HOME > 企業・経済 > 一般 > 「須崎屋台かじしか」3月末に閉店、別れを惜しむファン

一般

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年03月03日 16:44

「須崎屋台かじしか」3月末に閉店、別れを惜しむファン

 福岡市屋台基本条例によって今年3月末に営業許可が取り消しとなる「須崎屋台かじしか」。
 存続をかけて昨年秋の公募に応募したが、審査基準が不透明な書類審査で落選した。
 その書類審査では選定委員の不正が発覚。委員を任命した高島宗一郎福岡市長の責任が問われる。

 大将の下村和代さんが親戚の屋台を引き継ぎ、「かじしか」がオープンしたのは2010年。
 「かじしか」の屋号は家族の名前から一文字ずつとって付けた。
 家族経営によるアットホームな雰囲気も人気の理由だ。

 わかりやすいメニューの表示、食材を並べたショーケース、おしぼりの提供など、
 屋台が初めてのお客さんでも安心して楽しめる配慮がなされている。
 地産地消にこだわったメニューが評判となり、観光ガイドやテレビで紹介される人気店になった。
 地元の常連客や観光客でにぎわい、予約がないと入れない日も珍しくはない。

 なぜ、高島市長は、長年にわたる営業努力で築かれた屋台文化と、ファンとの絆を、一瞬で消し去ろうとするのだろうか。
 今夜も「かじしか」には、閉店を惜しむ多くのファンが訪れていた。

【取材:山下 康太/撮影:増田 亜衣子】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2017年03月28日 16:57
NEW!

『創業の原点に返れ』飯田建設と福岡・九州の土木の歩み(1)

 1951年6月に創業以来、福岡・九州での土木業を中心とした建設分野の事業を手がけ、65年にわたり地域のインフラ・街づくりに貢献してきた飯田建設(株)と同社グループ。20 ...

2017年03月28日 15:52
NEW!

スマホアプリ決済でカード不要に

 現在我が国のほとんどの人々が、携帯電話を保有している。総務省の2016年度版情報通信白書によると、スマートフォンの利用率は60.2%の数値を示し、年々スマートフォンの利 ...

日本への関心が深まる中国、注目されるのは「日本の利点」

 今回の中国出張は、2月24日に東京を離れてから3月15日に帰ってくるまで、3週間という長さになった。  この3週間で、私は福建省厦門市、四川省成都市、山東省済南市、そし ...

2017年03月28日 14:33

NK細胞の大きな可能性

日韓ビジネスコンサルタント 劉明鎬(在日経歴20年)  私たちの体には毎日3,000個以上のがん細胞が発生すると考えられている。  それにも関わらず人間がすぐがんにならな ...

2017年03月28日 13:19

43「梅里雪山トレッキング」 2015年10月

 「雨崩(ユイボン)」の山小屋を出発し、神瀑に向けて谷沿いに登っていったが、多くのチベット族の巡礼の人々とすれ違った。 井上正弘 略歴 1948年 宮崎県に生まれる。 1 ...

pagetop