HOME > 企業・経済
わらび座ミュージカル「ジパング青春記」特設ページ

健康

2020年01月16日 11:31

離職率5%以下実現を目指す「心が折れない」職場づくり(前)

  ITの進化により情報量が増えた分だけ、心の負担が増えているといわれている。メンタルヘルスケアで離職率や退職率を改善するにはどうしたらいいのだろうか。

2020年01月16日 10:30

貝原益軒「養生訓」と現代医学を融合「元気に100歳」を社会運動に(中)

  原氏の後半人生のターニングポイントになったのが、当時東京の聖加国際病院院長だった日野原重明氏との出会いだった。元号が昭和から平成に変わった1989年、医療関係者の間では雲の上のよう...

2020年01月16日 10:00

楽しみながらできる! 歩くだけで心身を元気に(後)

  近年、心理的なストレスなどのメンタル不調で長期に休職する事例が増加している。心の健康と体の健康はつながっており、体力づくりだけでなく、ウォーキングは精神面も整える。ウォーキングを始...

2020年01月15日 16:12

楽しみながらできる! 歩くだけで心身を元気に(前)

  歩くことで自身がウツを克服した経験から、ウォーキングを中心とする健康経営の支援やコンサルティングを行う(株)WALK&WALK(ウォークアンドウォーク)代表取締役・我妻啓子氏。歩く...

2020年01月15日 13:00

貝原益軒「養生訓」と現代医学を融合「元気に100歳」を社会運動に(前)

  原土井病院理事長・原寛氏は、2000年に日野原重明氏(聖路加国際病院名誉院長)が立ち上げた「新老人の会」の流れを汲み、2017年の日野原氏の死後、氏の教えと貝原益軒の「養生訓」を融...

2020年01月15日 11:00

管理栄養士、セラピストが未病ケアをサポート(後)

  企業への健康支援事業ではいくつか実践的なセミナーなどを開いて、検査の仕組み、検査でわかること、検査結果から何を理解することが大切なのか、なども伝えている...

2020年01月14日 16:27

管理栄養士、セラピストが未病ケアをサポート(前)

  医療関連機関と連携しながら健康づくりを提案する(一社)日本未病プラン協会が、健康経営の支援事業をスタートさせる。従業員向けに簡易検査を行いながら、検査後のフォローアップとして...

2020年01月10日 11:00

受講者を年々増やす 健康経営アドバイザー制度(後)

  2018年10月からは「健康経営エキスパートアドバイザー認定」もスタートさせた。健康経営アドバイザーは健康経営を語れる人材だが、健康経営エキスパートアドバイザーは企業への支援ができ...

2020年01月10日 09:50

最も神経を注いだ「過重労働対策」

  埼玉県和光市で乳酸菌生産物質の原料を製造する(株)光英科学研究所(村田公英社長)。従業員数は18名。平均年齢は43歳と比較的若い。働き盛りの社員の健康リテラシーを高める目的で、同社...

2020年01月09日 14:43

受講者を年々増やす 健康経営アドバイザー制度(前)

  東京商工会議所(以下、東商)は、中小企業の健康経営の普及・啓発と人材育成を支援する。2016年に健康経営アドバイザー認定をスタートし、2018年には健康経営エキスパートアドバイザー...

2020年01月09日 09:30

経産省が「健康投資管理会計ガイドライン」作成へ~“健康投資”を見える化し、効果の分析・評価を可能に(後)

  この疑問に答えるため、経産省はPDCAサイクルを使って費用対効果を明確にしていくことを決め、9月27日に「健康投資の見える化」検討委員会を発足させた。検討会では、健康投資の金額(量...

2020年01月08日 11:52

経産省が「健康投資管理会計ガイドライン」作成へ~“健康投資”を見える化し、効果の分析・評価を可能に(前)

  経済産業省が公表した11月1日現在の健康経営優良法人の認定企業は、大規模法人が817社、中小規模法人が2,501社となった。年々増加はしているが、目標には程遠い状況にある。企業の半...

2019年12月26日 13:00

大麦若葉エキスにビフィズス菌の増殖や酪酸増加作用などを確認

  日本薬品開発(株)(本社:兵庫県伊丹市、木村裕通社長)は、神戸大学との共同研究で、大麦若葉エキスに、腸内のビフィズス菌および短鎖脂肪酸、酪酸を増加させる作用があることを確認したと発...

2019年12月24日 13:00

2年連続で健康経営優良法人に 生産性と健康状態の改善を目指す

  健康経営を企画・運営する「健康応援団」を立ち上げ、「1日7,000歩」「目を休める」などの健康メニューで、健康意識の向上に取り組んでいるクロレラ工業(株)。クロレラ健康食品を50年...

2019年12月23日 09:30

北大との共同研究でこんにゃく摂取によるアルツハイマー病の発症予防を確認~ダイセル

  ダイセル(本社:大阪市北区、小河義夫社長)は19日、北海道大学との共同研究で、こんにゃく由来のセラミドが、アルツハイマー病の発症を予防する効果を発見したと発表した。

pagetop