2022年06月26日( 日 )
by データ・マックス

「ウォルマート 撤退」の検索結果

「兵どもが夢の跡」大型ショッピングセンターの行く末(前)
「兵どもが夢の跡」大型ショッピングセンターの行く末(前)
1974年の施行以来、四半世紀にわたって大型小売店の出店を規制してきた大規模店舗立地法
2022年小売業界を展望(前)
2022年小売業界を展望(前)
コロナ禍に翻弄された21年2021年の小売業界は、2年続きのコロナ禍に翻弄されたと言ってもいいだろう。巣ごもり需要のメリ…
2022年の流通展望(前)
2022年の流通展望(前)
2022年、新時代の勝者は?世界最大のリアル小売業ウォルマートが2020年、西友を手放して事実上我が国から撤退した。過去…
小売こぼれ話(14)同床異夢(後)
小売こぼれ話(14)同床異夢(後)
ダイワハウスにとっては、テナントスペースを埋めることが最優先課題だ。業種や業態やテナントミックスというお客志向のバランスはとりあえず横に置く...
小売こぼれ話(14)同床異夢(前)
小売こぼれ話(14)同床異夢(前)
ウォルマートが西友の株式85%を昨年11月に売却、事実上撤退した。撤退を機に新たに楽天が株主に加わり、ザ・モール春日(福岡県春日市)がアクロスモール春日として改装オープンした
小売こぼれ話(10)巨大化(マス)のリスク(前)
小売こぼれ話(10)巨大化(マス)のリスク(前)
「そんなものはうまく行かない」。革新的な提案が行われるとき、どんな組織でも大方の人間が口にする言葉だ。成功体験者の言葉は実績に裏打ちされたものだ。常に革新を胸にすべきリーダーも同じ...
小売こぼれ話(8)コストコは異端児か?(前)
小売こぼれ話(8)コストコは異端児か?(前)
8月5日、ウォルマートに続いてドイツの大手小売メトロが10月末に日本での営業を終えると発表した...
「政商」楽天、三木谷会長兼社長が大ピンチ~日米政府が中国テンセントから出資を得た楽天を監視する異常事態に!(後)
「政商」楽天、三木谷会長兼社長が大ピンチ~日米政府が中国テンセントから出資を得た楽天を監視する異常事態に!(後)
楽天の三木谷浩史会長兼社長は起死回生の勝負に出た。4月1日、社名を楽天グループ(株)に変更。第三者割当増資行い、2,423億円を調達した。日本郵政が1,500億円、中国ネット大手のテンセントグループが657億円...
【コロナ下の流通業界特集(3)】スーパー20年史は倒産の歴史 「巣ごもり後」は再編必至
【コロナ下の流通業界特集(3)】スーパー20年史は倒産の歴史 「巣ごもり後」は再編必至
流通業界の歴史は、倒産と事業撤退の歴史でもある。21世紀に入った2001年以降、多くの企業が経営破綻し、倒産しないまでも経営難から事業存続を断念した。超低金利で15年以降大型倒産はなくなったが、代わって勢力拡大を目指す大手スーパーによる経営難企業の買収が増えている...
【福岡県に緊急事態宣言】(10)コロナが触媒になる流通の転換
【福岡県に緊急事態宣言】(10)コロナが触媒になる流通の転換
多くの小売業はバブル崩壊以降、規模の大小を問わず売上不振に見舞われ、それが今もなお続いている。それに拍車をかけたのが、新型コロナだ。飲食・旅行業界だけでなく、幅広い業界がその対策に頭を悩ます。終息が見えないまま社会的行動の制限が長引くと、ますます深刻な事態に陥ってしまう...
西友売却に見る小売のパラダイムシフト(後)
西友売却に見る小売のパラダイムシフト(後)
さらに、その背中を押すのがコロナ下のライフスタイルの変化だ。これまで生鮮など生産効率の良くない商品を含む食品はその単価もネックとなって、ネット需要を喚起できずにいた。しかし、非接触消費のニーズ拡大がそこの構造的な変化をもたらしつつある...
西友売却に見る小売のパラダイムシフト(前)
西友売却に見る小売のパラダイムシフト(前)
かねてから売却が噂されていた西友の売却が現実になった。米投資ファンドのKKRが65%、すでに西友とネットスーパーを共同運営している楽天が20%の株式を引き受ける...
西友・サニー、16年ぶり九州で新店~撤退説打ち消せるか
西友・サニー、16年ぶり九州で新店~撤退説打ち消せるか
西友は7月、福岡市中央区港1丁目に出店する。2004年、米ウォルマート傘下に入ってから九州では初めての出店となる。これまでは退店ばかりで縮小一途だったが、昨年4月にデスクリー最高経営責任者(CEO)が上場方針を表明、根強い売却説を否定した。だが、業績の長期低迷から脱却する展望は見えず、ウォルマートがネット通販に経営資源を移行させていることもあって、なお撤退説はくすぶる。
シリーズ・消えた「流通企業」 日本から消えた海外勢~テスコ、カルフール、ブーツetc
シリーズ・消えた「流通企業」 日本から消えた海外勢~テスコ、カルフール、ブーツetc
「ジャパン アズ ナンバーワン」と持て囃された1980年代。海外企業にとって日本は天国のような豊かな国に見えたのかもしれない。ブッシュ大統領が、非関税障壁の代表として我が国の大店舗法を槍玉にあげ、「トイザらス」を強引に進出させたのが1991年のこと。
衰退進む日本型GMS(総合スーパー) 歯止めがかからない現実(中)
衰退進む日本型GMS(総合スーパー) 歯止めがかからない現実(中)
規模という力も絶対ではなくなるウォルマートの場合、出店によって競合を倒し、売上が大きくなったところでさらに隣接して店舗を…
流通業界の2018年を振り返る(4)~西友売却説が浮上
流通業界の2018年を振り返る(4)~西友売却説が浮上
2018年7月中旬、米ウォルマートが西友を売却するとメディアが一斉に報じた。ウォルマートと西友は直ちに否定したものの、複…
ウォルマートの戦略変更とは何か?(後)
ウォルマートの戦略変更とは何か?(後)
日経新聞は世界小売最大手のウォルマートが日本の完全子会社である西友を売却すると報じた。西友は1956年、旧西武グループが…
ウォルマートはなぜ日本市場からの撤退に追い込まれたのか(後)
ウォルマートはなぜ日本市場からの撤退に追い込まれたのか(後)
 小売業世界最大手の米ウォルマートが傘下の国内スーパー大手、西友を売却する方針だと7月13日に新聞各紙が一斉に報じた。黒船と恐れられた巨大外資は、上陸から20年もたたずに撤退することになる。ウォルマートはなぜ、日本で受け入れられなかったのか。
ウォルマートの戦略変更とは何か?(前)
ウォルマートの戦略変更とは何か?(前)
日経新聞は世界小売最大手のウォルマートが日本の完全子会社である西友を売却すると報じた。西友は1956年、旧西武グループが…
ウォルマートはなぜ日本市場からの撤退に追い込まれたのか(前)
ウォルマートはなぜ日本市場からの撤退に追い込まれたのか(前)
 小売業世界最大手の米ウォルマートが傘下の国内スーパー大手、西友を売却する方針だと7月13日に新聞各紙が一斉に報じた。黒船と恐れられた巨大外資は、上陸から20年もたたずに撤退することになる。ウォルマートはなぜ、日本で受け入れられなかったのか。
  • 1
  • 2