• このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年02月08日 10:46

マルイとはこんな店だ!~その全貌と戦略を探る(3)

博多マルイ オープン直前企画

 4月21日に開業する「博多マルイ」のテナント概要が発表された。商業施設は進出の度にテナントの顔ぶれで「九州初上陸」「福岡初進出」という冠に注目が集まる。しかし、企業そのものが新参のマルイは戦略、戦術ともこれまでの施設とはだいぶ異なる。その全貌とポイントを見ながら、福岡への影響度を探る。

 

カードとPBの革新で目指す共創経営。カードビジネスをより革新させる

利用範囲をマルイ以外にも拡大した「エポスカード」<

利用範囲をマルイ以外にも拡大した「エポスカード」

 2015年、マルイはグループとして初めての統合レポートを発行した。同グループに関わりを持つ顧客、取引先、株主などのステークホールダーと、企業としてのビジョンや価値観、方向性などを共有するためだ。
 「お客様のお役に立つために進化し続ける」「人の成長=企業の成長」の企業理念に沿って、併せて企業ミッションには、お客とつながり続け、お客の幸せを共に創ることを掲げる。これこそがマルイの革新と進化を支え続けてきたものだ。
 青井浩社長は、「少しでもお客の役に立ちたい、喜んでももらいたい。お客とのつながりを重視し、お客の視点で考え、行動する」と言い切る。それがマルイグループの遺伝子であり、目標とする「共創経営」の原点に他ならない。

 カードビジネスの革新は、共創経営を目指すマルイにとって、最重要課題として取り組んでいる。それが2006年の赤いカードから「エポスカード」への転換である。
 カードの利用範囲をマルイの店舗以外にも拡大し、衣食住の他にアミューズメント、インテリジェンス、ヘルス&ビューティまで、消費者のライフスタイル全体をサポートする機能として、革新、進化させている。

 カード事業ではグループの人材と組織を軸に、店頭でのきめ細かな接客から情報システムの開発・整備までを最大限に活用している。
 また、世界初となるICチップ搭載のVISAカードの店頭即時発行、ゴールドカードへの店頭切り替え、会員がすべての提携先の優待を受けられるコラボレーション機能など、システム面での高いメリットを追求している。
 さらに提携先間では会員を相互に接客しあえるためのネットワークを構築している。会員数は15年3月期で591万人。年間取扱高は1兆円を達成したほどだ。

オリジナルシューズの売場を強化

 改革は商品面にも向けられている。ショッピングセンターに業態転換したとは言え、売場の3割は自前で運営している。ただ、テナントの商品をそのまま販売するのでは、多様化する顧客ニーズには応えきれない。まして、利益率を改善させるのは大命題である。
 そこで導入したのがプライベートブランド(PB)の商品づくりだ。企画から製造、販売に至るまでお客の生の声を聞き入れ、マルイグループの総力を結集させて、商品のみならず売場づくりまで進める。

 その工程は完全にシステム化されている。婦人靴の「ラクチンきれいパンプス」を例にあげると、お客が日頃から抱えていた「履き心地が良くて、おしゃれで、値ごろ感のある靴がなかなかない」との不満に着目した。
 「お客さま企画会議」を開催して、2,000名もの出席者から靴に対する様々な意見や要望を収集。足型測定会やオリジナルの木型をもとに足のデータを集めて分析し、それをもとに商品を開発。完成した製品については「お客さま座談会」や「お客さまモニター会」で、実際に試着や検討を重ねるという念の入れようだ。

 販売する売場づくりはグループ会社の(株)エイムクリエイツ、在庫管理や物流は(株)ムービングが担当する。その他、販売促進、追加納品などもすべてグループ内で行っている。
 それらは商品づくりを小売発想から生活サポート発想へ転換し、「靴を履くすべての方のお役に立つ」という想いで、お客と共に靴づくりを進めていくことに他ならない。
 ラクチンきれいパンプスは累計販売200万足を突破。マルイでは大ヒット商品となっている。これをきっかけにお客が履かなくなった靴を下取りし、履かなくなった原因を確認して商品開発に生かすなど、PB開発をさらに一歩先へと進化させている。

(つづく)
【釼 英雄】

日刊マックス流通のご案内

 日刊マックス流通は沖縄を除く九州地区の食品スーパー、ドラッグストア、ディスカウントストアなどの小売業の情報を、土日祝日を除く毎日タイムリーに配信しています。現在、1カ月間に限り、無料で配信させていただきます。無料試読希望者は、下記のメールフォームまたはバナーからお申し込み下さい。
※「日刊マックス流通メルマガ」試読申し込みフォームはコチラ >>

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年07月21日 13:12

「小泉・竹中ろくでもない」、大コール響く山本太郎の演説NEW!

 「小泉・竹中ろくでもない、小泉・竹中ろくでもない」。街中に市民の大コールが響いた。れいわ新選組から比例代表で立候補している山本太郎氏(44)の演説中、山本氏に促され...

2019年07月21日 12:39

れいわ新選組が新宿を占拠、マスコミの黙殺はねのけNEW!

 参議院選挙最終日の20日夕、東京・JR新宿駅西口は「れいわ新選組」支持者で埋め尽くされた。前川喜平・前文科事務次官も応援に駆け付け、同党が安倍政権に引導を渡すことに...

2019年07月21日 07:00

【7/22~9/20】鉄道企画展「列車で行こう福岡の旅」開催

 鉄道企画展「列車で行こう福岡の旅」が22日(月)から福岡県庁11階「福岡よかもんひろば!」で開催される。

2019年07月21日 07:00

グループ再編進行中 セメント事業と教育が肝(前)

 飯塚市の密着企業と目される麻生グループだが、事業再編と広域化も着実に行っている。不採算事業は清算、規模を縮小するなどしているほか、単体で売上高が落ちているセメント事...

2019年07月20日 14:42

【参院選2019】秋田へのイージス・アショア配備が争点の秋田選挙区~参院選最終日に安倍首相と菅官房長官がそろって応援演説

 イージス・アショア配備が大きな争点となっている参院選秋田選挙区(改選1)で、安倍自民党が「最大限」とも言えるテコ入れをしている。選挙戦最終日の7月20日には、安倍首...

2019年07月20日 07:00

石炭からセメント、さらに医療へ 教育にも注力する飯塚の古豪(後)

 近年は上場企業の買収を積極的に進めている。情報・ソフト事業に属する(株)ぎょうせいは、1893年9月に創業した出版社。同社は裁判の判例集や地方自治関連の法律の逐条解...

2019年07月20日 07:00

朗報!貸会議室のTKPがJ1大分トリニータの筆頭株主に~九州男児、河野社長の起業家人生(後)

 05年に再び、転機が訪れた。学生時代の友だちの事故死に、人生一度切りだと改めて思い知らされ、自分がやりたいことを見つめ直した。そこで、自分がやりたかった起業を決意。...

2019年07月19日 17:44

ザ・ビッグ久留米すわの店オープン ドミナント強化へ

 マックスバリュ九州(株)(本社:福岡市博多区、佐々木勉社長)は19日、福岡県久留米市に「ザ・ビッグ久留米すわの店」をオープンした。

2019年07月19日 16:59

M&Aブームに陰り?世界的にM&Aによる減損が拡大

 世界的に活況を呈しているM&Aだが、中国においても例外ではない。2015年前後、中国当局は金融緩和、規制緩和を実施。その結果、M&Aブームが起こることとなった。

2019年07月19日 16:54

モデルハウスで民泊収入~モデルハウス民泊運用プロジェクト説明会&セミナー開催

 建築業界専門のホームページ制作などを手がける(株)D-gripシステム(東京都新宿区)を中心とした9社による「モデルハウス民泊運用プロジェクト」の説明会とセミナーが...

pagetop