脊振

2020年11月18日 14:00

『脊振の自然に魅せられて』脊振のすばらしい紅葉(1)

  九州各地の紅葉情報が10月末になると新聞紙面を賑わせ、筆者は今年の脊振の紅葉はどうだろうかと気にかかった。雪、雨、台風などの自然現象は、その年の花の開花や紅葉に強く影響する...

2020年10月23日 17:30

『脊振の自然に魅せられて』レスキューポイント設置に向けて(4)

  プレートには、「早良区役所」「脊振の自然を愛する会」のロゴを入れるようドコモから指示があり、あわせてドコモのロゴと「ドコモの携帯電話がご利用できます」との文字を表示。NTTドコモプ...

2020年10月22日 16:33

『脊振の自然に魅せられて』レスキューポイント設置に向けて(3)

  筆者らは4月7日に、ドコモと第1回携帯電話受信調(以下、受信調査)を行うことにした。折しも、新型コロナの非常事態宣言が出される4月8日の前日であった...

2020年09月28日 15:00

『脊振の自然に魅せられて』洗い谷に思う

  9月14日(月)午前に某新聞社より電話を受け、洗い谷について聞かれた。登山雑誌『季刊のぼろ』の編集長が脊振山系 の井原山(983m)への登山の途中、洗い谷で亡くなったという...

2020年09月18日 16:00

『脊振の自然に魅せられて』第15回脊振クリーンアップ登山へ向けて

  2010年から開催している「脊振クリーンアップ登山」は、今年で第15回目の開催となる...

2020年09月11日 16:00

『脊振の自然に魅せられて』秋の花・ナンバンギセル(ハマウツボ科)

   ナンバンギセル(南蛮煙管)は、なるほどこの名をよく付けたものだと感心させられる植物である。植物図鑑によると、ハマウツボ科に寄生する...

2020年08月28日 14:43

『脊振の自然に魅せられて』夏の沢登りを楽しむ

  脊振山系には多くの沢がある。福岡市の都心からわずか1時間ほどで入渓ポイントまで行けるのも脊振の魅力の1つだ。ワンダーフォーゲルOB仲間との野河内渓谷の沢登り(遡行)は夏の恒例になっ...

2020年08月21日 16:00

『脊振の自然に魅せられて』「花の貴婦人・ナツエビネ」

  エビネの仲間はほぼ春に咲くが、夏に咲く「ナツエビネ」がある。ナツエビネの花は優美で気品があり、淡い薄紫は涼しさも感じる...

2020年08月12日 13:30

『脊振の自然に魅せられて』夏の花をめぐる山歩き

  脊振山駐車場を利用すると、脊振山系に咲いている夏の花に簡単に会いに行くことができる。8月6日(木)に向かった。午前8時時点では、脊振山駐車場の気温は23度と市街地の気温と比べて6度...

2020年07月29日 16:52

『脊振の自然に魅せられて』「すばらしい野河内渓谷」

  野河内渓谷は福岡市で唯一の大型渓谷だ。脊振山系の井原山(標高983m)直下にある水無谷から流れる水と水無鍾乳洞の湧水が合流してできた水無川は、野河内渓谷へと続いている...

2020年07月15日 16:21

『脊振の自然に魅せられて』「梅雨の花 ヤマアジサイ」

  梅雨時の山の花といえば、「ヤマアジサイ」だろう。花(顎)の色は、園芸種のアジサイと比べて、可憐で淡い紫色だ...

2017年09月07日 11:56

「脊振の自然に魅せられて」沢登りの魅力

   脊振山系の福岡県側は急峻な斜面になっており、大小の沢が沢山あります。この沢は魅力的な沢登り(シャワークライミング)のポイントとなります。  沢登りのことを大人の水遊びという...

2017年08月24日 07:02

『脊振の自然に魅せられて』福岡市で唯一の渓谷「野河内渓谷」を甦らせよう(6)

  放置竹林から「カワセミの森」へ再生(1)  野河内渓谷入り口横には、渓谷と平行して広大な、うっそうとした孟宗竹林が放置されていました。孟宗竹の放置林は全国的な問題であり、手入...

2017年08月17日 09:30

『脊振の自然に魅せられて』福岡市で唯一の渓谷「野河内渓谷」を甦らせよう(5)

  最終段階 完成へ向けて  2012年(平成24年)から整備してきた一連の野河内渓谷の遊歩道整備は16年12月でほぼ完了しました。残されていたのは、野河内渓谷の駐車場問題です。...

2017年08月09日 11:56

『脊振の自然に魅せられて』福岡市で唯一の渓谷「野河内渓谷」を甦らせよう(4)

  渓谷案内地図の設置  野河内渓谷入り口には、いつ立てられたか判らない古い渓谷の案内図が設置されていました。横2m×縦1mほどの大きさのブリキ製の看板は一部が折れ曲がり、錆びつ...

pagetop