HOME > 地域・文化 > 「大砲」のいない正月スポーツ~年明け早々、誠に申し訳ないがひとつ注文を(前)

地域・文化

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年01月11日 15:09

「大砲」のいない正月スポーツ~年明け早々、誠に申し訳ないがひとつ注文を(前)

hakone_ekiden 11月に野球のシーズンが終わると、私の楽しみはマラソン、駅伝へと移る。特に私のお正月のスポーツにおける一大イベントは、1日の実業団駅伝、2日、3日の箱根駅伝だ。

 以前から不思議でならないのが1日の実業団の視聴率が毎年10%台なのに、2日、3日の箱根は20%後半の視聴率があること。本来ならば、箱根でしのぎを削った選手たちが社会人となり、もう一段の成長した姿を見ることができる実業団駅伝は楽しみになるはずだが、どうしても20%台に乗らない。実業団チームに入り、マラソンで大活躍をしてくれれば関心がもう少し出るのかな?それとも「箱根」というブランドに勝てないのだろうか?

 実業団駅伝は確かに2区の外国人選手区間を見たあとに3区、4区の走りを見ると、その実力差が明白になり、さびしい気持ちになることは否めない。育った環境、競争意識の持ち方、日本にまで来てがんばる外国人選手の気持ちを考えると、差はつくのは分かるが、あまりにもスピード感が違う。原因があるとしたらここだろう。どうしたら改善できるか、真剣に考える必要があると思う。それを克服しないと世界レベルで戦えないから見ている方はつらい。
 元旦という忙しい日取りが視聴率に影響を与えていることも事実と思うが、レースも見所をもう少しつくり、見ている人がわくわくするようなシーンを増やす工夫が必要だろう。

 今年の箱根駅伝を見終わってから何か物足りない気持ちがもう1週間近くなるのに抜けない。その原因は何だろうと一所懸命に考えているのだが、結論が掴めそうで掴めないでいる。1区から5区までのレースを思い返してみると、そういえば花の2区と言われたポジションに「花」が見当たらなかった。近年、もっとも関心を集めている区間は5区だろう。ここでその年の箱根のだいたいの結果が見えてくる気がするから、物足りなさを感じてしまうのかもしれない。往路の関心は6区になるのかな?登り、下りでレースが見えてくるような気がしてしまうところも、きっと私には物足りなさを感じる原因になっていると思う。

 私が陸上競技に強い関心を持つようになったのは1991年に日本で開かれた世界陸上選手権大会が大きなきっかけ。選手時代からと思われるかもしれないが、選手時代はそんなに強く関心があったわけではない。世界陸上選手権から、それまでとは違う視線で陸上競技を見るようになった。

(つづく)
【衣笠 祥雄】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2017年02月28日 15:41

九州古代史を思う~「倭奴国」から「日本国」へ(6)

「魏志倭人伝」を読み説く(2)  引き続き、魏志倭人伝を読み説いていきます。 【倭国の風習】  帯方郡から女王国の国境までは、一万二千里である。  男は皆、顔と体に大小の ...

2017年02月28日 15:05

民泊マンション驚異の稼働率95%

 2015年10月に設立され、九州初の民泊運用代行を開始したairBest(株)が手がける「リアリティ博多Ⅱ」(博多区堅粕)の17年2月の稼働状況が95%に達したことが2 ...

2017年02月28日 13:47

鹿児島県三反園知事 公用車をプライベートで使用か

 福岡のニュースサイトHUNTERは27日から連日、鹿児島県の三反園訓知事が、東京出張の際に「公用車」として使用しているハイヤーを、プライベートで利用していたことを報じて ...

2017年02月28日 13:24

赤字転落した「かっぱ寿司」 社長交代へ

 大手寿司チェーン店「かっぱ寿司」を展開するカッパ・クリエイト(株)は、4月1日付けで四方田豊社長が退任し、後任に大野健一取締役が就任する。  同社は、2017年3月期の ...

2017年02月28日 11:18

28「梅里雪山トレッキング」 2015年10月

 「明永(ミンヨン)」から「太子廟(タイツミョウ)」に登り氷河を見た後に、尾根にある「蓮華(リャンファ)寺」に向かった。 井上正弘 略歴 1948年 宮崎県に生まれる。 ...

pagetop