2022年01月25日( 火 )
by データ・マックス

企業参謀として成長を共有 経営視点で国内外のビジネス交流推進

(株)BUSINESS SUPPORT WORLD 代表取締役会長
別府 美千代 氏

国内外で多岐にわたる企業支援

(株)BUSINESS SUPPORT WORLD 代表取締役会長 別府 美千代 氏
(株)BUSINESS SUPPORT WORLD
代表取締役会長 別府 美千代 氏

 福岡を拠点に、経営コンサルティングやさまざまな事業を、国内外を舞台に多岐にわたり展開する(株)BUSINESS SUPPORT WORLD。同社の代表取締役会長であり、福岡商工会議所のエキスパート講師としても活動している別府美千代代表は、これまで規模の大小、業種を問わず、国内外で約1万社以上の創立に関わってきた。

 また、同社では台湾を拠点にアジア諸国のまちづくりに携わる和新建設有限公司や、國際共栄有限公司といった関連企業と連携した取り組みも行っており、顧客と成長著しいASEANとの関係性構築を可能にしている。

 そんなビジネスサポートワールド最大の特徴といえるのが、必要ならば別府代表自らが出資者となり、創業者とともに経営に携わる点だ。助言をして終わるのではなく、事業が軌道にのるまで並走する。たんなるコンサルではなく、経営者にとっての良き参謀として、二人三脚で事業に臨む姿勢が、同社への高い評価につながっている。

グローバル・パートナーシップで共存共栄を

建設中のVIEW II
建設中のVIEW II

 1年の半分を海外で過ごす別府代表が、産業と才能の集積地として今最も注目しているのが、カンボジアの首都、プノンペンだ。別府代表自身、プノンペンの大使館特区としても知られるBKK1エリアの高級コンドミニアム、『THE VIEW』を所有しかつ、法人設立やオフィスセットアップ事業も手がけている(VIEW1/2Fインスタントオフィス)。

 「プノンペンで事業を展開する利点として、まずドル経済圏のため為替リスクが低いこと、そして、プノンペン新国際空港の建設と合わせて高速道路整備や複数の大型商業施設の計画が進められており、都市の拠点性の大幅な向上が見込まれことが挙げられます。実際、世界の名だたる企業がすでにプノンペンに進出してきています。そして日本の企業経営者にとって大きいのが、カンボジアが親日国であるということです」(別府代表)。

 カンボジアは「縫製業・製靴業」「観光業」「建設業・不動産業」「農業」の4つを主要事業に高度経済成長国として発展を続けているほか、若年層の比率が高く人口ボーナスに期待がもてる、魅力的な市場だ。

 しかし、メリットのみを享受しようという考えでは成功は遠のくだけだ。必要なのは商慣習を含む、その土地独自の文化や風習を尊重する、グローバル・パートナーシップに則った共存共栄の精神である。

 別府代表がこれまでに構築してきた多彩な人的ネットワーク、出店にともう仲介などの多岐にわたるクロージング実績は、現地の有力者からも信頼されており、プノンペンにおける新たな日本人コミュニティの形成を任されるほど。

 「少子高齢化をともなう人口減少が避けられない日本市場だけでは、今後事業の発展は困難です。成長を続けるアジア諸国での事業展開、あるいは不動産投資は、現実的な選択肢として考えておく必要があるのではないでしょうか」(別府代表)。

 海外進出を検討しているものの、進出先に何も伝手がないという時、同じ経営者の視点で判断ができる別府代表の知見や、それを踏まえたビジネスサポートワールドの支援は、活路を切り拓くための一助となるはずだ。


<COMPANY INFORMATION>
代表取締役会長:別府 美千代
代表取締役社長:謝 發晟
所在地:福岡市博多区比恵町2-32
設 立:1996年3月
資本金:2,990万円
TEL:092-477-7188
URL:http://www.businesssupport.jp


<プロフィール>
別府 美千代
(べっぷ みちよ)
大手販促会社のMD/SP出身。独立後、1996年に法人化し、地域活性化や商工業の実施アドバイスなど、商工会議所等の経営エキスパート講師。幅広く活動を展開。自身も実業家として日本4社、海外3社(台湾2社、カンボジア1社)の経営を手がけるかたわら、企業経営者の良き参謀として、国内外での事業拡大を支援している。

関連記事