HOME > 特集まちづくり > まちづくりvol.22
まちづくりvol.22

IBまちづくり 2017年、経済情報誌『I・B』を発行する(株)データ・マックスでは、建設・不動産需要の高まりを受け、九州の建設・不動産業界に焦点を当てた情報誌『I・Bまちづくり』を創刊いたしました。

 九州で注目の再開発や熊本の復興状況、地方の魅力あるエリア、注目サービスや注目企業を取り上げてまいります。こちらでは、掲載記事の一部を公開いたします。

■媒体概要
名称:『I・Bまちづくり』
形態:A4版/オールカラー
発刊:毎月(下旬発刊)
発行:5,000部


2020年04月03日 14:45

住民のための地域医療とは――

 超高齢化社会に突入し、疾病カテゴリーの細分化や治療方法が広がる昨今、患者が求める治療ニーズも変化している。その対応として医療の先進・高度化が進む一方、地方の医療施設による...

2020年04月03日 11:33

未病と介護予防で地方創生へ 高齢者のQOL向上図る「日本型CCRC」とは

NPO法人高齢者健康コミュニティ  少子高齢化にともなう社会保障費の増大と税収の減少が、大きな問題となっています。高齢者の自立支援は、今後の国の医療介護財政状況と密接に...

2020年04月03日 11:00

民間救急の可能性を広げるらかんのユニバーサルツーリズム

(有)羅漢 取締役社長 徳久 武洋 氏  6年前から開始した民間救急が、高い評価を受けている(有)羅漢。2019年からは宿泊施設と連携し、重篤な要介...

2020年04月02日 15:00

日本でも拡大する「医療ツーリズム」の現状

 日本の高度な医療サービスを求め、外国人が観光と合わせて訪れる「医療ツーリズム」が新たな市場として成長している。主に中国を始めとしたアジア圏を中心に、引き合いが増加。その市...

2020年04月02日 12:10

ニーズに沿った医療・介護の連携で地域包括ケアシステム構築へ

医療法人 竜門堂 迫る「2025年問題」  少子高齢化が急速に進行している日本では、今や国民の4人に1人が65歳だといわれており、その数は今後も増え続けていく...

pagetop