HOME > 企業・経済

健康

2020年01月28日 10:49

【業界ウォッチ】大豆ミート

  健康志向は依然として食シーンにおける大きな流れだ。ベジタリアン、ヴィーガンと、よりこだわりのある人たちも増えており、メーカーやスーパー、コンビニなどもその対応に力を入れている。

2020年01月27日 16:01

健食通販市場は5,000億円超 伸長の陰に競争激化による明暗

  TPCマーケティングリサーチ(株)(本社:大阪市西区、川原喜治代表)はこのほど、国内の健康食品通販市場について調査を実施した。それによると、市場はここ10年でほぼ毎年伸長を遂げてお...

2020年01月27日 11:49

【医療と地域活性化】量子医療を地域経済浮揚の柱へ~佐賀県鳥栖市

  「量子医療」という次世代放射線医療の支援を通じて地域振興を目指す『量子医療推進機構』が昨年10月、佐賀県鳥栖市に設立された。2月2日にはJR鳥栖駅近くで、量子医療の最前線で活躍する...

2020年01月27日 11:00

MCTやオメガ3を適量摂取 健康素材として急浮上!(後)

  身体は、60%を占める水分を除くと、残りのほとんどは脂肪とたんぱく質で構成される。とくに脂肪は細胞膜や脳、神経の一部を構成し、ビタミンの運搬や正常なホルモンの働きを助けるといったさ...

2020年01月24日 14:00

アロマセラピーで認知症を予防・改善(後)

  認知症の改善に、香りの効果があることが証明されている。嗅覚とアルツハイマー病が密接に関係していることがわかってきたが、すでに香りが認知症患者の周辺症状の治療に有効であることは経験的...

2020年01月24日 13:30

MCTやオメガ3を適量摂取 健康素材として急浮上!(前)

  毎年3月、米アナハイムで開催される世界最大級の機能性食品の展示会「Natural Products Expo」。2019年は2つの大きな話題が席巻した。1つは昨年アメリカで合法化さ...

2020年01月23日 16:17

アロマセラピーで認知症を予防・改善(前)

  認知症にかかわる医療費は15兆円に上り、国民経済を大きく圧迫している。2025年には、団塊の世代が75歳を迎え、認知症患者数は爆発的に増大していくとみられている。そんななか近年の研...

2020年01月23日 09:00

「心の健康」気にしてますか?(後)

  精神障がいの方のなかにはDVがらみやリストカットなどの自傷行為など深刻なケースもありますが、最近急増しているのは不安障害や気分障害など、治療以前に心のケアを必要とする方です。とくに...

2020年01月22日 13:00

「心の健康」気にしてますか?(前)

  仕事のストレスを抱える人が増えるなか、メンタルヘルスケアの重要性が高まっている。健康な人も、半健康な人も、疾患にかかっている人も、いきいきと働けるようにするには、どんなサポートが必...

2020年01月22日 10:00

高まる労災の訴訟リスク 問われる企業の健康管理(後)

  健康経営優良法人の認定に関しては、松村氏によると、「認定を取得しているのは大手企業がほとんどだ。認定を取得するためには取り組む項目も多く、健康診断を受けた後にいかに健康状態を改善さ...

2020年01月21日 16:35

医者があきらめた疾病を完治~身体が本来もつ機能を高め、リウマチ患者の症状を改善

  リウマチは免疫の異常により関節を裏打ちしている骨膜という組織に炎症が生じる疾患だ。炎症が続くことで関節が徐々に破壊され、やがて変形したり固まったりして動かなくなる。発症すると完治す...

2020年01月21日 15:00

高まる労災の訴訟リスク 問われる企業の健康管理(前)

  電通の過労死事件の報道以来、企業の健康管理が注目されるようになった。多くの大手・中堅企業は、過労などの労働災害の訴訟リスクを抱えることに敏感になってきている。働く人の健康管理を行い...

2020年01月20日 11:03

ニチモウバイオ、大豆由来機能性原料で子宮内膜症の月経痛に対する有効性を確認

  ニチモウバイオティックス(株)(本社:東京都港区、天海智博社長)は17日、京都府立医科大学との共同研究で、同社が供給する大豆由来のアグリコン型イソフラボン(麹菌発酵大豆胚芽抽出物)...

2020年01月17日 09:00

離職率5%以下実現を目指す「心が折れない」職場づくり(後)

  メンタルヘルステクノロジーズでは、子会社のAvenirを通じて産業医や保健師などの専門家による相談体制の構築のほか、専門医によるメール相談や電話相談などを通して、企業の休職離職率改...

2020年01月17日 07:00

貝原益軒「養生訓」と現代医学を融合「元気に100歳」を社会運動に(後)

  「新老人の会」への入会者を増やすため、原氏は2009年に『新老人のすすめ 人生百年の生き方』を出版した。東京オリンピック前年の1963年には153人しかいなかった「百寿者」(100...

pagetop