byデータ・マックス
倒産情報 コダマの核心 記者団コラム 企業・経済 流通 福岡市政 レポート 企業調査 スポーツ
▼土木業者・年内にも廃業続出か(11/22) 2007:11:22:10:42:30
▼今月末で廃院へ~安永病院(11/22) 2007:11:22:10:37:11
▼マンションの電気料金がゼロになる?!(11/21) 2007:11:21:10:58:37
週2回発行
経済情報誌I・B
〒810-0802
福岡市博多区中洲中島町2-3福岡フジランドビル8F
Tel:092-262-3388
Fax:092-262-3389
小倉駅前ビルの運営会社にジオアカマツ・・・アスクは外される
 

 小倉伊勢丹が入るJR小倉駅前の商業ビルの運営会社(PM=プロパティマネジメント会社)が12月から、(株)アスクプランニングセンターから(株)ジオアカマツ(本社:大阪)に切り替わることが明らかになった。

 ジオアカマツが運営を受け持つのは、地上14階、地下1階の建物のうち小倉伊勢丹部分を除く地上7~14階と地下1階。ビルの大半のフロアは北九州都心開発が保有している。

 アスクは04年2月の開業以来、同ビルの運営を担当してきたが、売り上げ不振から撤退するテナント専門店が増え、空家が目立っていた。空きスペースを埋めるため地下1階に100円ショップを導入したが、施設全体との調和を欠くとして不評を浴びていた。

 今回の変更の理由は不明だが、PM会社を選定する都心開発がアスクの運営能力を疑問視していたことが背景にあるのは間違いない。

 アスクは福岡市中洲で「ゲイツ」を運営しているが、いまだに全館オープンできないでいる。ジオアカマツは博多リバレインのPMを担当している。


------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
この記事はメールマガジン「流通ニュース」にて11月19日に配信されたものです。
「流通ニュース」のお申込はこちら▼




戻る

 
倒産情報ネットIB
 
Copyright DATA MAX Co.,Ltd. rights reserved.