HOME > シリーズ 未来トレンド分析シリーズ

未来トレンド分析シリーズ

日本への影響は?トランプ大統領によるイラン制裁再開(4)

  国際政治経済学者 浜田 和幸 氏 日本の役割  もう1つ、トランプ大統領がイランを敵対視する理由がある。それはサウジアラビアやイスラエルとの関係である。アメリ...

日本への影響は?トランプ大統領によるイラン制裁再開(3)

  国際政治経済学者 浜田 和幸 氏 中ロとの関係強化へ  イラン政府は苦境を打開するため、中国やロシアとの関係強化に軸足を移し始めた。というのも、イラン産原油の...

日本への影響は?トランプ大統領によるイラン制裁再開(2)

  国際政治経済学者 浜田 和幸 氏 根拠なき楽観論  実は、本年7月にはテヘランを訪問し、ロハニ大統領と首脳会談に臨む計画が進められていた。実現していれば、日本...

日本への影響は?トランプ大統領によるイラン制裁再開(1)

  国際政治経済学者 浜田 和幸 氏  「アメリカ・ファースト」ならぬ「自分ファースト」を貫き続ける強気一辺倒のトランプ大統領。ついこの間まで「北朝鮮を地上から抹消す...

知られざる中国の現代版シルクロード「一帯一路」戦略の真の狙い(4)

  国際政治経済学者 浜田 和幸 氏 プーチンの野望  当然のことながら、今後急成長が期待できる東南アジアや南アジアに対しても、陸のみならず海上輸送路の整備が望...

知られざる中国の現代版シルクロード「一帯一路」戦略の真の狙い(3)

  国際政治経済学者 浜田 和幸 氏 ロシアとの蜜月関係  また、注目すべきはロシアと中国の蜜月関係だ。実は、中ロの政治的関係の深化や国民レベルでの交流の拡大は...

知られざる中国の現代版シルクロード「一帯一路」戦略の真の狙い(2)

  国際政治経済学者 浜田 和幸 氏 サウジと日本の参加  また、中国の目指す「一帯一路」経済圏には中東やアフリカも含まれる。昨年、1,500人のお供を連れ...

知られざる中国の現代版シルクロード「一帯一路」戦略の真の狙い(1)

  国際政治経済学者 浜田 和幸 氏  今や、世界のパワーバランスが大きく変貌を遂げようとしている。トランプ大統領の登場により、これまでの常識が次々と覆されることにな...

世界で競争が激化する五感の活性化研究と日本的な『香り』のニュービジネス(後)

  国際政治経済学者 浜田 和幸 氏  一方、我が国でも経済産業省が中心となり、感性や五感に注目した生活空間やライフスタイルを進化させようとの動きがスタートしている。具体的には、...

世界で競争が激化する五感の活性化研究と日本的な『香り』のニュービジネス(中)

  国際政治経済学者 浜田 和幸 氏  そんななか、近年、DARPAが研究開発に力を入れ、すでに着実に成果を上げているのが「睡眠不要剤」である。アメリカ陸軍のヘリコプター・パイロ...

世界で競争が激化する五感の活性化研究と日本的な『香り』のニュービジネス(前)

  国際政治経済学者 浜田 和幸 氏  人工知能(AI)の活用がいたるところで注目を集めている。たとえば、AIロボットがおいしい料理を素早くつくってくれる。ラスベガスではシェフロ...

ロシア復活に邁進するプーチン大統領の野心と実力(後)

  国際政治経済学者 浜田 和幸 氏  中国は日本やアメリカが主たる出資者となって誕生させたアジア開発銀行(ADB)や、戦後世界の金融体制を形成してきた世界銀行や国際通貨基金(...

ロシア復活に邁進するプーチン大統領の野心と実力(中)

  国際政治経済学者 浜田 和幸 氏  欧米諸国から人権問題に絡む批判を受けても、習近平は「どこ吹く風」と言わんばかりで、ユーモアたっぷりに切り返す。曰く「靴が合っているかどうか...

ロシア復活に邁進するプーチン大統領の野心と実力(前)

  国際政治経済学者 浜田 和幸 氏  このところ、朝鮮半島情勢をめぐる急速な対話ムードが世界の注目を集めている。韓国の平昌冬季オリンピックに南北合同チームが編成されたことを皮切...

シリアをめぐる米ロの対立は第3次世界大戦への幕開けか?(後)

  国際政治経済学者 浜田 和幸 氏  2011年以降、アメリカとイギリスの特殊部隊はシリア国内で反体制ゲリラ組織に対する軍事訓練を継続し、アサド政権の内部からの崩壊を画策してい...

pagetop