HOME > 企業・経済

健康

2019年10月16日 14:07

東京製薬、PS含有サプリの臨床試験で認知機能の改善を示唆

  東京製薬(株)(本社:東京都目黒区、森本匡豊社長)は、フォスファチジルセリン(PS)含有サプリメント摂取による臨床試験を実施し、記憶力の上昇を確認した。試験は九州大学と近畿大学が共...

2019年10月16日 13:17

「抗疲労」市場 2020年に12兆円規模に(前)

  だるさや脱力感など、いつも「疲労感」と隣り合わせでいる現代人。街を歩けば癒し系サロンがあちこちで目に付き、ネットを見れば安眠枕やマッサージ機能つきクッションなど、さまざまな疲労回復...

2019年10月15日 07:00

【医療専門家に聞く】100歳まで自分の足で歩く方法(後)

  自分の足をじっくり見ることも、足のケアでは大切だ。普段の生活では、時間をとって足を見る機会は少ないが、足を見て触って、コンディションをたしかめることから始めたい。毎日、歩いている時...

2019年10月14日 07:00

【医療専門家に聞く】100歳まで自分の足で歩く方法(中)

  歩くときに足が安定していないと、足に負担をかけてしまう。だから、ただ歩くだけではなく、足に負担がかからないようにサポートをすることが大切だ。かかとから足が地面について、足の指で地面...

2019年10月13日 07:00

【医療専門家に聞く】100歳まで自分の足で歩く方法(前)

  日本初の「足の総合病院」として足の病気を治し、「100歳までスタスタ歩ける足のつくり方」を執筆している下北沢病院・院長・菊池守氏に、生涯自分の足で歩くための方法と、足と関わりが深い...

2019年10月12日 07:00

いい判断ができるかは実は体調で決まる(後)

  健診で調べても、検査数値に出ないことが原因で不調になることもある。無駄な緊張や無理な動かし方をしていると気づいて直していくと、体の調子が優れない時に、感覚で早く気づける。

2019年10月11日 07:00

いい判断ができるかは実は体調で決まる(前)

  「認識していなかった不調を意識に上げて本来の体に戻すことで、自らの無意識に惑わされずに判断や対応ができる」と新宿しま整体院・院長、筋整流法理事兼施術指導部長の嶋龍之氏は話す。自分の...

2019年10月10日 07:00

トップアスリートほど意識する 体のパフォーマンスを高める(後)

  R-body projectのコンディショニング施設は、東京・大手町と恵比寿の2カ所にあるが、訪れてまず目に入ることは、自由に使えるフリースペースが多く、トレーニングマシンが少ない...

2019年10月09日 14:00

トップアスリートほど意識する 体のパフォーマンスを高める(前)

  米国でトレーナー資格を取り、トップアスリートのトレーニングや業界の動向を見つめるなかで、パフォーマンスが高い体づくりの土台となる「コンディショニング」にいち早く注目した代表取締役社...

2019年10月09日 09:24

第一線で活躍する86歳現役社長の健康の秘訣(後)

  昔は山登りをしていたが、今は3カ月に1回のお寺参りが菊崎氏の楽しみだ。休みの日には、近畿の西国三十三所や四国八十八ヶ所に泊まりがけで出かけている。毎日の生活のなかで歩くだけでは足り...

2019年10月08日 09:09

第一線で活躍する86歳現役社長の健康の秘訣(前)

  職人がつくる住宅の手すりやドアノブなどの金物加工を大阪市で行うTiキクザキ(株)・代表取締役社長・菊崎弘氏は、今86歳だ。20代の時から60年以上、現役で事業を経営している菊崎氏に...

2019年10月07日 07:00

高齢者への出資はコストでなく投資である(後)

  介護予防やフレイル予防を想定した場合、「特別用途食品」について私なりに提案があります。まず、特別用途食品を「疾病リスクを低減する食品」と「栄養リスクを低減する食品」との2つに分ける...

2019年10月04日 09:33

高齢者への出資はコストでなく投資である(中)

  この論文を読んで、また、私の臨床経験を踏まえて感じたことは、日本での栄養・食事管理は、どちらかというと病気の予防に重点が置かれているということです。しかし、高齢者、障がい者への栄養...

2019年10月03日 14:50

高齢者への出資はコストでなく投資である(前)

  日本老年学会と日本老年医学会は2017年1月、「75歳以上を高齢者とすべき」とする提言を行った。人生100年時代となれば、“healthy ageing(健康な高齢化)”を支えるア...

2019年10月03日 09:32

人生100年時代の未病医学 高齢者に無理な塩分制限、ダイエットは必要ない(後)

  未病というと漢方をイメージする人が多いですし、胡散臭いと感じる人もいるでしょう。業者のなかには「これさえ飲んでいれば身体の調子が良くなる」といったイメージ戦略で健康食品などを売るケ...

pagetop