HOME > 未来トレンド分析シリーズ

未来トレンド分析シリーズ

アジア、世界を襲う水と食糧の危機~今こそ日本の出番!(4)

国際政治経済学者 浜田 和幸 氏  国連が明らかにした調査報告によれば、世界人口の3分の1以上が水不足に直面しているという。2020年までに我々の使う水の使用量は現在よ...

アジア、世界を襲う水と食糧の危機~今こそ日本の出番!(3)

国際政治経済学者 浜田 和幸 氏  中国やインドを中心にし、多くの農民たちが水不足による悲劇の主人公となっている。経済的に破綻し、自殺や身売りを余儀なくされている農家...

アジア、世界を襲う水と食糧の危機~今こそ日本の出番!(2)

国際政治経済学者 浜田 和幸 氏  このような水問題とも関連するのだが、このところアジア各国では史上最悪の食糧危機が目前に迫ってきている。国連の調査報告書を見ても灌漑シ...

アジア、世界を襲う水と食糧の危機~今こそ日本の出番!(1)

国際政治経済学者 浜田 和幸 氏  9月16日から21日まで、東京ビッグサイトを会場にして、「第11回国際水協会・世界会議・展示会」が開催されている。100カ国を超える...

『主治医は自分』という発想~アンチ・エイジングからリバース・エイジングへ(4)

国際政治経済学者 浜田 和幸 氏  実際、多くの人々にとって自分が病気であるのか健康であるのか、その区別や境界は極めてあいまいになっているのではなかろうか。たとえ医者か...

『主治医は自分』という発想~アンチ・エイジングからリバース・エイジングへ(3)

国際政治経済学者 浜田 和幸 氏  しかも、そんなアンチ・エイジング社会で今、新たな進化が見られる。何かといえば、「リバース・エイジング」という発想法である。これは年を...

『主治医は自分』という発想~アンチ・エイジングからリバース・エイジングへ(2)

国際政治経済学者 浜田 和幸 氏  前回述べたように、我が国は、世界に冠たる長寿大国である。確かに日本人の平均寿命は年々伸び続け、厚生労働省のデータによれば女性は90歳...

『主治医は自分』という発想~アンチ・エイジングからリバース・エイジングへ(1)

国際政治経済学者 浜田 和幸 氏  日本では人口減少に歯止めがかからない。このままでは、21世紀の終わりには「地球上から日本人が絶滅する」との予測まで明らかにされている...

日本への影響は?トランプ大統領によるイラン制裁再開(4)

国際政治経済学者 浜田 和幸 氏 日本の役割  もう1つ、トランプ大統領がイランを敵対視する理由がある。それはサウジアラビアやイスラエルとの関係である。アメリ...

日本への影響は?トランプ大統領によるイラン制裁再開(3)

国際政治経済学者 浜田 和幸 氏 中ロとの関係強化へ  イラン政府は苦境を打開するため、中国やロシアとの関係強化に軸足を移し始めた。というのも、イラン産原油の...

日本への影響は?トランプ大統領によるイラン制裁再開(2)

国際政治経済学者 浜田 和幸 氏 根拠なき楽観論  実は、本年7月にはテヘランを訪問し、ロハニ大統領と首脳会談に臨む計画が進められていた。実現していれば、日本...

日本への影響は?トランプ大統領によるイラン制裁再開(1)

国際政治経済学者 浜田 和幸 氏  「アメリカ・ファースト」ならぬ「自分ファースト」を貫き続ける強気一辺倒のトランプ大統領。ついこの間まで「北朝鮮を地上から抹消す...

知られざる中国の現代版シルクロード「一帯一路」戦略の真の狙い(4)

国際政治経済学者 浜田 和幸 氏 プーチンの野望  当然のことながら、今後急成長が期待できる東南アジアや南アジアに対しても、陸のみならず海上輸送路の整備が望...

知られざる中国の現代版シルクロード「一帯一路」戦略の真の狙い(3)

国際政治経済学者 浜田 和幸 氏 ロシアとの蜜月関係  また、注目すべきはロシアと中国の蜜月関係だ。実は、中ロの政治的関係の深化や国民レベルでの交流の拡大は...

知られざる中国の現代版シルクロード「一帯一路」戦略の真の狙い(2)

国際政治経済学者 浜田 和幸 氏 サウジと日本の参加  また、中国の目指す「一帯一路」経済圏には中東やアフリカも含まれる。昨年、1,500人のお供を連れ...

pagetop