HOME > 特集まちづくり > まちづくりvol.38
まちづくりvol.38

IBまちづくり 2017年、経済情報誌『I・B』を発行する(株)データ・マックスでは、建設・不動産需要の高まりを受け、九州の建設・不動産業界に焦点を当てた情報誌『I・Bまちづくり』を創刊いたしました。

 九州で注目の再開発や熊本の復興状況、地方の魅力あるエリア、注目サービスや注目企業を取り上げてまいります。こちらでは、掲載記事の一部を公開いたします。

■媒体概要
名称:『I・Bまちづくり』
形態:A4版/オールカラー
発刊:毎月(下旬発刊)
発行:5,000部


2021年08月04日 06:00

【球磨川水害から1年】「流水型ダム」が球磨川治水の要(前)

川辺川ダムサイトの現況(流水型ダム環境対策検討委員会資料より) 10年かかる緊急プロジェクト  球磨川の治水をめぐっては、今年1...

2021年08月04日 06:00

22年度、ついに延伸開業 地下鉄・七隈線が博多駅へ(4)

延伸で弾みが付くか!?博多コネクティッド 西日本シティ銀行本店跡地  延伸により七隈線の終着駅となる博多駅は、JRをはじめ新幹線、地下鉄空港線、...

2021年08月03日 06:00

【みやき町「健幸長寿」のまちづくり(2)】みやき町の全員参加で目指す、健幸長寿のまちづくり

統合医療拠点の誕生がもたらす賑わい  「市村清記念メディカルコミュニティセンター」(以下、メディカルセンター)がオープンした6月26日には、オープニングセ...

2021年08月03日 06:00

【球磨川水害から1年】復旧復興の「スピード感」を維持できるか(後)

 2020年7月上旬に発生した球磨川水害から1年が経過した。球磨川の治水をめぐっては、今年1月には国土交通省が緊急治水対策プロジェクトを取りまとめたほか、今年3月には流域治...

2021年08月03日 06:00

賑わい創出や安全性向上に寄与、ICT&AIを活用した人流分析(後)

車イスのバス乗車を支援、将来的には密回避なども AIカメラによる画像解析の例  もう1つの「都市空間における見守りサービスの構築と実...

pagetop