HOME > 大さんのシニアリポート
わらび座ミュージカル「ジパング青春記」特設ページ

大さんのシニアリポート

2018年01月19日 07:01

地域包括ケアシステムはシンガポールに学べ!(後)

  大さんのシニアリポート第62回  シンガポール首相のリー・シェンロン(65歳)は14年末にフェイスブックで「日本で高齢者福祉が社会の負担になり、若者が不満を持っている。これは...

2018年01月18日 07:04

地域包括ケアシステムはシンガポールに学べ!(前)

  大さんのシニアリポート第62回  「地域包括ケアシステム(以下「ケアシステム」)」(重度の要介護者を地域で支える)がこの4月から本格稼働する。私の住む市でもようやくその全容が...

2017年12月25日 07:02

民俗学では「現実的に『棄老』は存在しない」といわれても…(後)

  大さんのシニアリポート第61回 遠野にある「デンデラ野」  佐々木陽子(鹿児島国際大学福祉社会学部現代社会学科教授・社会学)『「棄老研究」の系譜(Ⅰ)―民俗学...

2017年12月22日 10:29

民俗学では「現実的に『棄老』は存在しない」といわれても…(前)

  大さんのシニアリポート第61回 立命館大学茨木キャンパス内にある「まちライブラリー@OIC」  11月初旬に、岩手県遠野市に行き、「デンデラ野」と「ダンノハナ...

2017年11月29日 07:02

遠野で「デンデラ野」と「ダンノハナ」を見た(後)

  大さんのシニアリポート第60回  道を挟んで「ダンノハナ」がある。柳田は「ダンノハナは『壇の塙(はな)』であり、丘のうえに塚を築いた場所」(同 赤坂)という。つまり「ダンノハ...

2017年11月28日 11:37

遠野で「デンデラ野」と「ダンノハナ」を見た(前)

  大さんのシニアリポート第60回 デンデラ野風景とあがりの家  先日、岩手県遠野市に行った。遠野は民話の里として有名だ。でも今回は、座敷わらしにも、オシラサマに...

2017年10月23日 07:02

民法第877条 「親族の扶養義務」に翻弄(後)

  大さんのシニアリポート第59回  仕事場としての東京をあとにしたわたし。見知らぬ土地での姑の介護を余儀なくされた妻。そこには、明らかに「生活を犠牲にしてまでも両親を看...

2017年10月20日 13:22

民法第877条 「親族の扶養義務」に翻弄(前)

  大さんのシニアリポート第59回  『当事者主権』(中西庄司、上野千鶴子共著 2003年発行 岩波新書)を実に興味深く読んだ。ただ少し気になった箇所があった。150ページ、「ち...

2017年09月21日 09:20

子ども食堂を考える(後)

  大さんのシニアリポート第58回  「『給食が1日の栄養源』『親が夜も働き、夕食は1人でコンビニ弁当』。『子ども食堂』は、そんな子どもたちに食事を提供する場所だ。(中略)201...

2017年09月20日 07:03

子ども食堂を考える(中)

  大さんのシニアリポート第58回  炊飯器、オーブン、その他の備品は社協が用意する。食器類は、「ぐるり」がバザーなどで集めたものを使う。米は社協で用意するが、食材の大半は障害...

2017年09月19日 14:38

子ども食堂を考える(前)

  大さんのシニアリポート第58回  「サロン幸福亭ぐるり」(以下「ぐるり」)で、今年二月から月二回「子ども食堂」を開いている。基本「ぐるり」は「シニアのための居場所」となっ...

2017年08月31日 07:03

親を捨てる子、子を捨てられない親(後)

  大さんのシニアリポート第57回  来春、4年ぶりに拙著を上梓することが決まった。出版不況とはいえ、作品が「今」という時代にマッチしていれば、出版は可能だ。今回は『親を捨て...

2017年08月30日 11:39

親を捨てる子、子を捨てられない親(前)

  大さんのシニアリポート第57回  来春、4年ぶりに拙著を上梓することが決まった。出版不況とはいえ、作品が「今」という時代にマッチしていれば、出版は可能だ。今回は『親を捨て...

2017年07月20日 07:03

「サロン幸福亭ぐるり」創立10周年(成長編・後)

  大さんのシニアリポート第56回 社協共催「住民懇談会」  来たいときにいつでも開いている。それが来亭者の気持ちに添うものだと思う。しかし、この「毎日開いている...

2017年07月19日 13:00

「サロン幸福亭ぐるり」創立10周年(成長編・前)

  大さんのシニアリポート第56回  私が運営する高齢者の居場所「サロン幸福亭ぐるり」(以下「ぐるり」)が創立10周年を迎え、記念パーティを開いたのを機に、この10年間の歩みを振...

pagetop