わらび座ミュージカル「北斎マンガ」特設ページ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年03月03日 09:56

中国が狙うイランの原油と天然ガス~支払いはデジタル人民元で(前) 未来トレンド分析シリーズ 

国際政治経済学者 浜田 和幸

イランとの関係、アメリカに忖度?

 アメリカによる経済制裁の影響で、親日国のイランはこれまでにない厳しい状況に追い込まれている。原油や天然ガスは豊富に産出されているのだが、トランプ前大統領による「イラン核合意(JCPOA)」からの一方的な離脱と、それにともなうアメリカ主導の経済制裁によって、イランと取引する国はすべて経済制裁の対象になってしまった。

 そのため、イランは虎の子の天然資源を輸出できなくなり、国内経済の半分以上が干上がるという危機的状態に陥ってしまうことに。そこに追い打ちをかけたのが、新型コロナウイルスである。イランは中東地域では最悪の事態に直面し、感染者数でも死亡者数でも周辺国を圧倒している。

 経済制裁の結果、イランは財政危機に飲み込まれ、コロナ対策用の医療器具やワクチンなどの輸入も思うにまかせない。かつては日本の「海賊と呼ばれた男」こと出光佐三がイギリスから独立したイランの原油をタンカー「日昇丸」で日本に輸送し、イランの経済的独立を命がけで支援した。そのとき以来、イラン人の間では日本への感謝と尊敬の念は消えることはなかったのだが…。

 そうした歴史的因縁もあり、日本政府はアメリカとイランの関係を仲介しようと試み、当時の安倍晋三首相がテヘランに乗り込んだが、残念ながら期待されたような成果は得られなかった。もともとトランプ大統領の「アメリカ・ファースト」という名の「イラン敵視」政策を覆せるだけの説得力も交渉カードも安倍首相には備わっていなかったわけだ。菅義偉政権になってからも、イランからは日本で凍結された預貯金の解除を求める支援要請が相次いでいるが、アメリカを忖度してか、日本政府の動きは鈍いままだ。

 実は、イランのソレイマニ司令官の暗殺を含め、アメリカの強硬姿勢はイランと対立するイスラエルやサウジアラビアの意向を反映したものであった。アメリカを恐れてヨーロッパやアジアの国々は、イランとの関係を断ち切る選択を余儀なくされた。

イランに急接近の中国

 そんななか、イランに救いの手を差し伸べたのが中国である。日本を含め、多くの国々がイラン産の原油や天然ガスの輸入をゼロにしたわけだが、唯一中国だけがイランからの輸入量を拡大。今ではイラン産原油の最大の輸入国になっている。

 しかも、破格の安値で長期の輸入契約を結ぶことに成功しているではないか。実に、交渉上手といえるだろう。何しろ、トランプ政権からはことあるごとに非難や制裁を突きつけられてきた中国である。同じような状況下に苦しむイランを救い、味方につけるのは外交上も当然の選択肢だったに違いない。

 さらに、中国はアメリカの怒りを買うことも平気という徹底ぶりであった。原油の決済を人民元で行うことにしたのである。実は、ニクソン・キッシンジャー時代から「ペトロ・ダラー」と呼ばれるように、原油の取引はアメリカのドルで決済することが決まっていた。世界の超大国アメリカならではの戦略的な金融・原油外交のなせる技であった。世界経済を支える石油というお宝をアメリカは自国の通貨を刷れば好きなだけ調達できたのである。まさに「アメリカ・ファースト」を象徴する力業(ちからわざ)であった。

 そんなアメリカ一極支配にくさびを打ち込もうとするのが、今の中国である。国際機軸通貨ドルに代わるデジタル人民元の普及に取り組み始めたわけだ。コロナ禍が世界を飲み込んでいるが、経済大国のなかでは唯一プラス成長を達成している強みが背景にある。

 トランプ前大統領からは「武漢ウイルス」や「チャイナ・ウイルス」と呼ばれ、新型コロナウイルスの発生源として非難を浴びせられてきた中国であるが、自前の医療器具や独自のワクチンなどをイランにいち早く提供し、いわゆる「戦狼外交」を展開している。

 こうした挑戦的な動きにアメリカは危機感を強めざるを得ないようだ。通商問題から安全保障の分野まで、トランプ政権時代には「アメリカにとって最大の脅威は中国である」との認識が党派を超えて広く行き渡った。「習近平国家主席とは世界の指導者のなかでもっとも長い時間を過ごしてきた」と自慢するバイデン新大統領であるが、中国脅威論に関してはトランプ政権の考え方を踏襲する意向を示している。

 とはいえ、バイデン政権の外交方針は現時点では暗中模索状態といえるだろう。目の前のパンデミック対応や、労働者の3人に1人が失業保険を申請中という貧富の格差が拡大するなかで、経済立て直しのための大型支援策を議会で通過させることが最優先されるため、外交案件は後手にならざるを得ない。

(つづく)

<プロフィール>
浜田 和幸(はまだ・かずゆき)

 国際未来科学研究所主宰。国際政治経済学者。東京外国語大学中国科卒。米ジョージ・ワシントン大学政治学博士。新日本製鐵、米戦略国際問題研究所、米議会調査局などを経て、現職。2010年7月、参議院議員選挙・鳥取選挙区で初当選をはたした。11年6月、自民党を離党し無所属で総務大臣政務官に就任し、震災復興に尽力。外務大臣政務官、東日本大震災復興対策本部員も務めた。最新刊は19年10月に出版された『未来の大国:2030年、世界地図が塗り替わる』(祥伝社新書)。2100年までの未来年表も組み込まれており、大きな話題となっている。

関連キーワード:菅義偉  ※記事へのご意見はこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2021年04月21日 17:09

アスコットの会長にラオックス・羅会長NEW!

 取締役選任のため、6月9日に臨時株主総会を開催するアスコットは、すでに発表されていた三菱商事出身の久米本憲一氏に加え、中国平安グループの蒉凯频氏を取締役候補とするこ...

2021年04月21日 17:04

インドネシア・パーム油生産農園視察(ボルネオ直行ルポ)(6)繰り広げられる情報戦NEW!

 現地で出会った閣下(以下、登場人物は仮名)に、パーム油市場の動向について分析してもらった。インドネシアでは昔から料理に食料油としてパーム油を利用してきた。インドネシ...

2021年04月21日 15:01

福島原発事故、アルプス処理水を海洋放出して良いのか~報道では語られない諸問題と私の提案(4)NEW!

 グリーンピース「東電福島第一原発 汚染水の危機2020」の14ページでは、汚染水に含まれる放射性炭素14Cの問題を取り上げています。この件は、次の項目「放射性炭素1...

2021年04月21日 14:38

全国ノーマスクピクニックデー、全面中止にNEW!

 全国各地で連休中の5月1日(土)・2日(日)の連日開催が予定されていたイベント「全国ノーマスクピクニックデー」は、全面中止となった...

2021年04月21日 14:33

【飲食事業者の独立心、自尊心を育てよ!(4)】福岡の老舗ロシア料理店「ツンドラ」~閉店惜しみ午前中から長蛇の列NEW!

 20日、老舗ロシア料理店「ツンドラ」が5月7日に閉店すると報道された。同店は1960年創業と福岡におけるロシア料理店の草分け的な存在で、看板メニューのボルシチなどが...

2021年04月21日 13:44

【佐賀】原材料が100%佐賀産ビールの『佐賀アームストロング醸造所』NEW!

 佐賀市諸富町に立地する千葉県のプラントメーカーが、100%佐賀県産ビール大麦を使う製麦工程併設のクラフトビール工場『佐賀アームストロング醸造所』の建設を進めている...

2021年04月21日 13:26

【福岡市】「感染症対応シティ促進事業」~空気清浄機『Aura Air』も補助金対象製品にNEW!

 福岡市は、感染症対策に取り組む市内の店舗などを支援する「感染症対応シティ促進事業」を行っている...

エコモ・インターナショナル(株)(福岡)/水素水生成器卸NEW!

 同社は、4月9日、福岡地裁飯塚支部より破産手続開始決定を受けた...

2021年04月21日 11:35

アレルギー表示制度の役割、「卵」は妥当と評価~食品安全委員会NEW!

 内閣府の食品安全委員会は20日、加工食品のアレルギー表示制度で「卵」の表示を義務づけていることよって、鶏卵アレルギーの患者がアレルギー症状の誘発を防止できているとす...

pagetop