• このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年01月08日 16:42

第一生命の保険金詐欺(11)~正下文子外務員からの手紙

 下記は筆者が2000年6月に山口銀行大阪支店長から北九州支店長に着任したときに、第一生命の営業社員(特別調査役)の正下文子から送られてきた祝辞の手紙である。長文でありながらすべて手書きであり、手紙を書き慣れているのがわかる。

 この手紙を受けて、母店の北九州支店だけでなく、傘下の北九州市内の支店長にも彼女の保険勧誘に協力を依頼したのだろうか。残り2通の手紙は、保険契約が成約したお礼状だったためだ。その2通の手紙には、行員の実名や役職名が記載されているため、伏せ字にすることも考えたが、文脈から人物が特定される可能性があることから掲載はしない。

 ~正下文子のしたたかな読み~
 筆者は1945年4月生まれ。2年浪人して山口銀行に入行したため、大阪支店長のときに55歳の定年を迎えたが、定年延長が認められ、北九州支店長のときに56歳となったが、再度定年延長が認められた。北九州支店長から取締役に昇格するためには、田中耕三頭取だけではなく、正下の「お眼鏡に適う」かが問われていたようだ。正下からすれば、「私の保険勧誘に協力してくれたので取締役に推薦した」との思いがあったのではないだろうか。

 2001年6月に、筆者は取締役宇部支店長を拝命した。下記は9月25日付けの葉書である。これは、手紙ではなく葉書だ。支店に配送される郵便は、庶務の行員が仕分けする。宛名とともに正下の名がすぐわかる。文面は「親しくさせていただいている。今後とも保険の勧誘をお願いします」との内容が、第三者の目に触れるようにした、したたかな読みがあったようだ。

 その後の動きを時系列に列挙すると以下のようになる。

◆02年6月 田中耕三頭取から田原鐡之助に頭取交代(田中氏は相談役に就任)。
・田原頭取は正下の保険勧誘を目安箱まで設置して、全店的に廃止することを決定。
◆04年6月 筆者著の『実録 頭取交替』(講談社)の通り、田原頭取の再任が否決された。
・この頭取交代劇を裏で動いたのは、田中相談役と第一生命の正下だったのだ。

<むすび>
 第一生命の金融詐欺事件は02年6月に田原頭取が再任され、第一生命の正下との縁を断ち切っていれば、多くの被害者を出すことはなかったと思われる。正下を優遇した第一生命の責任は重い。しかし上記の通り、正下が大手を振って山口銀行で保険勧誘を認めていた山口銀行の道義的責任も大きいのではないだろうか。

 さらにいえば下記の通り、正下が顧客に差し入れた借用証書に正下の実の娘である吉田美智子(第一生命・神戸総合支社)が保証人として記入されている。本人自署ではないものの、裁判で争う形跡もないことから長年認めていたことになる。そうであれば、吉田をいまだ懲戒解雇していない責任も重い。第一生命は裁判を取り下げ、被害者全員に対して直ちに全額弁済すべきではないだろうか。

(了)

【(株)データ・マックス顧問 浜崎裕治】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2021年03月07日 07:00

【新・「電通公害」論】崩れ落ちる電通グループ~利権と縁故にまみれた「帝王」の凋落(2)

 日本の総広告費はGDPの拡大とともに年々増加の一途をたどり、今や7兆円に迫る規模に達している。電通は商業テレビがスタートした1953年以来、そうした日本の総広告費の...

2021年03月07日 07:00

別府市のマンション設計偽装~大分県は早急に県内の建物調査を行うべき(5)

 『別府市付近には、西日本を横断する断層帯である「中央構造線」に連なる断層帯がいくつもあります。大分県のホームページでは別府付近の断層を震源とする地震や南海トラフを震...

家族的な風土で社員の信頼関係を高め さらなる組織力強化を図る

 少子化に歯止めがかからないなか、政府は「働き方改革」を掲げ、IT活用による生産性の向上や労働環境の改善を促進。こうした取り組みによって離職率の低下と人材が確保できる...

2021年03月06日 08:00

極細1mmのふわふわ金糸モンブラン、太宰府天満宮参道で話題のソフトクリーム

 福岡の観光地・太宰府天満宮の参道にある金糸モンブラン専門店「香菓(かぐのこのみ)」が話題となっている。昨年12月25日のオープン以来3日間で1,000人を超える人気...

2021年03月06日 07:00

【新・「電通公害」論】崩れ落ちる電通グループ~利権と縁故にまみれた「帝王」の凋落(1)

 圧倒的な力を背景に、長期にわたりマスコミを支配し続けてきた広告代理店・電通グループ。だが、「驕れるもの久しからず」。広告料不正請求事件や過労死事件に象徴されるように...

2021年03月06日 07:00

別府市のマンション設計偽装~大分県は早急に県内の建物調査を行うべき(4)

 『「構造特性係数(Ds)」とは、保有水平耐力計算においてその建物に必要とされる「必要保有水平耐力(Qun)」を求める際の係数であり、Dsの値が大きいほど、その建物に...

誠実・勤勉に仕事を全うし地場総合建設業の使命をはたす

 (株)末永工務店は地場総合建設業として、1957年4月の創業以来63年間、地元・福岡を中心に、数多くの実績と信頼を積み上げている。今日も現状に甘んじることなく研鑽を...

いつの時代も正直に まちづくりに貢献し続ける

 福岡県内トップクラスの総合建設業として、地域のまちづくりに貢献し続ける照栄建設(株)。1972年6月、前畑一人氏によって創業され、2代目の中村悦治氏、そして2017...

企画が強みのアメイズマンション 機会を捉え新規事業にも挑戦

 九州の地方都市では、実家から独立して持ち家を求める若者や、通院に便利なようにインフラが整った街中に住みたいと望む老夫婦が、「2つ目の住宅」としてマンションを購入する...

2021年03月05日 17:19

会計法人代表らを逮捕、1.8億円脱税の疑い(福岡地検)

 福岡地検は4日、法人税や消費税など約1億8,000万円を脱税したとして、法人税法違反などの疑いで、(株)会計法人SASパートナーズ(東京都渋谷区)の武藤貴弘・代表取...

pagetop