HOME > 特集まちづくり > まちづくりvol.15
まちづくりvol.15

IBまちづくり 2017年、経済情報誌『I・B』を発行する(株)データ・マックスでは、建設・不動産需要の高まりを受け、九州の建設・不動産業界に焦点を当てた情報誌『I・Bまちづくり』を創刊いたしました。

 九州で注目の再開発や熊本の復興状況、地方の魅力あるエリア、注目サービスや注目企業を取り上げてまいります。こちらでは、掲載記事の一部を公開いたします。

■媒体概要
名称:『I・Bまちづくり』
形態:A4版/オールカラー
発刊:偶数月(下旬発刊)
発行:5,000部


2019年07月02日 17:36

「おもてなし規格認証制度」と独自プログラムの連携 地元サービス産業の生産性向上を図る(前)

西岡経営管理事務所 代表 西岡 隆 氏  日本のGDPの約70%を占めるサービス産業。そんなサービス産業全体の活性化を図るため、2016年8月に経済産業省が「おも...

2019年07月02日 16:43

宿泊税導入で本当に観光振興できるのか?(前)

「小競り合い」として全国の注目を集めた福岡県、福岡市(以下、県市)の宿泊税問題。5月24日、小川洋知事と高島宗一郎市長のトップ会談により、市内の課税額を原則200円とし、県...

2019年07月02日 14:10

えんHDがホテル参入 マンションの強みを生かせるか

ホテルは自社運営  10年以上にわたって福岡県内の分譲マンション販売戸数ナンバーワンを誇る、(株)えんホールディングスグループ(以下、えんHD...

2019年07月01日 09:00

不動産市場の主要プレイヤーとなったアパグループ のホテル開発戦略(後)

アパグループ 代表  元谷  外志雄  氏 ドミナント戦略背景に創業来、リストラゼロ  ――アパホ...

2019年07月01日 07:00

博多・中洲・天神エリアの宿泊施設の状況

 博多区、中央区を「博多」「中洲」「天神」のエリア別で分類すると、対象エリアにある宿泊施設は全549施設となり、依然として増加傾向が続く。各エリアの客室数合計と定員数合計は、【Ⅵ...

pagetop