HOME > 書評・レビュー

書評・レビュー

2018年11月14日 10:55

【書評】ニッポン2021-2050 データから構想を生み出す教養と思考法 落合陽一×猪瀬直樹

   メディアアーティストで新進気鋭の論客である落合陽一氏と、作家で元東京都知事の猪瀬直樹氏の共著。東京オリンピックという一大イベントを前に、2020年で思考停止している日本を憂い...

2018年03月27日 07:01

大谷史洋氏自叙録「この道」を読み解く(5)~「逃げない」

   約40年前、新しいことをやろうと設計事務所を立ち上げた(株)おおたに設計会長の大谷史洋氏。人々が生活する「場」となるマンションづくりを黎明期から支え、福岡のまちづくりに携わ...

2018年03月26日 07:01

大谷史洋氏自叙録「この道」を読み解く(4)~「現場と向き合う」

   約40年前、新しいことをやろうと設計事務所を立ち上げた(株)おおたに設計会長の大谷史洋氏。人々が生活する「場」となるマンションづくりを黎明期から支え、福岡のまちづくりに携わ...

2018年03月23日 14:47

大谷史洋氏自叙録「この道」を読み解く(3)~「人とのつながりを大事にする」

   約40年前、新しいことをやろうと設計事務所を立ち上げた(株)おおたに設計会長の大谷史洋氏。人々が生活する「場」となるマンションづくりを黎明期から支え、福岡のまちづくりに携わ...

2018年03月21日 07:03

大谷史洋氏自叙録「この道」を読み解く(2)~「決断と実行力」

   約40年前、新しいことをやろうと設計事務所を立ち上げた(株)おおたに設計会長の大谷史洋氏。人々が生活する「場」となるマンションづくりを黎明期から支え、福岡のまちづくりに携わ...

2018年03月20日 07:04

大谷史洋氏自叙録「この道」を読み解く(1)~「時代の変化を見極める力」

   約40年前、新しいことをやろうと設計事務所を立ち上げた(株)おおたに設計会長の大谷史洋氏。人々が生活する「場」となるマンションづくりを黎明期から支え、福岡のまちづくりに携わ...

2017年07月31日 14:18

【書評】「反グローバリゼーションとポピュリズム 『トランプ化』する世界(激トーク・オン・ディマンドvol.11)」(光文社)

  トランプ現象を多角的な視点から深く掘り下げる  本書は、著者の1人であるビデオジャーナリストの神保哲生氏が主宰するニュース専門インターネット放送局「ビデオニュース・ドットコ...

2017年07月12日 13:57

日本の構造的問題点を考える一冊~『PC遠隔操作事件』(光文社)読者プレゼント

  日本が抱える構造的な問題が明るみに出た事件  推定有罪を前提とした警察や検察による捜査と警察に寄り添うメディア報道。また、それを可能とする現行の刑事司法制度が抱える問...

2017年02月21日 07:03

『秘史』では語られなかった住銀・イトマン事件の全容(後)

  有森隆著『住友銀行 暗黒史』 “磯田天皇”の娘可愛さの親バカが、事件の本質か  住銀・イトマン事件の最もディープな部分は、磯田一郎の娘、園子と伊藤寿永光との関係だ。『秘史...

2017年02月20日 10:43

『秘史』では語られなかった住銀・イトマン事件の全容(前)

  有森隆著『住友銀行 暗黒史』  住友銀行(現在の三井住友銀行)が6,000億円もの損失を被った“イトマン事件”は、バブル経済のピーク時に起き、バブル崩壊の序章となった。戦後...

2015年09月17日 15:10

他流試合の経験者が企業を元気にする!(読者プレゼント付)

  有森隆著「プロ経営者の時代」(千倉書房)  企業は停滞と再生の繰り返しである。有名企業を渡り歩くプロ経営者が脚光を浴びたのは2014年だった。停滞に陥った企業の再生を託...

2015年09月10日 14:36

18歳選挙権は「徴兵」への序章である!

  益川敏英著「科学者は戦争で何をしたか」(集英社新書)  名古屋大学には『平和憲章』というものがある。1980年初め、まだ世界が冷戦の只中にあった頃、名古屋大学の学生と教...

2015年08月17日 10:42

国家のために「死ね」と導く思想・手法!

  佐藤優 聞き手・姜尚中著『国家のエゴ』(朝日新書)  猛暑のなか連日、市民、女性、若者が「戦争法案」反対で国会を取り囲んでいる。日本が「戦争ができる国」ではなく、積極的...

2015年08月10日 10:54

自ら「植民地」を志願する呆れた日本!

  施光恒著『英語化は愚民化』(集英社新書)  猛暑のなか連日、全国で「安全保障関連法案」反対のデモが市民、女性、学生によって展開されている。 その陰で、国民が油断している...

2015年07月23日 10:29

令計画氏逮捕へ!中国を読み解く1冊

  『習近平の中国』(宮本雄二著、新潮新書)  中国の胡錦濤前国家主席の側近だった令計画氏の逮捕が決定された。「反腐敗闘争」がなぜ取り組まれ、どこまで進むのかを見通すうえ...

pagetop