HOME > 国際 > 韓国大統領選挙の結果(前)

国際

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年05月15日 10:56

韓国大統領選挙の結果(前)

日韓ビジネスコンサルタント 劉明鎬(在日経歴20年)

 5月9日に行われた韓国大統領選挙の結果は、「共に民主党」の文在寅(ムン・ジェイン)候補が41.08%の得票で当選が確定した。

 韓国政治は昨年10月以降、激動と困難を極めていたが、これでようやく政治空白から抜け出す足がかりがつくられた。去年10月、朴前大統領の親友による国政介入疑惑が持ち上がってから、朴前大統領の退陣を求める市民集会「ろうそくデモ」、12月9日の国会での弾劾訴追案可決。それから憲法裁判所の朴前大統領への罷免認容で朴前大統領の職務が停止することになり、今回の大統領選挙が行われた。そのため、今回の選挙は与党には厳しい戦いで、野党の「共に民主党」にとっては有利な選挙であった。

 今回の第19代大統領選挙の投票率は77.2%だった。大統領選挙への関心があまりにも高くて、当初は投票率が80%を超えるという予想もあった。しかし、結果は80%には届かなかったが、それでも20年ぶりに高い投票率を記録した。

 韓国の大統領の任期は5年で、文在寅大統領はこれから5年間、韓国の最高責任者になる。ところが、今回与党になる「共に民主党」は国会で過半数に届かない119議席しか確保していないので、首相の任命などで他の政党の協力が得られなかった場合、国政運営が難航する可能性はある。

 今回の大統領の選挙を振り返ってみると、いくつかの特徴がある。

 1つ目に、選挙期間がかなり短かったこと。また、当選が決定したら翌日からすぐ大統領に就任することも、今回の選挙の特徴であろう。

 2つ目に、今回の選挙にテレビ討論が導入された点である。今までは有権者は、候補の一方的な演説だけを聞かされていたが、候補同士のTV討論会が導入されることによって、国民が候補を検証できる良い機会が与えられたことは高く評価してもいいと思った。

 3つ目に、今までの大統領選挙は地域対決の性格が色濃く出ていたが、今回は地域ごとの候補で対立するような現象はなくなった。

 4つ目に、今回の選挙は「ろうそくデモ」がもたらした選挙だったので、選挙期間中、その影響はずっと尾を引いていた。

 それでは、今回「第19代韓国大統領」に就任した文在寅氏とは、どのような人物なのだろうか。

(つづく)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2017年07月26日 15:38
NEW!

九州北部豪雨 ボランティアは熱中症に注意

 7月26日の朝倉市は、同市で避難所・ボランティア活動にかかわっている人の救急搬送が15件発生したと発表した。そのうち、ボランティア活動中の熱中症は12件。  福岡県、大 ...

2017年07月26日 15:21
NEW!

九州北部豪雨、データ・マックスも義援金を送る

 26日、データ・マックスは朝倉市に義援金として30万円を贈った。弊社の鹿島譲二執行役員が同市役所を訪れ、朝倉市福祉保健部・福祉事務所の田中一孝所長に手渡した。なお、弊社 ...

2017年07月26日 15:04
NEW!

空き家対策モデル事業 27団体に決定

 全国には820万戸の空き家がある(市場流通分を含む)。今後、世帯数の減少にともない、空き家が増加するとの予測もある。深刻さが増しつつある空き家問題の対策のために国交省は ...

2017年07月26日 14:21
NEW!

新築物件情報 祇園のホテルと住吉のマンション

 福岡市博多区エリアで新築予定の物件から、主なものを紹介する。  博多区祇園町、「ダイワロイネットホテル博多祇園」そばで建設予定となっているのが、「(仮称)祇園町-149 ...

腑抜けの集団の自民党、勢力とはいえない野党(前)

SNSI・副島国家戦略研究所 中田安彦 2017年7月25日  安倍政権の支持率が急低下を続ける中、24日、25日の2日にかけて、安倍晋三総理大臣を交えての国会の閉会中審 ...

pagetop