• このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年11月06日 14:10

中島淳一「古典に学ぶ・乱世を生き抜く智恵」(12)

劇団エーテル主宰・画家 中島淳一氏

 己の創作領域のみを棲家とし、その域を超えた活動には慎重になりがちな芸術家が多いなか、福岡市在住の国際的アーティスト、中島淳一氏は異色の存在である。国際的な画家として高い評価を得るだけでなく、ひとり芝居に代表される演劇、執筆活動、教育機関での講演活動などでも幅広く活躍している。
 弊社発行の経営情報誌IBでは、芸術家でありながら経営者としての手腕を発揮する中島氏のエッセイを永年「マックス経営塾」のなかで掲載してきた。膨大な読書量と深い思索によって生み出される感性豊かな言葉の数々をここに紹介していく。


草野心平・ 詩集『こわれたオルガン』に学ぶ

 詩人・草野心平(1903~1988)は、福島県いわき市に生まれる。中国広東の嶺南大学に留学中より、詩作を始め、1935年、中原中也らと詩誌「歴程」を創刊。87年に文化勲章を受賞。
 自由奔放な詩行の醸し出す彼独自の宇宙空間は果てしく拡がりつつも、人間存在の孤独を強烈までに浮き彫りにする。だが、その孤独は絶望にうちひしがれた脆弱さなどとはまったく無縁だ。野生的な生命力に充ち溢れた豪放磊落な魂の実存なのである。

●阿修羅の天はでっかいぞ。
それ。でっかいぞ。
水分だって。たっぷりだ。
偉大なる空気讃えん。
(戯詩)

中島 淳一 氏<

中島 淳一 氏

 この世界はいわば戦場だ。この世に生まれたからには、ただ安閑として生きていくことはできない。
 茫漠たる砂漠、蜃気楼の湖のさざなみを眺め、感傷に浸っている暇はない。
 この地上では永遠に生き長らえることは許されてはいないのだ。人生という花弁は瞬く間に散ってしまう。
 見果てぬ夢を見、不可能なことに挑まなければ、たちまち若さを失い、生きながら死せる魂を背負った老人に成り果てる。
 神々の帝王である帝釈天に、戦いを挑み、敗れ、天界を追われてなお、透明なる誇り高き魂を失うことなく戦いの化身となった阿修羅こそが、地上の人間の理想像ではないのか。
 人間よ、ひたすら己の道を進め。信念を曲げてはならぬ。模倣は罪悪だ。己の肉体の中の唸る星雲の叫びを聞き、地球のように自分自身のマグマで、自分の人生を生きよ。人生は大宇宙の三段跳びだ。

●暗い地軸のなかで。
ダイヤは自らが稀代の錬金術師。
このミクロコスモスの代表選手は。
マグマと一緒におどりでたのだ。
(ダイヤモンド幻想)

 最も高い硬度、極上の美しい光沢を放ち人類を魅了するダイヤモンド。しかし、人間は己こそがダイヤモンドであることを悟らねばならない。
 ダイヤモンドは鉱物界の奇蹟だ。だが、人間は宇宙空間における最大の奇蹟なのだ。しかも、ビッグバン以来、あなたと同じ人間は過去、現在、未来を通して1人もいない。あなたの存在こそが最大の謎であり、その謎解きが人生なのである。
 あなたは鉱物界・植物界・動物界の最終進化の存在であり、宇宙創成以来の始原の炎があなたの心の深淵で燃え続けている。そして、その炎はたえず偉大なる存在の秘密をあなたの人生を通して示せと迫る。
 人間は真実を見るために眼を与えられ、本質を思考するために頭脳を与えられた。暗い地軸のなかで、ダイヤモンドが自ら稀代の錬金術師となったように、あなたも苦悩と哀しみの海にあえぎ、幾度も漆黒の闇に身を沈めなければならない。それこそが、己の運命を栄光に導いてくれる悪魔の仮面を被った天使なのだ。
 あなたこそが、聖なる宇宙の研ぎ澄まされた感覚器官であり、地上最高の王であり、宇宙の意志を伝える神官なのだ。


<お問い合せ>
劇団エーテル
TEL:092-883-8249
FAX:092⁻882⁻3943
URL:http://junichi-n.jp/

<プロフィール>
nakasima中島 淳一(なかしま・じゅんいち)
 1952年、佐賀県唐津市出身。75~76年、米国ベイラー大学留学中に、英詩を書き、絵を描き始める。ホアン・ミロ国際コンクール、ル・サロン展などに入選。日仏現代美術展クリティック賞(82年)。ビブリオティック・デ・ザール賞(83年)。スペイン美術賞展優秀賞(83年)。パリ・マレ芸術文化褒賞(97年)。カンヌ国際栄誉グランプリ銀賞(2010年)。国際芸術大賞(イタリア・ベネチア)展国際金賞(10、11年)、国際特別賞(12年)など受賞多数。
 詩集「愁夢」、「ガラスの海」、英詩集「ALPHA and OMEGA」、小説「木曜日の静かな接吻」「卑弥呼」、エッセイ集「夢は本当の自分に出会う日の未来の記憶である」がある。
 86年より脚本・演出・主演の一人演劇を上演。企業をはじめ中・高校、大学での各種講演でも活躍している。福岡市在住。

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年05月31日 07:00

ストラテジーブレティン(252号)~「コロナパンデミック中間総括」(後)

 コロナ以前から3つの歴史的趨勢が起きていた。1. ビジネス、生活、金融、政治のすべてを覆いつくすIT・ネット・デジタル化、2. 財政と金融の肥大化による大きな政府の...

2020年05月30日 07:00

危機に直面し、自らをイエス・キリストにたとえる孫正義の自信と勝負魂(4)

 このインドネシア事業については、日本ではまったく報道されないが、他にもソフトバンクの進めるアジアビジネスは広範囲におよんでいる。とくに、「アジア電力網構想」は...

2020年05月30日 07:00

どうなるこれからの新幹線 計画から50年で開業は半分(中)

 自由民主党所属の参議院議員で、与党整備新幹線建設推進プロジェクトチームのメンバーでもある西田昌司氏は、新幹線整備の経緯について次のように分析する。

2020年05月30日 07:00

最先端技術による“まるごと未来都市” 内閣府の「スーパーシティ」構想とは(中)

 スーパーシティによく似た言葉として、「スマートシティ」というものがある。「スマートシティ」とは、IoT(モノのインターネット)などの先端技術を用いて、基礎インフラと...

2020年05月29日 17:27

【北九州市】週明けも学校の授業を午前中のみに~新型コロナウイルス感染者増大を受け(5月29日現在)

 北九州市では、5月23日から28日にかけ連続で感染者が発生し、28日は21名と大きく増えている...

2020年05月29日 16:18

国交省・民都再生事業に認定 「舞鶴オフィスプロジェクト」8月着工へ

 国土交通省は今年4月21日付で、「舞鶴オフィスプロジェクト」を民間都市再生整備事業として認定した...

2020年05月29日 16:00

国交省が中間とりまとめ ESGを踏まえた不動産特定共同事業の検討会

 ESG投資の拡大やブロックチェーン技術の台頭、クラウドファンディング市場の拡大など、不動産を取り巻く環境は近年大きく変わってきた。このような潮流を踏まえ、国土交通省...

2020年05月29日 15:53

どうなるこれからの新幹線 計画から50年で開業は半分(前)

 新幹線とは、「時速200km以上で走行できる幹線鉄道」を指す。1964年に開業した東海道新幹線(東京~新大阪)以来、75年には山陽新幹線(新大阪~博多)、91年に上...

2020年05月29日 15:41

ホテルオークラ福岡、レストラン店舗の営業再開を発表

 ホテルオークラ福岡は6月1日より、同ホテルのレストラン店舗の営業を再開すると発表した

2020年05月29日 15:00

厚生労働省公表の「ブラック企業」 4月30日発表 九州地区(福岡を除く)

 20年4月30日に公表(20年3月31日更新分)された福岡を除く九州地区分は下記の通り...

pagetop