2022年05月25日( 水 )
by データ・マックス

第一生命の金融詐欺事件(8)~被害者から届いた喜びの礼状

 第一生命の正下文子特別調査役による金融詐欺事件について、ウィキペディアは第一生命の金融詐欺事件を「第一生命多額詐取事件」として、以下のように掲載している。事件の経緯がわかりやすいため再掲した(※一部編集)。

この金融詐欺事件の経緯について

 日本の保険会社の第一生命保険の営業社員が起こした架空金融詐欺事件である。長年、トップセールスを記録していた営業社員が、「上席特別参与」や「特別調査役」の肩書を信頼した顧客に対して、「金利30%の特別枠」などの架空の金融取引をもちかけて不正に資金を集め、当該社員が返済を行わなかった。被害者は21名に上り、被害総額は約19億円とみられている。

発端

 2014年10月15日に講談社から発刊された「実録 頭取交替」(浜崎裕治著)により、仮名でありながら、当該社員と山口銀行の相談役との長年の癒着とその実態が明らかになり、大手メディアにも知られることとなった。20年6月に被害者の訴えにより発覚し、第一生命の社内調査で、不正が明らかになった。7月、第一生命により刑事告発され、当該社員は懲戒免職となった。その後の10月には、金融庁も報告徴収命令を出すなど不正の調査に乗り出した。

被害者の救済

 告発のきっかけとなった被害者には10月1日、預けた保険金の約3割が第一生命から弁済された。20年12月4日、被害者を支援する弁護団が、被害者への全額弁済を会社側に求める調停を裁判所に申し立てた。21年3月31日、裁判所より相当であると示された和解案に上乗せして、被害額の全額を被害を受けられた方々に補償する必要があると判断して、被害を受けられた方々にお支払いした金額の全額を弁済することを発表(別表参照)した。

    今月16日午前11時15分、自宅玄関の呼び鈴が鳴り、妻が出向くと郵便局員から現金書留を渡された。差出人は被害者の一人で、相談を受けた女性からだった。封を開けると封筒に入れられた寸志と手紙が添えられていた。礼状は達筆な文面で便せん2枚に記されていた。

拝啓
今はコロナ禍で先の見通せない不安な日々でございます
その後お変わりなくお過ごしでしょうか

今回の正下文子詐欺事件では大変お世話になりました
浜崎様の働きかけが原動力となり、今回の弁護士団による全額返済という解決に至る事となりました
第一生命という巨人相手にこの解決は、本当に稀有な事のように認識しております 個人名伏せた行動をとって頂きました事と共に心より感謝申し上げます 長男〇〇の元に家族がまとまり行動する事もでき、亡き夫に良い報告ができました 警察の方にも大変熱心に対応して頂きました

浜崎様には、どのように、感謝の気持ちをお伝えしたものかと考えあぐねておりました
同封致しました形でお礼とさせて頂きます
今後の浜崎様の益々の御活躍と御健康をお祈り申し上げます
本当に有難うございました

敬具

五月十五日

〇〇〇〇

浜崎 裕治 様

(原文のママ)

    私はすぐに、データ・マックスの児玉社長の携帯に電話し、「礼状は有難くいただくが、寸志をいただくのはどうしたものか」と相談すると、児玉社長から「被害者の方の心からのお礼の気持ちであり、素直に受け取った方がいいよ」とのアドバイスが返ってきた。

 その言葉を受けて被害者に電話を入れると、お互いの心が通じ合う言葉が交わされた。電話を終えた後、被害者の長男の方からもお礼の電話があり、喜びを分かち合うことができた。

 私は、第一生命の正下特別調査役と山口銀行の田中耕三相談役に、私自身の人生を替えさせられたとの強い気持ちから『実録 頭取交替』を出版した。今回、被害者からの礼状をいただき、「ああ、これで良かった」との思いから、目頭が熱くなった。

【(株)データ・マックス顧問 浜崎 裕治】

(7)
(9)

関連キーワード

関連記事