HOME > 懲戒・処分
わらび座ミュージカル「ジパング青春記」特設ページ

懲戒・処分

2020年01月14日 16:20

【社労士】前川 智洋 兵庫県神戸市:業務停止1年

  社会保険労務士名:前川 智洋 社会保険労務士登録番号:28160020 事務所の所在地:兵庫県神戸市垂水区仲田1-7-2 処分の内容:業務停止1年 ...

2019年12月25日 16:01

【弁護士】高島 章 新潟:業務停止3月

  被懲戒者は、懲戒請求者の刑事事件の弁護人であったところ、2017年8月の公訴提起の前に、被害者との示談交渉の依頼を受け、その頃被害者との接触を試み電話をした。

2019年12月25日 15:53

【弁護士】亀岡 尚則 大阪:戒告

  被懲戒者は、2017年夏頃、懲戒請求者から(株)Aに対する未払残業代の請求について相談を受け、その具体的処理方法について懲戒請求者に助言をし、相談料を受領した。

2019年12月25日 15:50

【弁護士】小川 正和 第一東京:戒告

  被懲戒者は、懲戒請求者の兄Aが死亡した2015年4月27日、Aの交際相手であったBから電話を受け、懲戒請求者がAから相続した金庫のなかにAの納骨に必要な資料が保管されているが、金庫...

2019年12月25日 15:48

【弁護士】湯浅 勝喜 神奈川:戒告

  被懲戒者は、懲戒請求者の子であるAおよびBを被告とする訴訟事件について、懲戒請求者との間で2017年3月13日付の委任契約書を作成し、懲戒請求者から同日付けのAおよびB名義の委任状...

2019年12月25日 15:43

【弁護士】松野 真 大阪:退会命令

  被懲戒者は、2014年12月分から2018年1月分までの所属弁護士会の会費および特別会費、ならびに日本弁護士連合会の会費および特別会費合計1,462,000円を滞納した。

2019年12月25日 11:30

【税理士】大原 右文 愛知県:業務停止1年5月

  被処分者は、自己の所得税の確定申告を行うにあたり、勤務実態がない外国人労働者などに対する架空の給与、取引実態のない関連法人などに対する架空の外注費などを計上し、不正に所得金額を圧縮...

2019年12月25日 11:28

【税理士】植木 弘喜 東京都:業務禁止

  被処分者は、関与先であるAが支払ったホステス報酬および給与に係る源泉所得税の納付にあたり、税額を圧縮することによって不正に源泉所得税額を圧縮した。

2019年12月25日 11:26

【税理士】柏木 祐二 神奈川県:業務禁止

  被処分者は、関与先であるA社およびB社の法人税の確定申告にあたり、決算期末に債務が確定していない費用を損金に算入することによって、所得金額を圧縮した申告書を作成した。

2019年12月25日 11:25

【税理士】佐藤 安弘 神奈川県:業務停止8月

  被処分者は、関与先であるA社の法人税の確定申告にあたり、自身の判断で、役務提供の事実がない架空の外注費の計上および減額の理由がない完成工事高を減額処理することによって、所得金額を圧...

2019年12月25日 11:22

【税理士】磯見 昌弘 福井県:業務禁止

  被処分者は、関与先であるA社およびB社の消費税および地方消費税の確定申告にあたり、従業員に対する給与について、その一部を外注費に計上することによって、消費税および地方消費税を圧縮し...

2019年12月25日 11:20

【税理士】奥村 達之 滋賀県:業務禁止

  被処分者は、関与先であるA社およびB社の法人税の確定申告にあたり、架空売上を計上するとともに、根拠のない架空外注加工費を計上することによって、所得金額を圧縮した申告書を作成した。

2019年12月25日 11:18

【税理士】竹内 邦彦 千葉県:業務禁止

  被処分者は、自己が代表者であるA社の法人税の確定申告にあたり、勤務実態のない名義上の役員に対する架空の役員報酬や役務提供の事実がない架空の外注費を計上することによって、不正に所得金...

2019年12月25日 11:16

【税理士】大曽根 善男 東京都:業務停止6月

  被処分者は、関与先であるA社の法人税の確定申告にあたり、同社の完全支配関係にある関連法人に関する不動産譲渡取引にともなう譲渡損失について、益金の額に算入する必要があることを知りなが...

2019年12月25日 11:15

【税理士】空田 広志 大阪府:業務禁止

  被処分者は、A社の法人税の確定申告にあたり、A社の関与税理士から、A社の所得金額を圧縮することの相談を受けた。

pagetop