個性に合った消費のニーズもより大きく、高品質の商品にはそれに見合う「プレミアム」を支払っていいという気持ちが強い。 

 彼らが購入する商品の品目は、服飾品、腕時計、ジュエリー、ハンドバッグなどが最多だ。ボストン・コンサルティング・グループの「2019年中国ぜいたく品消費者デジタル行動報告」によると、18年の中国ぜいたく品市場での消費のうち、衣類、腕時計、ジュエリー、ハンドバッグはいずれも500~600億元の売上高(小売額)となり、総売上高に占める割合が平均20%を超え、その他、アクセサリーは同売上高の16%を占め、靴類は同15%を占めた。 

 多くの消費者がぜいたく品を選ぶ主な理由は、ブランドにある。消費者にとって、ブランドは品質の代名詞であることが理由だ。ブランドは、企業が長年にわたる経営で築き上げた信頼であり、商品を製造するときにはさまざまなことを考慮してデザインするため、できあがった商品はファッショナブルで新しいものになる。 

 しかし若者は、年長者たちほどブランドが重要だと感じていない。SNSの影響を受けて、ぜいたく品消費についての考え方が成熟するにつれ、より多くの消費者がデザイン、素材、製法などを評価し、吟味するようになってきた。 

 商品についてブランド以外のより多くの知識を得ることが、若者が人と交流するときの一種の社交的資本(ソーシャルキャピタル※)になっている。また一方で、ぜいたく品を購入する要因として、価格はデザインや製法、素材に比べて、それほど重要ではなくなってきているようだ。これは、中国人の収入がますます多くなり、消費力がますます強くなり、消費ニーズが多様化したことが主な理由だ。 

(つづく) 

※ 社会・地域においての人々の信頼関係や結びつきを表す概念。 


中国経済新聞を読もう

<連絡先>
(株)アジア通信社
所在地:〒107-0052 東京都港区赤坂9-1-7
TEL:03-5413-7010
FAX:03-5413-0308
E-mail:china@asiahp.net
URL:http://china-keizai-shinbun.com

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2021年01月28日 17:38

大和力を、世界へ。コロナ禍のなかでアートにできること(3)NEW!

 『神獣さんは私が創作したものではなくて、たとえばお寺や神社にいけば狛犬や龍がいたりする。イタリアにいけば腕の生えた獅子がそのへんにいて、フランスにはガーゴイル(架空...

2021年01月28日 17:05

【縄文道通信第59号】縄文道は身体知~縄文道―武士道―未来道(前)NEW!

 日本の歴史の中で燦然と輝く、約1万4,000年の縄文時代の人々は狩猟、漁労、採集生活者であった。 生活のリズムは常に日の出から日の入りまで、太陽の光を浴びて自然の賜...

「コロナの真相とその先に潜むデータ覇権争いという新たな脅威」(1)NEW!

 菅総理は1月18日に召集された通常国会での施政方針演説で「安心を取り戻すため、新型コロナを1日も早く収束させる。闘いの最前線に立ち、難局を乗り越えていく決意だ」と力...

2021年01月28日 15:51

中洲の灯は絶えない(3)たくましく独自の工夫を凝らすNEW!

 福岡県への緊急事態宣言発出を受け、中洲の飲食店も営業時間を午後8時(酒類の提供は午後7時)までの時短営業としている。飲食店の苦境が伝えられる一方で、中洲の各店舗はラ...

2021年01月28日 15:35

ネットバブルの寵児、折口雅博氏の自伝『アイアンハート』を読む~逃避先の米国で、あのトランプ前大統領の知遇を得て再起!!(4)NEW!

  ネットバブルの寵児が戻ってきた。人材派遣大手グッドウィル・グループ(株)(以下、GWG)元会長・折口雅博氏が自伝『アイアンハート』(昭文社刊、税別定価1,500円...

2021年01月28日 15:15

長尾治療院・長尾良一氏のコロナ対策NEW!

 長尾良一は佐賀県唐津市の鍼灸院・長尾治療院の院長である。知る人ぞ知るその道の達人。肩書きに「日中特種鍼法研究会会長」とあるが、伊達ではない...

2021年01月28日 14:01

【IR福岡誘致特別連載21】市営地下鉄・西鉄・JRの直通相互乗り入れで年間99億円増収

 マスコミ各社は27日、かつてからの福岡都市圏計画の懸案事項である、福岡市営地下鉄箱崎線と西鉄貝塚線、貝塚駅における両者の相互乗り入れによる直通化(軌道幅はともに1,...

2021年01月28日 13:47

【長期連載】ベスト電器 消滅への道(13)半世紀生きるために同社のケースに学ぶ

 ユニード、寿屋、そしてベスト電器。「九州の覇者から全国へ」という野望を抱き、事業拡大に走ったが、いずれも惨憺たる結果に。没落していく企業にはそれなりの理由がある。ベ...

2021年01月28日 13:00

巣ごもり消費で経常49%増 コスモス薬品11月中間

 コスモス薬品の2020年11月中間連結決算は、売上高が前年同期比12.0%増、経常利益49.1%増と増収大幅増益になった...

2021年01月28日 11:58

大島産業、4.2億円で清滝橋はく落対策工事を受注

 NEXCO西日本九州支社発注の「令和2年度九州自動車道清滝橋ほか12橋はく落対策工事(その2)」を(株)大島産業が4億2,921万円(税別)で受注した。同工事は随意...

pagetop