HOME > 国際 > バイオ産業に革命をもたらす「ゲノム編集」(後)

国際

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年02月14日 07:04

バイオ産業に革命をもたらす「ゲノム編集」(後)

日韓ビジネスコンサルタント 劉明鎬(在日経歴20年)

 「クリスパー(CRISPR)」は2012年頃、欧米の大学や研究機関を中心に開発された技術だ。

 この技術の特徴は、まずは精度の高さである。従来の成功確率は100万回に1回というものであったが、クリスパーはそれを数回に1回の確率に引き上げた。従来は農業の品種改良などでは交配などを繰り返し、数十年または100年という長い歳月をかけて実現していた。
 ところが、クリスパーというゲノム編集技術を使えば、同じことが数年以内に実現できる。デュポンなどのグローバル企業は、すでにこの技術を活用した品種改良に着手。収穫量の多い米、腐らないトマトなど、さまざまなテーマに挑戦している。
 日本でも、漁業の分野で真鯛のサイズを1.5倍にする研究などが進められている。

 クリスパーのもう1つの特徴は、使いやすさである。従来の技術は偶然に頼るような不自由な技術であった。ところが、クリスパーはバイオの予備知識がある人であれば、指導を受ければ、数週間で使えるようになるほど使いやすいとされる。これは、開発期間の短縮を意味し、当然の結果としてコストの圧縮につながる。

 従来の遺伝子組み換え技術は、汎用性もなかった。たとえば従来の技術は、マウスを対象にした技術はマウスにしか使えなかった。これに対してクリスパーは魚、家畜、農作物、それから人間など高度な霊長類まで適用できる。すなわち、あらゆる種類の動物、植物に適用できる汎用性のある技術ということである。

20170213_002 このような特徴を持ったゲノム編集技術だけに、バイオ、医療分野での期待は大きい。遺伝子情報がどんどん解明されることによって、異常のある遺伝子を見つけ出し、そこを改変するか、削除することで病気を治すことができるからだ。すなわち、遺伝子診断および治療である。
 まだ、特定遺伝子と病気との関係、特定遺伝子とガンとの関係は、不明なところが多い。それでも、ある遺伝子を削除し、それがどのような影響を与えるかを調べることで、遺伝子の役割などが解明されつつある。ある遺伝子が病気を抑制するのに関わっていた――などのことが判明するだろう。ただし、ガンなどは1つの遺伝子だけでなく、複数の遺伝子と複合的な要因によって発病しているので、そのメカニズムを解明することは簡単ではないという。
 それでも、遺伝情報の解明が進めば、薬の開発などに利用されるだろう。

 ところで、クリスパーには弱点はないだろうか――。

 クリスパーにも「オフ・ターゲット効果」という問題がある。これは、狙った場所と違った場所を切断したり、改変してしまったりすることだ。今のクリスパーの成功確率は数十%レベルで、臨床の段階では全然問題ないが、医療でこれを使うことになった場合には、話は違ってくる。間違ったところを改変してしまったことが、どのような結果をもたらすかは予測できないからだ。医療に適用しようとすると、100%に近い成功確率が必要であろう。

 クリスパー技術は今でも研究が進められ、技術に磨きがかかっているようだ。クリスパーというゲノム編集技術は、ありとあらゆる分野に活用されることになろう。
 ところが、今でもこの技術を人間の受精卵に適用することに対して、科学者の意見は真っ二つに分かれている。人間の受精卵を弄ることになると、人間が生命設計の改変を行うという、まさに“神の領域”に踏み込むことになるからだ。遺伝子を改変して、美貌で、強靭で、知能の優れた子どもを持ちたいという人間の欲望を、どこまで抑えることができるのか。この技術は今後、大きな議論を巻き起こすに違いない。

(了)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2017年08月18日 15:37
NEW!

天神4丁目の第1明星ビルが解体へ

 第1明星ビルの解体工事が始まった。解体後の用途は不明ながら、建替えが検討されているようだ。第1明星ビルは、2月に(独)住宅金融支援機構から貸ビル業の明星ビル(株)(福岡 ...

2017年08月18日 15:21
NEW!

9gatesの大名ビル、気になる用途変更後の行方

 福岡市中央区大名2丁目に誕生したシェアオフィス「Co-work&Share.H」。東京から九州初進出を遂げた不動産コンサルティング会社の(株)ナインゲーツ(本社:東京都 ...

2017年08月18日 13:42

福岡発の有料老人ホーム「アビタシオン」が千葉・木更津市に

 1984年6月、博多区金の隈に『アビタシオン博多Ⅰ号館』を開設以来、33年にわたって高齢者へ向けた医療・介護などのサポート事業を展開する(株)アビタシオン。年々事業を拡 ...

日航ジャンボ機墜落事件炭化遺体と軍用燃料

 NetIB-Newsでは、政治経済学者の植草一秀氏のブログ記事から一部を抜粋して紹介する。今回は、1985年に群馬県山中(御巣鷹山)に墜落した日航機123便にまつわる疑 ...

2017年08月18日 10:59

芝浦グループホールディングス、新社長就任

 芝浦グループホールディングス(株)(所在地:北九市小倉南区)は8月1日、新社長就任と新たな役員の陣容を発表した。  新たに代表取締役社長に就任したのは新地洋和氏。197 ...

pagetop