HOME > 地域・文化 > 「大砲」のいない正月スポーツ~年明け早々、誠に申し訳ないがひとつ注文を(前)

地域・文化

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年01月11日 15:09

「大砲」のいない正月スポーツ~年明け早々、誠に申し訳ないがひとつ注文を(前)

hakone_ekiden 11月に野球のシーズンが終わると、私の楽しみはマラソン、駅伝へと移る。特に私のお正月のスポーツにおける一大イベントは、1日の実業団駅伝、2日、3日の箱根駅伝だ。

 以前から不思議でならないのが1日の実業団の視聴率が毎年10%台なのに、2日、3日の箱根は20%後半の視聴率があること。本来ならば、箱根でしのぎを削った選手たちが社会人となり、もう一段の成長した姿を見ることができる実業団駅伝は楽しみになるはずだが、どうしても20%台に乗らない。実業団チームに入り、マラソンで大活躍をしてくれれば関心がもう少し出るのかな?それとも「箱根」というブランドに勝てないのだろうか?

 実業団駅伝は確かに2区の外国人選手区間を見たあとに3区、4区の走りを見ると、その実力差が明白になり、さびしい気持ちになることは否めない。育った環境、競争意識の持ち方、日本にまで来てがんばる外国人選手の気持ちを考えると、差はつくのは分かるが、あまりにもスピード感が違う。原因があるとしたらここだろう。どうしたら改善できるか、真剣に考える必要があると思う。それを克服しないと世界レベルで戦えないから見ている方はつらい。
 元旦という忙しい日取りが視聴率に影響を与えていることも事実と思うが、レースも見所をもう少しつくり、見ている人がわくわくするようなシーンを増やす工夫が必要だろう。

 今年の箱根駅伝を見終わってから何か物足りない気持ちがもう1週間近くなるのに抜けない。その原因は何だろうと一所懸命に考えているのだが、結論が掴めそうで掴めないでいる。1区から5区までのレースを思い返してみると、そういえば花の2区と言われたポジションに「花」が見当たらなかった。近年、もっとも関心を集めている区間は5区だろう。ここでその年の箱根のだいたいの結果が見えてくる気がするから、物足りなさを感じてしまうのかもしれない。往路の関心は6区になるのかな?登り、下りでレースが見えてくるような気がしてしまうところも、きっと私には物足りなさを感じる原因になっていると思う。

 私が陸上競技に強い関心を持つようになったのは1991年に日本で開かれた世界陸上選手権大会が大きなきっかけ。選手時代からと思われるかもしれないが、選手時代はそんなに強く関心があったわけではない。世界陸上選手権から、それまでとは違う視線で陸上競技を見るようになった。

(つづく)
【衣笠 祥雄】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2017年06月27日 11:13
NEW!

九州地銀(18行)の決算(17/3月期)を検証する(8)

6.自己資本比率(バーゼルⅢ基準)ついて  バーゼルⅢとは、2007年夏以降に発生した世界的な金融危機に対処するため、10年に改定されたBISの国際統一基準。【表1】は、 ...

2017年06月27日 10:34
NEW!

韓国賭博士たちは渡航を敬遠・中断

 ここでいう韓国賭博士とは済州島、釜山、ソウルの賭博場を徘徊する、福岡市および近郊の中小企業経営者連中のことを指す。一見品行方正に見えるAは「ストレス解消のために月2回、 ...

2017年06月27日 10:20
NEW!

中国経済新聞に学ぶ~回復の気配、底を打つか中国経済

 中国経済は底を打つ、回復する芽が見えてきた。中国国家統計局は14日に5月の経済データを発表した。劉愛華報道官は、「5月の国民経済は全体的に安定し、安定のなかで好転する発 ...

2017年06月27日 09:58
NEW!

災害危機管理への提言 1982年長崎大水害を体験して(前)

 いよいよ梅雨本番、これからの時期は梅雨前線の状況によっては一夜にして大洪水を巻き起こすような集中豪雨も降る、水難の季節である。脊振山系を写した美しいフォトエッセイを連載 ...

2017年06月27日 07:03
NEW!

試練に晒されている文大統領の外交(後)

日韓ビジネスコンサルタント 劉明鎬(在日経歴20年)  韓国国内だけではない。北朝鮮問題の解決をめぐっては、各国の立場も少しずつ違う。しかし、冷静に考えてみてほしい。問題 ...

pagetop