HOME > イオン福重店閉店で注目される下大利店の動向

流通

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年06月04日 11:16

イオン福重店閉店で注目される下大利店の動向

 既報の通り、35年にわたって地域住民の日常生活を支えてきたイオン福重店が、9月30日をもって閉店することがイオン九州から発表された。前身のユニード、ダイエー時代を含め長く営業してきた店舗だけに、Net-I・B NEWSでも大きな反響を呼んでいる。
 ここ最近、イオン九州は各地で「閉店」という重大な決断を下している。なかでも5月22日に発表された「イオン上峰店(佐賀県三養基郡)19年2月末で閉店」というニュースは、かつて同店がマイカル九州の旗艦店として一世を風靡していたことを考えると時代の流れを感じざるを得ない。

 こうしたなかで注目されるのが、イオン下大利店(福岡県大野城市)だ。1987年、ダイエー下大利店として営業を開始し、30年を越える歴史があるが、近年は新勢力の台頭や店舗の老朽化で存在感を発揮できていない。
 一方で同店は西鉄天神大牟田線下大利駅からほど近く、2,400坪の敷地面積は住宅地として見ると他に類を見ない好立地だ。現在の土地所有者は(株)ダイエー。周知の通りイオンの完全子会社である。
 路線価では坪35万円ほどだが、市場価格を考えれば坪50~60万円となってもおかしくない。となると単純計算で12~14億円の売却額が見込まれる。2,400坪といえばマンションならば200戸以上の大型物件を建てられるだけの広さであり、仮に閉店・売却となれば、デベロッパー各社の争奪戦となるのは必至。

 イオン九州は「今後の閉店予定などはまったく決まっていない」というものの、旧ダイエー系不採算店の閉店ラッシュは今後も続くとみられる。駅近に広大な敷地をもつ同店の行方は、多方面から注目を集めることになる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2018年06月18日 16:50

【大阪地震】宅配業界にも大きく影響

 18日に大阪北部で発生した地震で、宅配業界にも大きく影響がおよんでいる。宅配大手の日本郵政(株)、ヤマト運輸(株)、佐川急便(株)は自社ホームページなどで、通行止めなど ...

2018年06月18日 16:30

日経平均株価下落~前日比▲171.42円の2万2,680円33銭

 18日の東京株式市場における日経平均株価は、大阪府北部で震度6弱を観測した地震の影響などを受けて、前場は先週末の終値より▲189円07銭の2万2,662円68銭。後場に ...

2018年06月18日 15:44

主審の判定に疑問~アビスパ平静を保てず首位陥落 福岡0-2新潟

 16日、J2アビスパ福岡はホームにアルビレックス新潟を迎え、第19節の試合に臨んだ。  「サッカーの基本のところで負けていた」と井原監督が振り返った通り、福岡はセカンド ...

金権腐敗政治象徴としてのもりかけ事案

 NetIB-NEWSでは、政治経済学者の植草一秀氏のブログ記事から一部を抜粋して紹介する。今回は、森友学園・加計学園問題の政治的な問題性について論じた6月16日付の記事 ...

2018年06月18日 14:39

【大阪地震】山陽、東海道新幹線が運転再開

 けさ午前7時58分に大阪府北部で発生した地震の影響で、新大阪~岡山間で運転を見合わせていた山陽新幹線は、線路設備の点検が終了し運転を再開した。岡山から新大阪方面行き列車 ...

pagetop