2022年07月02日( 土 )
by データ・マックス

これでいいのか産廃処理

【特集】これでいいのか産廃処理(3) ゼネコン(排出業者)・行政・産廃業者の闇
【特集】これでいいのか産廃処理(3) ゼネコン(排出業者)・行政・産廃業者の闇
大量の産廃が排出される工事現場では、安定型処分場では処分できない産廃が必ず排出されるが、危険で手間のかかる手順を省略してすべての廃棄物を安定型に持ち込むことが公然の秘密...
特集:産廃処理最前線 特集 政治・社会
【特集】これでいいのか産廃処理(2) 「正直者が馬鹿を見る」中間処理業界
【特集】これでいいのか産廃処理(2) 「正直者が馬鹿を見る」中間処理業界
 安定型処分場で埋立できる産業廃棄物(産廃)は、“安定型5品目”と呼ばれる、「廃プラスチック類、ゴムくず、金属くず、ガラスくず・コンクリートくず、がれき類」など。廃棄物の性質が安定しており、有害な汚水などを生じさせないものに限られているので、処分方法は穴を掘って埋めた後に上から土を被せるだけ。処分費用も安価ですむ...
特集:産廃処理最前線 特集 政治・社会
【特集】これでいいのか産廃処理 安定型処分場への違法処理が常態化(1)
【特集】これでいいのか産廃処理 安定型処分場への違法処理が常態化(1)
福岡県と佐賀県の産業廃棄物処理をめぐり、不適切で違法な処理方法が横行していることがわかった。業界関係者の告発で明らかになったもので、背景には「日本一安い」とされる福岡県の処理費用の問題と、「見て見ぬふり」をする行政の怠慢、さらになれ合いが横行しがちな業界事情があるという。
政治・社会 特集:産廃処理最前線 特集