HOME > 特集まちづくり > まちづくりvol.24
まちづくりvol.24

IBまちづくり 2017年、経済情報誌『I・B』を発行する(株)データ・マックスでは、建設・不動産需要の高まりを受け、九州の建設・不動産業界に焦点を当てた情報誌『I・Bまちづくり』を創刊いたしました。

 九州で注目の再開発や熊本の復興状況、地方の魅力あるエリア、注目サービスや注目企業を取り上げてまいります。こちらでは、掲載記事の一部を公開いたします。

■媒体概要
名称:『I・Bまちづくり』
形態:A4版/オールカラー
発刊:毎月(下旬発刊)
発行:5,000部


2020年06月05日 07:00

居住ゾーンを第一交通グループが開発~旧門司競輪場跡地・再開発プロジェクト(後)

 余談だが、日清戦争後に国が軍備増強と産業資材用鉄鋼生産の増大を図るために官営製鐵所を建設しようとした際、「広大な建設用地が安く手に入る」「海上と陸上の交通の便が良い」「原料と燃...

2020年06月04日 16:27

居住ゾーンを第一交通グループが開発~旧門司競輪場跡地・再開発プロジェクト(前)

地域の利便性向上へ「自然と調和」のまち  2002年3月末に廃止となった旧門司競輪場の跡地約4.8haを活用し、北九州市が公共施設の集約・多機能化を目指している「モデル...

2020年06月04日 14:00

高輪ゲートウェイ・駅前開発が本格化、計2万m2の歩行者広場も

 山手線30番目の駅として、今年3月に開業した「高輪ゲートウェイ駅」――4月には国土交通省から民間都市再生事業計画の認定を、また内閣総理大臣による都市計画決定の認定をそれぞ...

2020年06月04日 07:00

“ウィズコロナ”の世界で不動産テックは根付くのか(後)

6割が対応できず  無論、すべてがテレワークで完結できるわけではない。自社がテレワークを導入しても、取引先が対応していない場合は、どうしても来客対応やFAXで届く マ...

2020年06月04日 07:00

四国新幹線「ないのがおかしい」(後)

中央の認知度向上も次は「住民理解」 四国新幹線イメージ図 (四国新幹線整備促進期成会ホームページより)  四国新幹線は四国だけで盛り...

pagetop