HOME > 特集まちづくり > まちづくりvol.27
まちづくりvol.27

IBまちづくり 2017年、経済情報誌『I・B』を発行する(株)データ・マックスでは、建設・不動産需要の高まりを受け、九州の建設・不動産業界に焦点を当てた情報誌『I・Bまちづくり』を創刊いたしました。

 九州で注目の再開発や熊本の復興状況、地方の魅力あるエリア、注目サービスや注目企業を取り上げてまいります。こちらでは、掲載記事の一部を公開いたします。

■媒体概要
名称:『I・Bまちづくり』
形態:A4版/オールカラー
発刊:毎月(下旬発刊)
発行:5,000部


2020年09月07日 07:00

業界団体の垣根を越え、連携しながらBIM普及を推進(中)

建築倶楽部BIM推進協議会 会長 岩本 茂美 氏 ((一社)福岡県建築士事務所協会 会長/(株)傳設計 代表取締役)  ――推進協議会では、どのような体制になる...

2020年09月07日 07:00

数百年の時間軸で考える河川管理、毎年の維持サイクルこそが重要(前)

国土交通省 九州地方整備局 筑後川河川事務所 所長 松木 洋忠 氏 長期の時間軸で考える  ――近年は毎年のように水害が発生していますが、筑後川の整備...

2020年09月07日 07:00

【川辺川ダムを追う】川辺川ダム建設予定地~現地レポート(前)

 建設中止に追い込まれてから12年。川辺川ダム建設予定地は、今どうなっているのか――。熊本県五木村、相良村などのダムゆかりの場所を回り、現地で感じたことなどをレポートする。...

2020年09月04日 07:00

業界団体の垣根を越え、連携しながらBIM普及を推進(前)

建築倶楽部BIM推進協議会 会長 岩本 茂美 氏 ((一社)福岡県建築士事務所協会 会長/(株)傳設計 代表取締役) 3つの部会で実践&ノウハウ共有 ...

2020年09月04日 07:00

球磨川の堤防決壊は逆流入が原因か~九地整が第2回調査委員会(後)

(2)筑後川 水位上昇にともない自噴・噴砂が発生  久留米市内を流れる筑後川で発生したのは、堤防の決壊や損壊とはまた違ったかたちの“自噴&rdqu...

pagetop