HOME > 企業・経済 > 健康 > 2016年伸びた企業 2017年注目企業~2017年ヘルスケア市場

健康

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年01月04日 07:04

2016年伸びた企業 2017年注目企業~2017年ヘルスケア市場

機能性表示食品を取り巻く諸問題

jikken 機能性表示食品として消費者庁が受け付けた(受理した)商品は2016年12月22日付で596件。受理のスピードは急速に上がっており、ドラッグストアが棚割りを充実させるために必要とされる1,000件も、そう遠くない将来のこととなった。

 ただし、消費者庁の受理速度が上がったといっても、既存の成分、たとえば「難消化性デキストリン」や「GABA」「EPA・DHA」など、特定保健用食品(トクホ)で実績を積み上げた成分が市場をリードする傾向にある。開発コストのかかるトクホ市場で実績を残している企業といえば、大手企業が中心だ。

 受理された機能性表示食品についても多くの問題を抱えている。すでに受理された商品で8件の取り下げが行われている(16年11月28日現在)。そのほとんどが研究レビューに基づくもので、採択した論文が査読付きでなかったり、臨床試験の被験者が健常人でなかったりと、制度のガイドラインに外れた論文を採択したことによる。過去の論文は新制度を視野に入れて書かれたものではないため、ガイドラインに定められた規定に則っていないものが少なくない。ガイドラインを無視して、強引に作成した研究レビューで届出を行った商品は、事後監視で多くの疑義を生んでいる。
 八幡物産(株)が届け出た『北の国から届いたブルーベリー』もその1つで、同社は同じ品名の機能性表示食品を2度にわたって撤回している。

 消費者庁は16年1月から11月までの全11回にわたり、「機能性表示食品制度における機能性関与成分の取扱い等に関する検討会」を開催した。この会合で、作用機序の明らかでない関与成分などについて、安全性を踏まえた議論が重ねられた。その結果、これまでの指針より厳しい改正ガイドラインが来春以降、施行されることとなった。同ガイドラインは、これまでに受理された商品にまでさかのぼる拘束力を持つ。

 施行当初は勢いのあった機能性表示食品だが、疑義などの多くの問題が浮上することでやや勢いを弱めているようだ。企業や商品、保健用途や配合成分によって違いはあるものの、市場の動きは一段落したとの見方もある。同じ成分、似たような保健用途の商品が増え、市場ではコモディティ化も進んでいる。また、受理商品の後追いが増えたことで、エビデンスに不安のある商品も少なからず出回っている。
 関係者のなかには、「ホンモノの機能性表示食品が市場に出回るのは17年春以降だろう」との冷めた言葉も。ガイドラインがより厳しくなることで、本来のエビデンスを備えた機能性表示食品が投入されるのは、改正ガイドラインが施行される17年春以降になるというわけだ。

 果たして17年はどのような企業が伸びるのか? 臨床試験などを通じ、確固たるエビデンスを備えたホンモノの原料で、ホンモノの機能性表示食品を製造・販売する「企業モラル」も備えた事業者に注目したいものだ。

【田代 宏】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2017年12月16日 07:02

九州地銀の17年9月期(中間)決算を検証する(2)

1.九州地銀(18行)の預貸率について  【表1】は九州地銀の預貸率順位表である。県外の預貸金も含まれており正確ではないが、各県の経済規模を反映する1つの尺度ではないだろ ...

2017年12月15日 17:01

太宰府市長選、元衆議院議員 楠田大蔵氏出馬へ

 福岡県太宰府市の芦刈茂前市長の失職にともなって行われる市長選(2018年1月21日告示、28日投開票)に15日、元衆議院議員の楠田大蔵氏が無所属で立候補すると表明した。 ...

2017年12月15日 16:45

人間と機械の融合 新たなるサイボーグ時代へ

 NetIB-Newsでは、「未来トレンド分析シリーズ」の連載でもお馴染みの国際政治経済学者の浜田和幸氏のメルマガ「浜田和幸の世界最新トレンドとビジネスチャンス」から、一 ...

2017年12月15日 16:09

【司法書士】水町俊介 さいたま地方法務局:業務停止2週間

処分の対象者:水町俊介 事務所所在地:埼玉県越谷市蒲生東町15-12 処分の内容:業務停止2週間 処分の理由:依頼者と貸金業者との過払金受領の和解契約の成立に当たり、依頼 ...

2017年12月15日 16:08

【司法書士】竹中徹郎 大阪法務局:業務停止1カ月

処分の対象者:竹中徹郎 事務所所在地:大阪府吹田市昭和町1-1アイワステーションビル2F2C 処分の内容:業務停止1カ月 処分の理由:補助者A、Bが、不動産登記の顧客の紹 ...

pagetop