HOME > 脊振の自然に魅せられて

脊振の自然に魅せられて

「脊振の自然を愛する会」の代表・池田友行氏による、脊振山系の四季を伝えるエッセイ。
2018年07月24日 09:57

『脊振の自然に魅せられて』「オニコナスビ」 鬼小茄子 サクラソウ科

   7月中旬、脊振山地の標高700m付近に黄色い可憐な花「オニコナスビ」が咲きます。“鬼”と付くと怖いイメージがあるのですが、蔓植物で背丈2~3cm、直径1...

2018年07月18日 11:20

『脊振の自然に魅せられて』「オオキツネノカミソリ」大狐の剃刀 ヒガンバナ科

   夏を代表する花「オオキツネノカミソリ」が開花する季節がやってきました。  開花時期は7月中旬過ぎから8月初めです。糸島市瑞梅寺ダム上部の水無鍾乳洞駐車場から井原山(いわらや...

2018年07月09日 16:43

『脊振の自然に魅せられて』「マタタビ」木天蓼 マタタビ科

   自然界ではさまざまな不思議な光景を目にする事ができます。 マタタビもその一つです。マタタビとは「猫にマタタビ」のマタタビです。 蔓性の植物ですが、夏になると葉の数の半分くら...

2018年06月27日 14:25

「脊振の自然に魅せられて」『コンロンソウ』崑崙草 アブラナ科

   イチリンソウやニリンソウなど渓谷沿いに咲く早春の花が一段落した頃、純白の花「コンロンソウ」が辺り一面を埋め尽くします。  植物図鑑には名前の通り「中国の崑崙山脈に雪が降り雪...

2018年06月21日 10:29

「脊振の自然に魅せられて」『神秘的なマクロの世界へ』

   自然には未知の世界があります。脊振の里山や山道を歩いていると雨上がりや、朝露の多い日などに思わぬ光景が目に飛び込んできます。その光景とは、まん丸な露の玉がつくり出す神秘の世界で...

2018年06月12日 15:00

「脊振の自然に魅せられて」 『ヤマツツジ』ツツジ科 ツツジ属

   5月~6月の脊振の縦走路ではムシカリ、ミズキ、ゴマギ、アサガラ、ハイノキ、ヤブデマリ、ヤマボウシ、カマツカ、タンナサワフタギ、エゴ、ネジキなどの樹の花が1週間おきに咲き、白い花...

2018年06月07日 14:45

「脊振の自然に魅せられて」 『タンナサワフタギ』ハイノキ科 ハイノキ属

   梅雨の季節の山歩きでは普段見られない趣のある光景が見られます。霧(ガス)のベールで包まれた山容や木々たちのシルエットが自然の素晴らしさを表現しています。  脊振を代表するブ...

2018年05月29日 09:57

「脊振の自然に魅せられて」 『ベニドウダン』ツツジ科

    前回 も書いたように脊振の山は5月から6月の間、たくさんの種類の花が咲き、はなやかな賑わいを見せてくれます。ベニドウダンもそのうちの1つで、縦走路で見ることができます。 ...

2018年05月24日 07:02

「脊振の自然に魅せられて」 『ヤブデマリ』藪手毬・スイカズラ科ガマズミ属

   脊振の山は5月に入ると「山の植物園」のような状態となり、脊振を代表する花、ピンクのミツバツツジやシャクナゲ、純白の花ムシカリが咲き終わったころにエゴの花、ヤマボウシ、ミズキ、ゴ...

2018年05月17日 10:23

「脊振の自然に魅せられて」 『ツクシシャクナゲ』筑紫石楠花 ツツジ科

   脊振を代表する花といえば、春に咲くピンクの花、ツクシシャクナゲとコバノミツバツツジです。ツクシシャクナゲもコバノミツバツツジも4月末から5月のゴールデンウィーク期間に咲いてくれ...

2018年05月02日 15:56

「脊振の自然に魅せられて」 『ヒトリシズカ』一人静 センリョウ科

   植物の名前には人や動物をイメージしたものが多々あります。  ヒトリシズカもその1つで、義経がこよなく愛した静御前に由来しています。  ヒトリシズカは4月初め~4月末ごろ...

2018年04月24日 15:18

「脊振の自然に魅せられて」 『ヤマザクラ』山桜 バラ科サクラ属の落葉高木

   桜といえばソメイヨシノが一般的です。毎年、3月になると桜の開花予想がテレビや新聞紙面を賑わせています。  桜のなかでも山桜は名前の通り、山のなかでひっそりと咲きます。山桜の...

2018年04月18日 09:56

「脊振の自然に魅せられて」 『ツクシショウジョウバカマ』筑紫猩々袴 ユリ科

   脊振山系では春、4月初め頃からツクシショウジョウバカマが咲き始めます。 茎が10cmから15cmほどで穂先にたくさんの花を付けています。白い花がほとんどですが、時々ピンク色...

2018年04月16日 14:00

「脊振の自然に魅せられて」 『チャルメルソウ』哨吶草  ユキノシタ科 チャルメル属

   チャルメルソウは特異な姿をしている春の花の代表です。名前の通り中国のラッパのチャルメラ(チャルメル)に似ています。日あたりの良い渓谷沿いに群生をしていますが、丈が15cm~20...

2018年04月10日 16:32

「脊振の自然に魅せられて」 『シロバナネコノメソウ』(白花猫の目草)ユキノシタ科

   早春、渓谷ぞいの登山道は花の共演で賑やかです。1週間単位でいろいろな花が咲き、春の訪れを知らせてくれます。  地味なネコノメソウもその類ですが、ネコノメソウのなかで華やかな...

pagetop