HOME > コロナ ワクチン

コロナ ワクチン

2021年01月22日 15:30

激化する新型コロナ・ワクチンの開発競争:副作用の急増で問われる安全性(後)

  歴史を紐解けば、人類は8000年もの昔から感染症と向き合ってきた。エジプトのミイラからも天然痘の痕跡が発見され、14世紀のペストの流行によってヨーロッパでは人口の3分の1が死亡した...

2021年01月18日 15:30

激化する新型コロナ・ワクチンの開発競争:副作用の急増で問われる安全性(中)

  日本人とすれば、「好事魔多し」という諺を肝に銘じておきたいものだ。アメリカのファイザーやモデルナによる「ワクチンの有効性95%」との報告を受け、日本では国民が接種する際の費用を国が...

2021年01月18日 07:00

コロナ禍でも日中の絆を再確認、2021年は人的交流の全面復活を(後)

  中国人、中国政府は日本に対して、平和的、友好的、協力的な日中関係を構築していきましょうという気持ちを共通して抱いています。私たちは人類の運命共同体であると提唱しています...

2021年01月15日 16:00

コロナ禍でも日中の絆を再確認、2021年は人的交流の全面復活を(中)

  中国のGDPは第1四半期がマイナス6.8%でしたが、第2四半期が3.2%、第3四半期が4.9%のプラス成長となり、第4四半期は約5%成長と予測されており、通年で約2.1~2.2%の...

2021年01月12日 13:00

厳しいときこそ、将来の発展の種を撒く、芽を育てる~2021年の福岡県の展望(後)

  新型コロナウイルスの感染拡大により、国の政策のみならず、地方自治体独自の対応策にも注目が集まった1年であった。「厳しいときこそ、将来の発展の種を撒く、芽を育てることが大事」と語る小...

2021年01月12日 10:21

コロナ緊急事態宣言とコロナ対策

  コロナ対応に対する政府の対応は、後手後手に回っているように見える。7~8月の東京オリンピック・パラリンピックに対する思惑もあるのだろうが、PCR検査が諸外国に比べて極端に少ないのは...

2021年01月08日 17:10

激化する新型コロナ・ワクチンの開発競争:副作用の急増で問われる安全性(前)

  2020年は新型コロナウイルスによって世界が混沌とした1年だった。21年に入っても、変異種の登場という新たな脅威の出現によって、ワクチンへの期待が一層高まっている...

2020年12月29日 11:30

新型コロナウイルス問題で1年が終わった令和2年~日本の危機管理体制と「災害の日常化」(前)

  新型コロナウイルス(以下、新型コロナ)の感染者が、東京都で過去最高の888人(20年12月24日)を記録した。全国的にも感染者の増加に歯止めがかからない状態となっている...

2020年12月25日 16:30

“未来の大国”ベトナム:コロナ禍を逆手に取り、ワクチン開発や通商政策で新機軸を展開中!(後)

  ベトナム政府は、21年の経済成長率6%を達成する目標を掲げている。世界銀行も「ベトナムの来年の経済成長率は6.8%」と予測しており、ベトナム政府の公式目標は控え目といえそうだ。いず...

2020年12月25日 10:30

Z世代を意識しながらコロナ禍での変化に対応を図る(後)

  このコロナ禍をとおして、泰泉閣には物事の優先順位を付け、最速で営業再開させた判断力、アトモスには逆境に立たされても行動し続ける力強さを感じた...

2020年12月21日 09:33

“未来の大国”ベトナム:コロナ禍を逆手に取り、ワクチン開発や通商政策で新機軸を展開中!(中)

  もちろん、コロナ禍の影響でベトナムも厳しい状況に追い込まれたことは間違いない。中小企業を中心に15万社を対象にした調査でも「84%がコロナで業績が悪化した」と答えている...

2020年12月18日 11:00

コロナを寄せ付けない究極のアンチエイジング 寿命1000歳プロジェクト!(5)

  製薬会社からの宣伝広告費に期待しているせいか、海外でも日本国内でも、メディアは成功率の高さを大きく報道しているが、その詳しい内容にはあえて触れようとしない...

2020年12月17日 15:28

新型コロナ対策小委員会が自民党本部で開催~厚労省のコロナ対策を議論

  新型コロナウイルス感染症対策本部・感染症対策ガバナンス小委員会が12月11日、自民党本部で開催され、厚生労働省が提言に関する取り組みなどに関して説明を行うとともに意見交換がなされた...

コロナを寄せ付けない究極のアンチエイジング 寿命1000歳プロジェクト!(4)

  世界保健機関(WHO)が期待する開発中のワクチン10種のうち、中国製もアメリカ製も各々4種を占め、残りはロシアとイギリスである。11月に入ってからは大手製薬メーカーのファイザーや新...

コロナを寄せ付けない究極のアンチエイジング 寿命1000歳プロジェクト!(3)

  自然との調和を大切に、旬の食材や周囲との絆を長寿の源としてきた日本的なアプローチでは、いくら健康に留意しても125歳あたりが限界といわれる。しかし、最新の医学研究や科学技術の恩恵を...

pagetop