• このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年05月07日 16:53

米大手EC「iHerb」、コロナ禍で日本向けサプリの需要拡大

国内累計顧客数100万人以上

iHerbのECサイト
iHerbのECサイト

 サプリメント先進国である米国の大手EC(電子商取引)・ネット通販企業「iHerb」では、サプリメントや化粧品など3万点に上る商品を185カ国、3,000万人以上の顧客に向けて、国境をまたぐ越境ECによって直接販売している。iHerbサイトは11カ国語に対応し、日本の累計顧客数は100万人以上、年間売上は数億円規模に達している。

 Google 自動翻訳などの技術革新が進むなか、将来、ネット通販は言葉の壁を越えて国内外を問わず「ボーダレス」に販売できるようになると予想されている。

コロナ禍の購入動向

iHerb日本マーケティング部門の貞光ライアン氏
iHerb日本マーケティング部門の貞光ライアン氏

 コロナ禍を背景に、iHerbでは体調管理を目的としたサプリメントの需要が高まり、ビタミンC・ビタミンD・亜鉛などの商品の人気が上昇している。日本向けのベストセラーは、米国産ビタミンCサプリメント「サンリピド・リポソームビタミンC」だ。

 iHerb日本マーケティング部門の貞光ライアン氏は、「意外にもコロナ禍でオーガニックなどの食料品の売上が大きく伸びました。おそらく、自宅で過ごす時間が長くなり家庭で料理をする機会が増えたことや、健康に気遣う人が増えたことから、オーガニック食料品を購入する人が増えたのでしょう」と直近の傾向を説明する。

 パンケーキにかけるカロリーゼロの「ウォルデンファームス・パンケーキシロップ」や、タンパク質が豊富でヘルシーな「クエストニュートリション・プロテインチップス」も、日本向けのベストセラー商品になっている。

海外サプリやオーガニックコスメに需要

米国カリフォルニアの配送センター
米国カリフォルニアの配送センター

 iHerbでは、米国産を中心に1万種類以上の海外製サプリメントを販売。日本では購入できない海外製サプリメントを手軽に入手できることや、日本で購入するよりも値ごろ感のある価格で購入できることが、iHerbが利用されている理由だという。

 貞光氏は、iHerbの化粧品ECについて「日本は世界でも最先端の美容大国のため、日本発のブランドと競合するうえで厳しい環境にあるというのが本音です。しかし、iHerbでは、自然派化粧品やオーガニックコスメで幅広いブランドをそろえており、日本のデパートやドラッグストアで見つけることのできない商品が大半を占めているため、肌に触れるものに気遣う自然派志向の人々に利用されることが多いです」と話す。敏感肌の人でも使いやすい化粧品を数多くそろえていることも、購入される理由に挙げている。

iHerbのスマホ向けアプリのECサイト
iHerbのスマホ向けアプリのECサイト

国際配送コストを大幅削減

韓国・仁川の配送センター
韓国・仁川の配送センター

 iHerbでは、国際配送でネックになりがちな日本への送料を「自動セレクト海外配送」(配送会社をiHerbに任せる配送)によって、一律4ドル(約450円)の低価格に抑えている点も特長だ。

 日本でオンライン購入された商品を韓国・仁川の配送センターから輸出することで、日本への送料を大幅に削減。貞光氏は「日本向けは年間約1,500万件の注文があるため、佐川急便やヤマト運輸と提携して手ごろな価格帯で配送しています」と説明している。

 「iHerbは日本でもすでに長い実績があり、運動をする人や健康意識が高い人などのコミュニティーでは広く知られています。次のステップとして、より広い層の人々への認知度を高めて、日本でも健康やウェルネスのオンラインショップの代名詞になることを目指しています」(貞光氏)。

 海外製サプリメントや自然派製品の個人輸入のニーズは根強く、国境を越えたEC市場の動向が注目される。

【石井 ゆかり】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2021年08月05日 11:07

【読者からの投稿】コロナ感染者の入院制限方針についてNEW!

 新型コロナウイルス感染者の入院制限方針ですが、受け入れる側の医療機関からすれば、すでに崩壊に直面しているわけなので、本件やむなしと思えるかもしれません...

2021年08月05日 10:52

京大名誉教授鎌田氏が富士山噴火について語るNEW!

 江戸時代の1707年(宝永大噴火)を最後に約300年噴火していない富士山。関連の学会ではそう遠くない時期の噴火の可能性およびその場合の被害などについて議論されている...

2021年08月05日 10:06

博多三大祭り・筥崎宮の放生会~規模を縮小、露店出店は中止NEW!

 新型コロナウイルス感染拡大を受け、お触れ行事や御神輿清などの神事を取りやめるなど、規模を縮小して開催する...

2021年08月05日 09:36

動物園アジアゾウ舎整備、別府JVが2.4億円で落札NEW!

 福岡市発注の「動物園アジアゾウ舎放飼場整備(その3)工事」を(株)別府梢風園を代表とする別府・小山JVが2億4,361万2,000円(税別)で落札した...

2021年08月05日 06:00

同一労働同一賃金、個別の処遇は?NEW!

 今回は、個別の処遇について検討します。なお、以下の解説はあくまで例示ですので、会社によってその手当の「性質・目的」が異なる場合には、別の結論になることもあります...

2021年08月05日 06:00

【みやき町「健幸長寿」のまちづくり(4)】健幸長寿の象徴をカタチに、元気なまちづくりを支援NEW!

 「市村清記念メディカルコミュニティセンター」は、隣接する町営の温水プール施設の改修に合わせて周辺一帯を再開発する「メディカルコミュニティみやきプロジェクト」の肝とな...

2021年08月05日 06:00

【球磨川水害から1年】「流水型ダム」が球磨川治水の要(中)NEW!

 あくまで個人的な意見になるが、緊急治水対策プロジェクトのさまざまなメニューのなかで、最も重要であり、最も象徴的な対策は、流水型ダムだとシンプルに考えている...

2021年08月05日 06:00

22年度、ついに延伸開業 地下鉄・七隈線が博多駅へ(5)NEW!

 薬院は、七隈線では天神南に次いで2番目に乗降人員が多い駅である。西鉄・天神大牟田線への乗り換えが可能なほか、駅前から博多駅方面へのバスも運行しており、交通結節点の様...

2021年08月04日 17:02

中国の再エネ巨大市場 脱炭素化を追い風に「技術覇権」狙う(前)

 中国は世界の太陽光パネル生産量の約8割を占め、風力発電設備でも主要生産国の1つだ。巨大エネルギー市場をもつ中国は石炭火力発電が主力であるが、再生可能エネルギーが急拡...

2021年08月04日 16:25

【業界を読む】斜陽産業だが改革進まず、新聞は恒常的な赤字事業へ(後)

 毎日新聞は毎日新聞グループホールディングスの連結決算の公表がなくなり、持株会社と毎日新聞社の単独決算だけが公表されたため、別表は毎日新聞社単独の業績推移と決算内容で...

pagetop