わらび座ミュージカル「ジパング青春記」特設ページ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年10月26日 18:23

韓国経済ウォッチ~TPPと韓国経済(前) 韓国経済ウォッチ 

日韓ビジネスコンサルタント 劉明鎬(在日経歴20年)

 韓国経済の特徴は、高い貿易依存度である。狭い国土面積、小さい市場規模、資源の不足などで、韓国は成長の拠り所を貿易とし、経済成長を遂げてきた。韓国の貿易依存度は80%前後を記録していて、米国の22%、日本の31%に比較してみても、いかに高いかがすぐわかる。このように貿易依存度の高い韓国にとっては、自由貿易の重要性は切実で、どの国よりも積極的に両国間の自由貿易協定を推進してきた。

貿易イメージ その結果、その間15件のFTA「自由貿易協定」(国家数では54カ国になる)を締結することに成功し、全世界の74%の地域と自由貿易ができるようになった。すなわち韓国は、FTA制度においては一番の優等生と言っても過言ではないくらい成果を挙げてきた。

 ところが、最近「FTA強国」と言ってもいい韓国の地位を、揺るがしかねないニュースが流れている。他ならぬ韓国を除いた12カ国間で大筋合意した、「TPP(環太平洋パートナーシップ協定)」である。
 今回は、TPPはどのような協定であり、どのような背景から誕生するようになったのか。それからTPPは韓国経済に今後、どのような影響を与えるかを考えてみよう。

TPPとは

 TPP(Trans-Pacific Partnership)は高いレベルのFTAであり、アメリカはTPPを「21世紀型のFTA」と呼んでいて、アジア・太平洋地域の経済統合のスタンダードにしようとしている。スタートは2005年、ニュージランド、チリ、シンガポール、ブルネイの4カ国だけが参加した。その後、米国、オーストラリア、ペルー、マレーシア、ベトナム、カナダ、メキシコなどが参加するようになって規模が拡大。13年3月には、日本もアベノミクスの一環として、TPPへの参加を表明した。
 このようにしてTPPは、名実ともにアジア・太平洋地域の多国間自由貿易協定として浮上するようになった。TPPが大筋合意に至るようになると、12カ国以外にも韓国、台湾、フィリピンなども、会員として参加することに関心を表明している。

 それでは、TPPはどのような背景で誕生するようになったのかを見てみよう。TPPが誕生するようになった背景を理解するためには、まず最近の貿易協商の流れを把握する必要がある。
 最近、貿易交渉は複数国が交渉に参加する「多国間交渉」から、2つの国同士が交渉する「二国家間交渉」、それから再び「多国間交渉」へと変化してきている。WTO体制では、多数の国家が参加して交渉を進め、自由貿易のルールを決めることを試みたが、成功できなかった。WTOが推進してきたこの多国間交渉の限界を乗り越えるために、新たに登場したのが、二国家間交渉であるFTAだ。多国間交渉では、いろいろな国の利害が絡み合ってうまく推進できないので、両国間だけの交渉を通じて問題の解決を図ろうとしたわけだ。
 韓国は、二国家間の交渉であるFTA制度を十分活用して貿易領土を広げることに、最も成功した国であった。しかし、両国間のFTAを同時並行的に推進する過程で、新たな問題が発生した。協定ごとにルールが違って、その結果、コストがむしろ増大する現象も起こった。このような問題を解決するために登場してきたのが、多国間の交渉であるTPPだ。

 TPP誕生の背景にはもう1つ、アメリカの政治的な戦略がある。アメリカはこれからさらに成長が見込まれるアジアで、中国をけん制しながらアメリカ主導のルールをつくって有利な立場を構築したいという狙いがあるようだ。
 それに日本の場合は、FTAにおいては韓国に遅れを取っていたが、TPPという多国間協定に入ることによって、一気に今までの遅れを挽回できるという効果もあって、日本はTPPに積極的になっていたという指摘がある。
 12カ国間で大筋合意に至ったTPPは、韓国が今まで享有してきた恩恵を消滅させてしまう可能性もはらんでいる。韓国政府は、このような米・日が主導する新しい経済秩序に、韓国だけが取り残されることがないように、TPPへの参加を含めた多角的な分析に着手している。

 上記で言及したように韓国政府は、その間FTAに注力してきた経緯がある。韓国はすでにFTAによって一定の成果を挙げていることも事実だし、どちらかというと韓国はTPPに対しては、どのようなメリットがあるのか見極められず、様子見の態度であった。
 だが、TPPが大筋合意に至り、大きな経済圏が動き出した今では、韓国もTPPへの参加を検討せざるを得なくなった。もちろん一部では、いまだにTPP参加に慎重を期する必要があるという専門家の意見もあるが、韓国政府では、協定文の発表後にTPPへの参加を検討したいと表明している。
 しかし、韓国が参加を表明すれば、いつでも簡単にTPPに参加できるわけではない。最初に参加した12カ国と違って、これから参加する国は、TPP参加国12カ国とは個別交渉が必要であることはもちろん、参加国全体の同意も必要になっている。そのため、参加表明してから参加までに、少なくとも1年半以上の歳月が必要であることは覚悟しておくべきだ。

(つづく)

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年12月13日 16:51

ゲイツ1階で厳選和牛の焼肉を

 福岡市博多区中洲のランドマークの1つでもある大型商業施設「Gate’s(ゲイツ)」1階に、12月18日(水)、『和牛焼肉食べ放題 焼肉 巻次郎(以下、巻次郎)』がオ...

2019年12月13日 16:34

今年の漢字は「令」に決定~3万427票を獲得

 日本漢字能力検定協会は12日、世相を漢字一字で表す「今年の漢字」を京都市の清水寺で発表。21万6,325票の応募のなかから選ばれたのは新元号の「令和」にも使われた「...

(株)熊本清掃社(熊本)/産業廃棄物処理

 熊本清掃社は、12月10日、東京地裁に破産手続きの開始を申請し、同13日、同地裁より破産手続開始決定を受けた。

2019年12月13日 15:50

【記者座談会】消費増税、反動減長期化か~2019回顧と展望(1)

 2019年は消費増税対策で始まり、増税後の反動減対策で終わろうとしている。企業買収や統合・合併などの再編の動きは少なかった。担当記者に九州流通業界の5大ニュースを中...

2019年12月13日 15:13

小郡母子殺害事件、被告に死刑判決

 福岡地裁は13日、福岡県小郡市で殺人罪に問われていた元福岡県警巡査部長に死刑判決を言い渡した。

2019年12月13日 15:00

ホワイトマーク 8月、9月は新たに2社が認定

 安全衛生優良企業認定(ホワイトマーク認定)は、労働者の安全や健康確保対策に積極的に取り組み、高い安全衛生水準を維持・改善しているとして、厚生労働省が企業を認定する制...

2019年12月13日 14:28

「『本部』が勝手に発表した」!? いきなり!ステーキ

 業績の低迷が続く(株)ペッパーフードサービス(本社:東京都墨田区、一瀬邦夫社長)は、19年12月期末配当の無配修正や、収益性低下が見込まれる44店舗の撤退を決定する...

2019年12月13日 14:22

宇宙ビジネスを可能にする切り札:宇宙エレベーター(後編)

 中国は現代版シルクロードと呼ばれる「一帯一路構想」を推進している。アジアとヨーロッパ、そしてアフリカや南米にまで道路、鉄道、港湾などインフラ整備を進め、新たな巨大な...

2019年12月13日 13:40

「力貸していただかないと世の中変えられない」と山本太郎氏、神対応の動機明かす

 街頭で市民との対話を重ねるれいわ新選組の山本太郎代表は、しばしば酔客などに絡まれることがある。暴言などを吐かれても忍耐強く応じる動機について12日、栃木・JR宇都宮...

2019年12月13日 13:00

マークイズのバーゲンは元日から13日まで

 大型商業施設「MARK IS 福岡ももち」では、2020年1月1日(元日)から13日(月・祝)まで「マークイズのマークイズバーゲン」と題した初売りと冬のバーゲンを行...

pagetop