国際

2015年10月09日 15:17

これだけ違う、日本人と中国人の消費者行動

   日本人が中国人と人間関係を築いていくうえで、最も留意しなければならないのは「距離感」である。中国人は日本人に対し「よそよそしい」「他人行儀」「警戒心が強い」などというイメー...

2015年10月09日 11:21

元ホークスの陽耀勲投手、打者に復帰し絶好調

   日本のホークスに所属し、その後、アメリカ・マイナーリーグなどを経て、今年8月、台湾プロ野球のラミーゴ・モンキーズに入団した陽耀勲(ヤンヤオシュン)選手が、打者に転向、3割7...

2015年10月08日 07:03

インドネシアの高速鉄道受注で日本と中国が競争

   インドネシア・ジャワ島に計画が浮上している「高速鉄道」で、日本と中国が凌ぎを削りあっている。首都ジャカルタとバンドンを結ぶ約140kmの区間が対象となっており、これまで安倍...

2015年10月08日 07:01

中国経済新聞に学ぶ~国境の都市・満州里に見る中露関係のいま(後)

   満州里の中露貿易が最も盛んだった頃は、3~5人のうち1人はロシア人だった。さらにロシア人女性がいるナイトクラブが多くあった。満州里は「北方の東莞」とも称された。しかしルーブ...

2015年10月07日 15:37

韓国経済ウォッチ~携帯3社で加入者急増のデータ中心料金制

  日韓ビジネスコンサルタント 劉明鎬(在日経歴20年)  スマホの登場によって、携帯電話の利用法に変化が訪れている。従来は音声通話が中心であったが、若者を中心に、音声通話よ...

2015年10月07日 14:41

中国経済新聞に学ぶ~国境の都市・満州里に見る中露関係のいま(前)

   ロシアのプーチン大統領が北京で行われた抗日戦争勝利70周年の閲兵式に参加する前の8月下旬、中国経済新聞取材班は内蒙古自治区、ロシアに連なる辺境の都市、満州里を取材。中露辺境...

2015年10月07日 12:16

台湾でデング熱流行

   台湾衛生部は9月末、今年に入り、「デング熱(中国語では『登革熱』)」感染による死者数が42人に達し、過去最悪を記録したと発表した。今年は、昨年の2倍ペースで過去に例を見ない...

2015年10月06日 08:00

韓国経済ウォッチ~サムスンペイの好調(後)

  日韓ビジネスコンサルタント 劉明鎬(在日経歴20年)  「サムスンペイ」の一番の特徴といえば、NFC(Near Field Commucation/近距離通信)とMST(Mu...

2015年10月06日 07:01

「戦後70年談話」、韓米日の学者の分析(後)

  目を曇らせるメディアの自縄自縛  次はフォーサイト(新潮社)に掲載された、在米日本人学者による「日本は右傾化しているのか」という論考だ。武内宏樹サザンメソジスト大学(SMU...

2015年10月05日 12:34

韓国経済ウォッチ~サムスンペイの好調(前)

  日韓ビジネスコンサルタント 劉明鎬(在日経歴20年)  8月20日、サムスン電子が「Galaxy S6」を発表する際に同時に発表したモバイル決済システムの「サムスンペイ」は、...

2015年10月05日 10:40

「戦後70年談話」、韓米日の学者の分析(前)

   安倍首相の「戦後70年談話」をめぐる学界の評価が、出そろってきたようだ。批判する談話は朝日、毎日、西日本新聞などを読めば、いつも書いてある。ここでは、評価するコメントを韓国...

2015年10月02日 07:02

ビジネスチャンス掴んだ「アンコール・クッキー」~カンボジア視察ツアー(番外編・後)

  観光客のニーズに応える  ここの経営者は小島幸子氏。通称はMADAM SACHIKOである。1999年に日本語教師として、カンボジアへ移り住み、2004年に起業した。カン...

2015年10月01日 14:04

ビジネスチャンス掴んだ「アンコール・クッキー」~カンボジア視察ツアー(番外編・前)

  経営は日本流、原材料は地元調達  あるクッキーがカンボジア土産の定番になっている。噂には聞いていたが、ツアースケジュールに余裕がなく、訪問予定はなかった。しかしアンコール...

2015年10月01日 07:04

経営危機の台湾新幹線に今冬「新駅」が誕生

   台湾交通部は、これまで新しく建設が進められていた台湾新幹線(高速鉄道)の「苗栗」、「彰化」、「雲林」の各駅の工事が完了したことを発表。毛治国・行政院長は、「3駅の営業開始で...

2015年09月30日 14:24

カンボジアの観光を支える日本語学校~カンボジア視察ツアー(番外編)

  学費無料で日本語教育  シェムリアップの空港から市内中心部へ向けて進むと、突然、「日本語学校」の文字が目に飛び込んできた。それが「山本日本語学校」である。今回のツアーガイド...

pagetop