2022年08月10日( 水 )
by データ・マックス

福岡 物流

香港資本の物流不動産「ESR」 朝倉市の甘木自動車学校跡地に進出
香港資本の物流不動産「ESR」 朝倉市の甘木自動車学校跡地に進出
香港の物流施設デベロッパー・ESRの日本法人は、大分自動車道・甘木ICから4分の立地にマルチテナント型物流施設を開発する。投資額は125億円...
企業・経済 建設・不動産 九州 物流
プロロジス小郡、2022年6月竣工目指し起工式を実施
プロロジス小郡、2022年6月竣工目指し起工式を実施
物流不動産の所有・運営・開発などを手がけるグローバル企業、プロロジスは、福岡県小郡市に新設する大型物流拠点「プロロジスパーク小郡」の起工式を実施した...
企業・経済 建設・不動産 九州 物流
【佐賀】物流拠点続々 鳥栖JCT半径10㎞圏に大型物流施設相次ぐ
【佐賀】物流拠点続々 鳥栖JCT半径10㎞圏に大型物流施設相次ぐ
福岡市・糟屋郡圏とともに九州の物流拠点になっている鳥栖JCTから半径10km圏に大型物流施設の立地や進出が相次いでいる...
企業・経済 一般 九州 物流
九州最大級の物流施設、筑紫野ICそばに23年初め完成(後)
九州最大級の物流施設、筑紫野ICそばに23年初め完成(後)
23年初めから24年春にかけて完成予定の「メープルツリー筑紫野ロジスティクスセンター」は、九州自動車道・筑紫野ICから西に約1kmに位置し、地上4階建ての物流施設2棟で構成...
県都と泉都 大分 別府|まちづくりvol.34
九州最大級の物流施設、筑紫野ICそばに23年初め完成(前)
九州最大級の物流施設、筑紫野ICそばに23年初め完成(前)
2020年11月、Mapletree Investments Japan(株)が福岡県筑紫野市に大型のマルチテナント型物流施設「メープルツリー筑紫野ロジスティクスセンター」を開発する計画を正式に発表した...
県都と泉都 大分 別府|まちづくりvol.34
大型開発続く福岡の物流市場「まだ拡大余地ある」 CBREレポート
大型開発続く福岡の物流市場「まだ拡大余地ある」 CBREレポート
大手不動産仲介・CBREは福岡都市圏の大型マルチテナント型物流施設(LMT)に関するレポートを発表した。同レポートによると、2015年から20年まで年平均7%程度の増加だったLMT面積が、今年から23年にかけて年18%増加していくという...
企業・経済 一般
【スエズ座礁事故】博多港物流への影響は限定的 博多港ふ頭・中園代表
【スエズ座礁事故】博多港物流への影響は限定的 博多港ふ頭・中園代表
エジプトのスエズ運河で3月23日に座礁して航路をふさいでいた大型コンテナ船は29日午後(現地時間)に離礁し、6日ぶりに運河の通航が再開された...
企業・経済 一般
誰かの役に立ち、社員に笑顔を 労働環境の向上で、さらなる事業展開
誰かの役に立ち、社員に笑顔を 労働環境の向上で、さらなる事業展開
生鮮輸送、倉庫管理に特化した配送サービスを主軸に、福岡市内はもちろん九州全域に流通網を広げているのが、(株)リュウセイだ。全国から福岡に集まる生鮮貨物を、独自の輸送ネットワークを駆使して九州各地の店舗や倉庫に届けている...
企業・経済 一般 九州・福岡の壮健企業100社 九州 物流
物流を支える包装資材で企業活動や人々の生活の維持、発展に貢献
物流を支える包装資材で企業活動や人々の生活の維持、発展に貢献
物流は、ビジネスや市民生活を支える重要な役割をはたしている。その物流を支えているのが包装資材であり、その代表格が段ボールといえる。段ボールは、商品の化粧箱として包装資材だけでなく、軽くて強度があることから輸送時に商品などを衝撃から守ってくれる物流資材としてなくてはならない存在だ...
企業・経済 一般 九州・福岡の壮健企業100社
有沿道路の福岡区間が全面開通~22年間の総事業費2,555億円
有沿道路の福岡区間が全面開通~22年間の総事業費2,555億円
有明海の沿岸を回って福岡県大牟田市と佐賀県鹿島市を結ぶ自動車専用の有明海沿岸道路(有沿道路、延長55km)の大川東IC-大野島IC間の3.7kmが14日開通。大牟田市の三池港ICから大川市の大野島ICまで福岡県内の全区間27.5kmがつながった...
政治・社会
福岡ロジテム、小郡市に大型物流拠点を設置へ
福岡ロジテム、小郡市に大型物流拠点を設置へ
日本ロジテムグループの運送会社・福岡ロジテム(株)(福岡県粕屋郡宇美町、小林専司社長)は、小郡市に大型物流拠点を設置する...
企業・経済 流通・小売 九州 物流