HOME > 企業・経済 > 一般 > 【積水ハウス63億円事件】登記の書面主義が詐欺の温床となる

一般

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年08月04日 16:19

【積水ハウス63億円事件】登記の書面主義が詐欺の温床となる

 地面師なる詐欺師が跋扈する原因のひとつは、登記システムの「書面主義」にある。
 不動産の買主は、所有者となったことを第三者に対抗するため、所有権移転の登記をする必要があるが、登記申請には売主、買主双方の本人確認書類のほか土地の権利証(登記済証・登記識別情報)を添付しなくてはならず、その多くは行政などが発行する証明書だ。登記を代理して申請する司法書士や申請書類を審査する登記官など、日常的にそれらの証明書に触れるプロでさえも精巧に偽造された書類を見抜くのは至難の業だという。

 今回は、仮登記の本登記の時点で登記官から却下されているが、仮登記自体は完了しており、誰も偽造を見破れなかった。仮に本登記までも完了していた場合、真正な所有者と偽造された申請書類により所有者となった者との争いとなり、地面師により騙された買主だけでなく、本来の所有者までも大きな負担を被ることとなるのだ。

【永上 隼人】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2017年08月18日 15:37
NEW!

天神4丁目の第1明星ビルが解体へ

 第1明星ビルの解体工事が始まった。解体後の用途は不明ながら、建替えが検討されているようだ。第1明星ビルは、2月に(独)住宅金融支援機構から貸ビル業の明星ビル(株)(福岡 ...

2017年08月18日 15:21
NEW!

9gatesの大名ビル、気になる用途変更後の行方

 福岡市中央区大名2丁目に誕生したシェアオフィス「Co-work&Share.H」。東京から九州初進出を遂げた不動産コンサルティング会社の(株)ナインゲーツ(本社:東京都 ...

2017年08月18日 13:42

福岡発の有料老人ホーム「アビタシオン」が千葉・木更津市に

 1984年6月、博多区金の隈に『アビタシオン博多Ⅰ号館』を開設以来、33年にわたって高齢者へ向けた医療・介護などのサポート事業を展開する(株)アビタシオン。年々事業を拡 ...

日航ジャンボ機墜落事件炭化遺体と軍用燃料

 NetIB-Newsでは、政治経済学者の植草一秀氏のブログ記事から一部を抜粋して紹介する。今回は、1985年に群馬県山中(御巣鷹山)に墜落した日航機123便にまつわる疑 ...

2017年08月18日 10:59

芝浦グループホールディングス、新社長就任

 芝浦グループホールディングス(株)(所在地:北九市小倉南区)は8月1日、新社長就任と新たな役員の陣容を発表した。  新たに代表取締役社長に就任したのは新地洋和氏。197 ...

pagetop