HOME > 特集まちづくり > まちづくりvol.35
まちづくりvol.35

IBまちづくり 2017年、経済情報誌『I・B』を発行する(株)データ・マックスでは、建設・不動産需要の高まりを受け、九州の建設・不動産業界に焦点を当てた情報誌『I・Bまちづくり』を創刊いたしました。

 九州で注目の再開発や熊本の復興状況、地方の魅力あるエリア、注目サービスや注目企業を取り上げてまいります。こちらでは、掲載記事の一部を公開いたします。

■媒体概要
名称:『I・Bまちづくり』
形態:A4版/オールカラー
発刊:毎月(下旬発刊)
発行:5,000部


2021年05月02日 07:00

【熊本】まちなか再生プロジェクトで熊本市中心市街地は生まれ変わるのか?(前)

「まちなか」への危機感  熊本市は現在、熊本城周辺や熊本駅周辺を含む「熊本中心市街地活性化基本計画」の対象エリア約415haを対象にした「まちなかの再生プロジェクト」...

2021年05月02日 07:00

【熊本】城下町の面影残す中心市街地、九州第3位・熊本市の今昔――(3)

九州の中心都市としての栄華 天守閣の復旧工事が完了した熊本城。 だが、崩れた石垣など、完全復旧にはまだ時間を要する  明治期に入ると、187...

2021年05月02日 07:00

大西一史・熊本市長に聞く、ポスト震災まちづくりの進捗(3)

熊本市長 大西 一史 氏  2016年4月に発生した熊本地震から5年が経過した。震災からの復興は、1つの大きな節目を迎えている。復興のシンボルである熊本城は、天守...

2021年05月01日 07:00

「人が中心」森ビルの都市DX、六本木ヒルズなどで都市OSを実装(後)

虎ノ門・麻布台プロジェクト 完成予想パース 利用者情報を開発に反映  さらに、街の利用によって得られるデータや、カメラなどのセンシン...

2021年05月01日 07:00

八女木材産業の未来のために、資源としての山林を次世代へ(後)

八女木材協同組合 理事長/八女林産協同組合 代表理事 諸冨 一文 氏 地産地消の背景に官民の取り組み(つづき)  ――国産木材と海外産木材の特徴や、市場に...

pagetop