HOME > 企業・経済 > 一般 > 九州地銀の2017年3月期(第3四半期決算)を検証(1)

一般

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年02月17日 09:33

九州地銀の2017年3月期(第3四半期決算)を検証(1)

 九州地銀(18行)の2017年3月期 第3四半期決算(16年4月1日~12月31日)が出揃った。 もっとも早く発表したのは昨年と同様に佐賀銀行で2月2日(木)。
 最終は大分銀行で13日(月)だった。昨年より5日遅い決算発表について総合企画部に問い合わせたところ、「役員会などの曜日の関係でそうなっただけです」との回答が返ってきた。
 確かに2013年3月期決算から「国内基準行向けバーゼルⅢ」が適用され、年々報告する内容が細分化され、事務負担が増加してきているようだ。下表の通り、昨年は5日間だったが、今年は7日間と発表のスケジュールが全体的に遅れているのが分かる。

 今年の発表日程の中で、特にふくおかFGが昨年より、4日遅れて7日(火)に発表したことに焦点を当てていくことにしたい。
 昨年2月26日(金)、十八銀行とふくおかFGは2017年4月1日に経営統合し、2018年4月に十八銀行と親和銀行が合併する基本契約を締結したと発表。
 ある消息通が、『十八銀行・佐賀・筑邦銀行は共同して九州FGと経営統合するとの見方が有力だったが、まさか十八銀行が単独でふくおかFGと経営統合するとは予想だにしなかった』と語ったことが思い出される。
 長崎県内に本店を持つ地銀は3行。下表の通り、両行が合併すれば預金は95%、貸出金も92%と圧倒的なシェアとなる。もし公正取引委員会がこの経営統合を承認すれば、委員会自体の存在意義が問われる事態になっており、消息通が発した『まさか』の言葉通り、暗礁に乗り上げたまま結論が出せないでいるのが現状のようだ。

 一方、この経営統合が認められなければ、十八銀行の森拓二郎頭取と柴戸隆成ふくおかFG社長兼福岡銀行頭取は経営責任を問われ、退任を余儀なくされる事態も想定される。
 そこで昨年3日(水)だったふくおかFGは4日遅らし7日。昨年8日(月)だった十八銀行も7日。
同じ日に決算発表した裏には、交渉にあたっていた森甲成十八銀行専務の自死を無駄にせず、何が何でも経営統合を成就させたいという願いを込めて、大安吉日の7日(火)を選んだのではないだろうか。

(つづく)
【(株)データ・マックス顧問 浜崎裕治】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2017年08月18日 15:37
NEW!

天神4丁目の第1明星ビルが解体へ

 第1明星ビルの解体工事が始まった。解体後の用途は不明ながら、建替えが検討されているようだ。第1明星ビルは、2月に(独)住宅金融支援機構から貸ビル業の明星ビル(株)(福岡 ...

2017年08月18日 15:21
NEW!

9gatesの大名ビル、気になる用途変更後の行方

 福岡市中央区大名2丁目に誕生したシェアオフィス「Co-work&Share.H」。東京から九州初進出を遂げた不動産コンサルティング会社の(株)ナインゲーツ(本社:東京都 ...

2017年08月18日 13:42

福岡発の有料老人ホーム「アビタシオン」が千葉・木更津市に

 1984年6月、博多区金の隈に『アビタシオン博多Ⅰ号館』を開設以来、33年にわたって高齢者へ向けた医療・介護などのサポート事業を展開する(株)アビタシオン。年々事業を拡 ...

日航ジャンボ機墜落事件炭化遺体と軍用燃料

 NetIB-Newsでは、政治経済学者の植草一秀氏のブログ記事から一部を抜粋して紹介する。今回は、1985年に群馬県山中(御巣鷹山)に墜落した日航機123便にまつわる疑 ...

2017年08月18日 10:59

芝浦グループホールディングス、新社長就任

 芝浦グループホールディングス(株)(所在地:北九市小倉南区)は8月1日、新社長就任と新たな役員の陣容を発表した。  新たに代表取締役社長に就任したのは新地洋和氏。197 ...

pagetop