HOME > 日韓関係

日韓関係

2019年08月09日 09:00

日韓交流よもやま話(4)

  いわゆる在日韓国人の方々が、福岡県の県営アパートには入れるようにすることや、福岡商銀――いわゆる在日韓国人の皆さまでつくられている金融機関からお金を借りること。これにまつわるお話を...

2019年08月08日 11:08

日韓交流よもやま話(3)

  まあ、長い歴史がありますから、韓国と日本の間でも色々な事がありますが、終戦70年の記念日に、天皇陛下(当時、現上皇)が、「わが天皇のご先祖には、韓民族の血もいただいている」と公式の...

2019年08月07日 11:47

日韓交流よもやま話(2)

  今日は釜山の韓日親善協会の皆さまと慶尚南道の親善協会の皆さまが来ていただいていますが、福岡県日韓親善協会が発足して、最初に釜山の親善協会と姉妹関係をもたせていただきました。その後、...

2019年08月06日 17:55

日韓交流よもやま話(1)

  2019年7月4日に福岡県日韓親善協会の定時総会後、同協会で副会長を務める村井正隆・ムライケミカルパック代表取締役が「日韓交流よもやま話」と題して講演した。同協会の成り立ちや、進藤...

2019年08月05日 10:48

「ソウルの真相」はマスメディアでは分からない

  日韓関係が極端な対立期に突入した。「経済戦争」と韓国紙が煽り、日本メディアのソウル発記事も、韓国側に同調したものが少なくない。わざわざソウル特派員の記事を読まなくても、韓国紙の日本...

2019年07月23日 09:29

日韓の熱い夏~韓国に「NO」を突きつけた安倍政権 21世紀のトレンドを決する攻防戦に(後)

  今回の日韓対立は、両国が21世紀に入ってとってきた国際戦略が激突したものとして見る観点も必要だ。方向性の違う国家が、過去の問題の処理をめぐって、対立したのである。

2019年07月22日 13:28

日韓の熱い夏~韓国に「NO」を突きつけた安倍政権 21世紀のトレンドを決する攻防戦に(前)

  韓国に対する特別待遇を撤廃した安倍政権の経済措置は、日本政府にとっても一大転換点になった。一次的には韓国の貿易管理に対する不信感から取られた措置だが、本質的には韓国が進めつ...

2019年07月16日 17:22

日本の対韓輸出制限で急激に注目が集まっている半導体素材

  日本政府が今月の4日から半導体製造に必須である化学製品3品目の対韓輸出制限を発動したことにより、韓国政府をはじめ、産業界に大きな衝撃が走っている。この対応策をめぐって、韓国政府は腐...

2019年07月09日 10:00

日本の対韓輸出制限は韓国の半導体産業に大打撃(後)

  この分野では日本の東京応化工業、信越化学工業、JSR、住友化学、TOKなどが世界市場の90%以上を占めている。韓国も昨年輸入全体の91.9%を日本企業に頼っていた。数十回の露光工程...

2019年07月08日 11:00

日本の対韓輸出制限は韓国の半導体産業に大打撃(前)

  日本政府が今月の4日から半導体製造などに使われる化学製品3品目の韓国向け輸出手続きを厳格化したことで、韓国の半導体産業に黄色信号が灯った。昨年の半導体の輸出は、韓国の輸出全体の20...

2019年07月05日 14:08

福岡県日韓親善協会が定時総会を開催~総会後は村井正隆副会長の講演も

  5日、福岡県日韓親善協会の定時総会が福岡市内で開かれ、役員ほか会員を務める地元財界人らが集まった。同協会は日韓国交正常化後の1975年7月に民間交流の促進を目的に創立され、今年で4...

2019年03月26日 09:20

落ち目の文在寅政権 植民地時代の実相を知るべきだ(後)

  「親日派」という言葉の意味  注目されていた文大統領の「3・1独立運動100周年記念演説」は、とりわけ反日的な内容もなく、淡々としたものに終わった。「過去は変えられな...

2019年03月25日 15:52

落ち目の文在寅政権 植民地時代の実相を知るべきだ(前)

  2月28日に合意のないまま終了した米朝首脳会談後、韓国大統領と与党の支持率が下落した。このような背景もあってか3月1日に行われた文在寅大統領による独立運動記念日の演説には反...

2019年02月14日 13:55

福岡県日韓親善協会が新春懇親会を開催~新春ムードの中に知事選の胎動も

   福岡県日韓親善協会が12日、ホテルニューオータニ博多で新春懇親会を開催した。会には地元財界人のほか在日本大韓民国民団の関係者、国会議員ら多くの人が参加した。 ...

2019年01月23日 13:22

朝日新聞はどうする?!レーダー照射が喚起した対韓不信世論

   敗戦以来、隣国(韓国)との付き合い方に悩んできた日本が、「やっぱり隣の家は当てにならない」と踏ん切りをつける瞬間になったようだ。韓国駆逐艦の火器レーダー照射問題は21日、防衛...

pagetop