HOME > 企業・経済 > 一般 > 白金の土地高騰、その理由は?

一般

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年02月16日 16:38

白金の土地高騰、その理由は?

薬院が飽和状態のため

 福岡市中央区白金・高砂地区のマンションが高騰している。坪450万、400万円の取引が相次いでいるのである。しかし、この地区の容積率は場所によっては380%しかないところもあるのだ。その割にこの高騰ぶり、「どうしてだろう?」という疑問を持った。

 記者は1975年から1995年まで薬院1丁目に暮らしていた。周辺にはまだ戸建の住宅も残っていた。あとで触れる2丁目などは、特に閑静な環境で戸建住宅も数多くあった。マンションなどはまだ点在する感じであったのだ。事務所街と住宅街とが共存する、のどかな佇まいが残っていた。

 12日(日)夕方、記者は通夜参列のために薬院4丁目の喫茶店で時間を潰していた。あらためて薬院3丁目側を注視していると、「マンション林立」の光景が目に飛び込んできたものである。「よくまあこれだけのマンションが建てられたものだ」と驚いた。知らぬ間に薬院地区はびっしりとマンションが林立する、マンション森林に変貌していたのである。主体はファミリータイプで家族世帯が主力だ。

薬院の人口13,000人には驚異の念を抱く

 早速、人口調べをしてみた。中央区の人口統計資料をながめて、あらためてびっくりした。薬院(1丁目から4丁目)で13,527人居住しているのだ。次に続くのが平尾、小笹であるが、中央区内でトップの人口を記録しているのである。あらためて薬院の過密さを痛感した。薬院地区を歩いても20年前には漂っていた気品が消え去り、ゴミゴミした混雑さを感じるのは人口密度が高まったからなのだ。マンションが集中的に建てられたことがなせる業であろう。

 1丁目から4丁目まで、それぞれに特性がある。1丁目はオフィス街と混在しているからマンション用地が少ない。人口限度は2,000人だろう。2丁目は郵政の逓信病院再開発次第であるが、あとプラス1,000人の6,500人までは伸びしろは期待される。3丁目は1丁目と同じオフィス共存区域であるから3,500人が限度である。

 今後の人口増がもっとも見込めるのが4丁目だ。九電体育館再開発のマンション計画が存在している。本格的な定住が進めば、5,000人を突破するのは間違いない。そうなると薬院地区の総人口は17,000人に達する。現在と比べて3,500人増になる。

人口増加地帯は南へ南へ移動

 福岡市の人口は160万人を展望するまでになった。今後の人口増の主流は、まず中心部への集中化が顕著になるだろう。とても薬院地区だけでは賄いきれない。隣接している白金・高砂・大宮地区へ波及するのは自然の流れである。行政としてもこの地区の容積率を拡大させる決定を早急に行う必要がある。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2017年04月27日 07:00
NEW!

27日のクルーズ客船の博多港寄港予定

 27日に博多港へ寄港するクルーズ客船は「COSTA FORTUNA」(定員3,470人)で、午前7時に入港し、午後4時に天津へ向け出港する予定となっている。 ▼関連リン ...

2017年04月26日 16:26

何も変わらない原発行政

 福岡市のニュースサイトHUNTERは25日、玄海原発3、4号機の再稼働に同意した山口祥義・佐賀県知事の発言を踏まえ、原発行政の理不尽さについて言及している。  詳細はコ ...

2017年04月26日 15:01

ファビルス会長、故・野田武太郎氏「お別れの会」開催

 4月14日に亡くなった(株)ファビルスの代表取締役会長であり、福岡商工会議所の元副会頭も務めた野田武太郎氏の「お別れの会」が下記の通り開催される。 <日 時> 2017 ...

2017年04月26日 14:40

商工中金の不正融資、九州では4支店24人が関与

 政府系金融機関の商工組合中央金庫(以下、商工中金)が、国の制度融資で不正な貸付を行った問題で、同社の第三者委員会は25日、調査結果を公表。全国35支店で合計816件の不 ...

2017年04月26日 14:22

久保裕也、日本人最多20ゴールから学ぶもの

 ベルギー1部リーグ・ヘントに所属するFW久保裕也は、リーグ優勝プレーオフのズルテ・ワレヘム戦で1ゴールを決め、今シーズン通算ゴール数を20とした(試合は2-0で勝利)。 ...

イベント情報

開催日:2017年5月3日(水・祝)~5月7日(日)

糸島便り、白糸の滝で涼とやまめをGET

開催日:2017年6月23日(金) 午後6時30分

世界を駆ける芸術家の融合

開催日:2017年4月15日(土)午後2時~午後4時

【4/15】米放送界の最高栄誉に輝いたドキュメンタリーを福岡市で上映

pagetop