2024年07月23日( 火 )

アメリカ大統領選

フォローする

気になるタグをフォローすると、後でまとめ読みができます。

アメリカ大統領選挙の行方 バイデンは離脱するのか?(後)
アメリカ大統領選挙の行方 バイデンは離脱するのか?(後)
 いずれにせよ、民主党は今の時点で新たな候補者を擁立することは非現実的です。候補者の変更を強行することは政治的困難をともないます。
未来トレンド分析シリーズ IB情報誌 2953号
バイデン大統領撤退へ 民主党は立て直しを図れるか
バイデン大統領撤退へ 民主党は立て直しを図れるか
 アメリカのジョー・バイデン大統領は、21日午後、自身のXにおいて11月の大統領選挙から撤退する考えを表明した。
国際
トランプが副大統領候補に選んだ男の野心(後)
トランプが副大統領候補に選んだ男の野心(後)
 思い起こせば、2016年のヴァンス氏はトランプ氏を強烈に批判していました。彼はニューヨーク・タイムズ紙に「トランプは我が国の最高権力者にはふさわしくない」と論説を載せました。
未来トレンド分析シリーズ 浜田和幸 国際
トランプが副大統領候補に選んだ男の野心(中)
トランプが副大統領候補に選んだ男の野心(中)
 今回の狙撃事件では、狙われたトランプ氏は右耳を負傷し、同時に演説を聞きに来ていた聴衆にも死者や負傷者が出ました。
未来トレンド分析シリーズ 浜田和幸 国際
トランプが副大統領候補に選んだ男の野心(前)
トランプが副大統領候補に選んだ男の野心(前)
 世界に衝撃が走りました。現地時間7月13日午後6時ごろに起きた、演説中のドナルド・トランプ前大統領を狙った暗殺未遂事件です。
未来トレンド分析シリーズ 浜田和幸 国際
アメリカ大統領選挙の行方 バイデンは離脱するのか?(前)
アメリカ大統領選挙の行方 バイデンは離脱するのか?(前)
 高齢への不安から11月に迫った大統領選からの撤退論が出始めたバイデン米大統領。6月27日にはCNN主催でトランプ前大統領とのテレビ討論会が行われましたが...
未来トレンド分析シリーズ IB情報誌 2952号
トランプが再び大統領になったらどうなるか?~アザーニュース
トランプが再び大統領になったらどうなるか?~アザーニュース
 2024年アメリカ大統領選挙では、3月5日の予備選挙結果を受けてニッキー・ヘイリー氏が撤退し共和党の大統領候補はドナルド・トランプ氏でほぼ決まりそうです。
一般財団法人DEVNET INTERNATIONAL 明川文保 国際 アザーニュース
ミッシェル・オバマ大統領待望論が急浮上中!なぜ?」
ミッシェル・オバマ大統領待望論が急浮上中!なぜ?」
 11月に行われるアメリカの大統領選挙の行方は、「老老対決」が確実視されていますが、まだまだ大番狂わせがありそうです
浜田和幸 国際 浜田和幸の世界最新トレンドとビジネスチャンス
2024年最大の地政学リスク トランプ再選による影響
2024年最大の地政学リスク トランプ再選による影響
 2024年が始まった。今年は台湾やインドネシア、インドやロシアなど各国で選挙が行われる選挙イヤーだ。そのなかでも最大のポイントになるのが11月の米大統領選挙の行方だ。
和田大樹 国際
ロバート・ケネディJrは大統領の座を射止められるのか?(後)
ロバート・ケネディJrは大統領の座を射止められるのか?(後)
 いずれにせよ、アメリカでは経済格差が進み、国家の分裂状況が悪化し、国家の存続の危機に晒されているにもかかわらず、効果的な対策を打ち出せない現在の政治に切り込むと宣言して出馬を宣言したわけです。
浜田和幸 国際 未来トレンド分析シリーズ
ロバート・ケネディJrは大統領の座を射止められるのか?(中)
ロバート・ケネディJrは大統領の座を射止められるのか?(中)
 そんな中、新たに注目を集めているのがロバート・ケネディ・ジュニア氏です。
浜田和幸 国際 未来トレンド分析シリーズ
ロバート・ケネディJrは大統領の座を射止められるのか?(前)
ロバート・ケネディJrは大統領の座を射止められるのか?(前)
 2024年11月、アメリカ大統領選挙を迎える。通常であれば現職大統領は2期目を目指すが、バイデンの再選可能性は揺らいでいる。
浜田和幸 国際 未来トレンド分析シリーズ
アメリカ大統領選挙を左右するか ケネディ神話の復活(後)
アメリカ大統領選挙を左右するか ケネディ神話の復活(後)
 アメリカ国内では大統領選においてバイデンvsトランプの「老老対決」の構図が繰り返される可能性が高いなど、市民が希望のもてない状況にある。
IB情報誌 2855号 未来トレンド分析シリーズ
アメリカ大統領選挙を左右するか ケネディ神話の復活(前)
アメリカ大統領選挙を左右するか ケネディ神話の復活(前)
 アメリカを現在覆う「分断と分裂」の嵐を見るにつけ、1968年と2023年の類似性を感じざるを得ない。
IB情報誌 未来トレンド分析シリーズ 2854号
アメリカ大統領選挙の行方
アメリカ大統領選挙の行方
 2024年のアメリカ大統領選挙を左右しかねないのがトランプ前大統領を巡る裁判の行方です。
ドナルド・トランプ 浜田和幸 国際 浜田和幸の世界最新トレンドとビジネスチャンス
NowPrinting...
2024年米大統領選に影落とす米中対立 問われる「台湾有事」への対応(後)
米国と中国の対立は台湾問題に限らず、「サイボーグ兵士」をめぐっても先鋭化しています。中国との関係は米国企業にとっても死活…
IB情報誌 台湾有事 アメリカ大統領選 2694号 未来トレンド分析シリーズ
NowPrinting...
2024年米大統領選に影落とす米中対立 問われる「台湾有事」への対応(前)
アメリカでは2022年に中間選挙が予定され、24年には4年に1度の大統領選挙を迎えます。現職のバイデン(79歳)氏が再選…
IB情報誌 台湾有事 アメリカ大統領選 2693号 未来トレンド分析シリーズ
虫けらよ!!オサラバ!!(1)~アメリカ帝国の末期
虫けらよ!!オサラバ!!(1)~アメリカ帝国の末期
アメリカの新型コロナ感染症による死者数は37万人を超えた(実数は43万人という説もある)。世界に君臨する米国が世界一のコロナ感染死者数という驚きの事実に直面すると、「あー、米帝国の衰退の一断面か」とうなずくことになる...
コダマの核心
コロナとニューヨーク~大都会の田舎市場(後)
コロナとニューヨーク~大都会の田舎市場(後)
大統領選挙の結果をすぐにニュースで確認すると、やはりバイデン氏が勝っていた。外の騒ぎはまだ続いており、こういう時に皆で盛り上がるところがニューヨークらしい。ニューヨーク市の有権者の90%以上がバイデン氏に投票しているため、喜ばないはずがない...
コロナ 国際 新型コロナウイルス ニュース 国際
NowPrinting...
バイデン氏はアメリカの新大統領に就任できるのか!?
IB情報誌 アメリカ大統領選 2597号 未来トレンド分析シリーズ 政治・行政
  • 1
  • 2