HOME > 特集まちづくり > まちづくりvol.20
まちづくりvol.20

IBまちづくり 2017年、経済情報誌『I・B』を発行する(株)データ・マックスでは、建設・不動産需要の高まりを受け、九州の建設・不動産業界に焦点を当てた情報誌『I・Bまちづくり』を創刊いたしました。

 九州で注目の再開発や熊本の復興状況、地方の魅力あるエリア、注目サービスや注目企業を取り上げてまいります。こちらでは、掲載記事の一部を公開いたします。

■媒体概要
名称:『I・Bまちづくり』
形態:A4版/オールカラー
発刊:毎月(下旬発刊)
発行:5,000部


2020年02月04日 07:00

本当に20年で終わるのか?熊本城の復旧工事(後)

課題の見学通路は20年間「仮設」へ 特別見学道路工事  日曜日・祝日限定とはいえ、「復旧工事中の熊本城を見学できる」という取り組みはユニークだ。...

2020年02月03日 12:00

復興のシンボルとなる賑わい拠点「SAKURA MACHI Kumamoto」(後)

地震で開発が一時中断するも防災機能の大幅強化に  こうした多彩な機能を備えるサクラマチ クマモトだが、同地にはもともと、バスターミナルである「...

2020年02月03日 07:00

本当に20年で終わるのか?熊本城の復旧工事(前)

2019年10月、熊本地震で被災した熊本城の大天守の外観復旧が完了し、一般への特別公開が始まった。日曜日、祝日のみの公開にも関わらず、19年12月の来場者数は10万人を突破...

2020年02月03日 07:00

同時並行で進める復興戦略 「生活再建」と「新しいまちづくり」(後)

熊本市長 大西 一史 氏 自動車と公共交通のベストミックス必要  ――交通インフラについて、どうお考えですか。  大西  熊本市の道路行政は、他都...

2020年01月31日 12:00

復興のシンボルとなる賑わい拠点「SAKURA MACHI Kumamoto」(前)

開業日には多くの人々が詰めかけた 10日間で100万人来場、中心市街地の活性化に寄与  2019年9月14日、熊本地震からの復興のシ...

pagetop