わらび座ミュージカル「ジパング青春記」特設ページ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

わらび座ミュージカル「ジパング青春記」特設ページ

 アクロス福岡シンフォニーホール(福岡市中央区)で2020年1月30日、劇団わらび座によるミュージカル『ジパング青春記~慶長遣欧使節団出帆~』(データ・マックス主催)の公演が行われる。

 「ジパング青春記」は約400年前に三陸沿岸を襲った慶長の大地震・津波からの復活をはたすべく生き抜いた人たちを描いており、その姿は東日本大震災で被災した人々の苦難とも重なる。

 約400年前(1613年)に、伊達政宗が支倉常長率いる慶長遣欧使節団をヨーロッパへ派遣した。この派遣は江戸幕府・徳川政権への野望説が有力視されていたが、近年では震災復興がこの使節団のミッションであったという新しい説が浮上しており、「ジパング青春記」はこの視点で創造されている。

 脚本・演出は横内謙介氏。スーパー歌舞伎「ワンピース」や「オグリ」などの脚本も手がける話題の脚本・演出家。

 東北をはじめ各地で上演され、大きな反響を呼んだ情熱作が福岡に初上陸する。

 

わらび座 ミュージカル「ジパング青春記~慶長遣欧使節団出帆~」

【日時】
 2020年1月30日(木)
 開場:午後5時45分/開演:午後6時30分/終演:午後8時15分

【場所】
 アクロス福岡シンフォニーホール
 (福岡市中央区天神1-1-1)

【料金】
 5,000円(税込) ※全席自由席

【主催・お問い合わせ】
 株式会社データ・マックス(電話 092-262-3388)

【チケット購入】
 下記のフォームからお申し込みください。


<わらび座とは>

 民族伝統をベースに多彩な表現で現代の心を描き、日本のオリジナルミュージカルを上演する劇団。1951年2月に創立、年間1,000回の公演を全国で行うなど「劇団四季」「宝塚」につぐ規模と人気を誇る。劇団の本拠地・秋田県仙北市に、劇場・ホテル・ビール工場・工芸館などの複合文化エリア「あきた芸術村」を展開している。

pagetop