HOME > 国際 > 電子の目であるイメージセンサー(後)

国際

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年07月11日 07:02

電子の目であるイメージセンサー(後)

日韓ビジネスコンサルタント 劉明鎬(在日経歴20年)

 さて、イメージセンサーの市場だが、この市場ではソニーが圧倒的な力を持っている。ソニーは他社に比べ、技術的に2~3年先行しているとされている。ソニーの世界市場シェアは45%で1位、2位には市場シェア19%のサムスン電子、3位には市場シェア10%のオムニビジョンとなっている。ソニーはシェアを守るため、2015年には4,000億円くらいの莫大な投資を実行している。

 イメージセンサーの市場は成長を続けており、2021年には約160億ドルの規模に成長することが予測されている。とくに今後は、自動運転車や医療機器、IoTなどが新成長産業として期待されているため、センサーの搭載は爆発的に増加することが予測されている。

 サムスン電子もソニーに追いつくため、「アイソセル(ISOCELL)」というブランドでイメージセンサー事業を強化している。アイソセルとは、ピクセル間の間隔を微細化することによって生じる干渉現象をなくし、高品質の画質を実現することを意味するネーミングである。
 サムスン電子はまず、自社が強みを持っているモバイル市場を中心に、イメージセンサーの市場を攻略する戦略を樹立している。まず自社のスマホに採用する一方で、中国のスマホメーカーにもアイソセルの良さをアピールしている。サムスン電子はまずスマホ市場でイメージセンサーの地歩を固め、その次は自動運転の領域に食い込みたいと計画している。サムスン電子はメモリ分野では圧倒的な市場シェアを持っているが、システム半導体はそれほど強くなかったため、システム半導体部門の強化を図っている。

 そのターゲットの第1弾が、イメージセンサーかもしれない。サムスン電子は17年第2四半期の業績発表で、売上高60兆ウォン、営業利益14兆ウォンを明らかにしている。サムスン電子の今回の業績は、インテルを追い抜いて、26年ぶりに半導体分野で世界1位の座に上り詰めたことになる。だが、中国の追撃も激しいので、この状況が長く続くという保証はどこにもない。

 サムスン電子は、規模の経済がものをいうメモリの世界から、もっといろいろな技術が要求されるシステム半導体のほうに軸足を移そうとしている。センサー市場をめぐって、日韓の競争が繰り広げられることになる。
 ソニーはスマホや監視カメラのイメージセンサーがメインであるが、今後は自動運転車やVRにも領域を広げようとしている。今後、市場はどのような状況になっていくのか、興味津々である。

(了)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2017年07月22日 13:58
NEW!

藤丸敏代議士の政治パーティーに潜入!「タワマン不倫」報道の影響は?

古賀誠氏のご威光健在の盛況ぶり  21日、自民党・藤丸敏代議士(福岡7区)の政治団体「藤丸至誠会」は、福岡市内のホテルで政治資金パーティーを開催した。面積1,500㎡、立 ...

2017年07月22日 07:03

九州北部豪雨の爪痕(2)~三連水車は未だ回らず

 前回(詳細はコチラ)レポートした藤井養蜂場から100mのところに、朝倉のシンボル「三連水車」がある。江戸時代に設置された「三連水車」と「堀川用水路」は200年以上現役で ...

2017年07月21日 16:46

【九州北部豪雨】現地を歩く~通行止め続く添田町

 21日、福岡県朝倉市、東峰村、添田町、大分県日田市における今回の九州北部豪雨被害は、激甚災害に指定された。  東峰村を過ぎ、添田町に向かって進む。国道500号線は山間部 ...

2017年07月21日 15:48

佐々木冷菓大分支店が事務所・倉庫を拡張

 アイスクリーム・冷凍食品卸地場大手の(株)佐々木冷菓(本社:長崎県佐々町、佐々木繁社長)は、大分支店(大分市大字廻栖野)の事務所と冷凍倉庫を拡張した。  大分地区での取 ...

稲田防衛相と山本地方創生相はほぼ完全にアウト!

 NetIB-Newsでは、政治経済学者の植草一秀氏のブログ記事から一部を抜粋して紹介する。今回は、急降下する支持率に追われる安倍政権に、本格的に最後通牒を突きつけるのは ...

pagetop