• このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年09月10日 15:09

スーパーフォーミュラにJAFがブース出展

 一般社団法人日本自動車連盟(JAF)九州本部(有田耕一本部長)は、9月12日、13日の両日、オートポリス(大分県日田市)で開催される「2015年全日本選手権スーパーフォーミュラ 第5戦」にJAFブースを出展する。

 スーパーフォーミュラは、厳しい規格に基づき競技専用に開発されたレーシングカーによる選手権レースで、今年は元F1ドライバーの小林可夢偉選手やル・マン24時間耐久レースで3度優勝したアンドレ・ロッテラー選手といった強豪の参戦でも注目を集めている。

 今回出展するJAFブースでは、モータースポーツイベント限定の写真入り「キッズモータースポーツライセンス」の作成や、時速5kmの衝撃体験でシートベルト着用の重要性を知る「シートベルトコンビンサー」などを用意している。

 JAFでは、「モータースポーツ競技を間近に観戦できる絶好のチャンスなので、魅力を肌で感じて欲しい」としている。

 詳しくはコチラ

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

pagetop