HOME > 政治・社会 > 9条改憲より恐ろしい「緊急事態宣言」条項!

政治・社会

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年11月13日 19:32

9条改憲より恐ろしい「緊急事態宣言」条項!

 10月下旬に新聞に掲載された意見広告が警告した「緊急事態宣言を可能とする憲法改正の危険性」が来年夏の参院選挙後、現実のものになる危険が出てきた。
 安倍首相が11月10、11日の衆参予算員会の国会閉会中審査で、憲法改正の極めて重要な課題として、「緊急事態条項」の必要性を強調したからだ。自民党は、来年の参院選で与党が77議席以上当選し参院で3分の2以上を占めれば、憲法改正の発議を狙うことができる。
 自民党憲法改正草案の緊急事態宣言条項には、「内閣は法律と同一の効力を有する政令を制定することができる」とある。緊急事態が宣言されると、「何人も、法律の定めるところにより」「国その他公の機関の指示に従わなければならない」という内容だ。

独裁国家をつくったナチス・ヒトラーの手口

緊急事態宣言条項の危険を訴える意見広告

緊急事態宣言条項の危険を訴える意見広告

 冒頭に紹介した意見広告は、10月下旬に朝日新聞などに掲載されたもので、「ナチス憲法 あの手口に学んだらどうかね」という麻生太郎財務相の発言を取り上げながら、自民党憲法改正草案の「緊急事態宣言」条項の危険性を訴えていた。意見広告を出したのは、一人一票の実現に取り組んでいる升永英俊弁護士、伊藤真弁護士らだ。

 麻生財務相が「学んだらどうか」と言った手口と言えば、ナチス・ヒトラーが、1933年3月、行政府(内閣)に立法権などを与えた全権委任法によって、国民の知らないまま憲法を変えて、独裁国家をつくった歴史が思い浮かぶ。当時もっとも民主的と言われたワイマール憲法が停止させられ、ナチス・ヒトラーが権力を握った。
 だが、ナチスが圧倒的多数を占めたのは、全権委任法の結果だけではない。

ナチスに反対した7割が緊急事態宣言でほぼ全員賛成に!!

 升永弁護士は、ナチス・ヒトラーが選挙で圧倒的多数の議席を握った事情を、こう説明する。
 「1933年2月28日に、ドイツでは、『緊急事態宣言』が出た。1933年2月28日から数日中に、約5,000人が司法手続きなしで、逮捕・予防禁され、行方不明となった。32年11月6日の選挙では、66.9%の選挙人がナチス以外の政党に投票した。『緊急事態宣言』下、1年後の33年11月12日の総選挙(投票率95%)では、ナチス支持票が、92%であった。すなわち、32年11月6日の選挙ではナチスに反対する政党に投票した、全選挙人の66.9%のほぼ全員が、ナチスを支持した。すなわち、1932年のドイツ人(ただし、32年11月6日の選挙で、ナチスに反対する政党に投票した、全投票人の66.9%に人々)は、ほぼ全員、司法手続きなしの、逮捕・予防拘禁・その後の行方不明を知って、恐怖心と無力感と諦観から、ナチスを支持した」。
 つまり、「1933年のドイツ人は、緊急事態宣言下の司法手続きなしの逮捕・予防拘禁・行方不明を知って、心は、折れた」(升永弁護士)のだ。

緊急事態宣言で、国民主権が自然死する

 緊急事態宣言が可能となると、言論の自由も、表現の自由も、報道の自由も、デモも封殺される。
 9月に成立した安保法にしても、憲法調査会での憲法学者3氏の違憲発言や、SEALDsの国会前デモがなければ、もっと早く無風状態で成立したのは想像に難くない。
 安保法案反対の行動ができたのも、表現の自由が日本にあるからだ。しかし、緊急事態が宣言され、ナチス・ドイツのようになれば、弾圧される覚悟なしには、海外派兵反対もTPP反対も、プラカード1枚掲げられなくなるだろう。
 民主主義が機能するには、単に投票権があれば足りるわけではない。候補者選択を判断する十分な情報が言論の自由、報道の自由によって提供され、容易にアクセスでき、意見表明や、デモなど政治的行動の自由がなければ、民主主義は機能せず、国民主権は、形式上存在しても、自然死する。
 護憲派は、長く憲法改正の焦点として「9条を守れ」をスローガンにしてきたが、来年の参院選まで約9カ月の今、緊急事態宣言条項阻止に重点を移すときだ。

【山本 弘之】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2017年04月27日 07:00
NEW!

27日のクルーズ客船の博多港寄港予定

 27日に博多港へ寄港するクルーズ客船は「COSTA FORTUNA」(定員3,470人)で、午前7時に入港し、午後4時に天津へ向け出港する予定となっている。 ▼関連リン ...

2017年04月26日 16:26

何も変わらない原発行政

 福岡市のニュースサイトHUNTERは25日、玄海原発3、4号機の再稼働に同意した山口祥義・佐賀県知事の発言を踏まえ、原発行政の理不尽さについて言及している。  詳細はコ ...

2017年04月26日 15:01

ファビルス会長、故・野田武太郎氏「お別れの会」開催

 4月14日に亡くなった(株)ファビルスの代表取締役会長であり、福岡商工会議所の元副会頭も務めた野田武太郎氏の「お別れの会」が下記の通り開催される。 <日 時> 2017 ...

2017年04月26日 14:40

商工中金の不正融資、九州では4支店24人が関与

 政府系金融機関の商工組合中央金庫(以下、商工中金)が、国の制度融資で不正な貸付を行った問題で、同社の第三者委員会は25日、調査結果を公表。全国35支店で合計816件の不 ...

2017年04月26日 14:22

久保裕也、日本人最多20ゴールから学ぶもの

 ベルギー1部リーグ・ヘントに所属するFW久保裕也は、リーグ優勝プレーオフのズルテ・ワレヘム戦で1ゴールを決め、今シーズン通算ゴール数を20とした(試合は2-0で勝利)。 ...

イベント情報

開催日:2017年5月3日(水・祝)~5月7日(日)

糸島便り、白糸の滝で涼とやまめをGET

開催日:2017年6月23日(金) 午後6時30分

世界を駆ける芸術家の融合

開催日:2017年4月15日(土)午後2時~午後4時

【4/15】米放送界の最高栄誉に輝いたドキュメンタリーを福岡市で上映

pagetop