HOME > 政治・社会 > コンビニへの外国人技能実習生投入 その理由は

政治・社会

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年09月19日 15:37

コンビニへの外国人技能実習生投入 その理由は

 日本フランチャイズチェーン協会は、コンビニ各社が加盟する業界団体。この協会が「外国人技能実習制度の対象職種にコンビニエンスストア運営も入れるように」と政府に申請する、と報じられている。

 外国人技能実習制度といえば、国連などから「現代の奴隷制度」とまでいわれ、制度自体見直すべきという声が高い。農林水産業の現場では、技能実習生を安い賃金で酷使して問題になるケースは枚挙に暇がない。(関連記事:文明国・日本に「奴隷制度」が存在する?(前)

 都市部のコンビニを利用する人であれば、近年コンビニ店員に外国人が急増しているのは実感していることだろう。彼らが胸につけている名札を見ると、出身国もバラエティに富んでいることがわかる。

 さて、日本フランチャイズチェーン協会側はどのような意図で申請を決めたのだろうか。電話取材を試みた。


 ――そもそも、どのような理由で今回の申請に至ったのでしょうか。

 日本フランチャイズチェーン協会 日本のコンビニ市場は飽和状態に近く、しかも少子化していくことを考えると頭打ちであることは間違いありません。そこで海外進出や、日本の優れたコンビニのシステムをパッケージ化して輸出していく必要があるのです。日本のコンビニの看板だけを持って行っても意味がない。実習生の方には、接客やサービス、発注や補充の効率的な運用を技術として学んでもらい、海外進出の際の『幹部候補生』として活躍してほしい。そのための技能実習制度だと思っています。

 ――では、イメージするような人手不足解消のためではない?

 日本フランチャイズチェーン協会 現在のコンビニは、24時間働けるということからさまざまな働き方が可能な職場だと考えています。子どもがいて日中短時間しか働けない主婦の方や、リタイアして時間に余裕のある高齢の方など、フルタイムでは働かないという方々のための選択肢になっているといえます。ですから、一概に人手不足の業界だとはいえないのです。


 申請が認められた場合、2018年には実習生の受け入れ態勢を整えるという。「コンビニ技能実習生」が、協会が言うように「日本の優れたコンビニシステムを海外輸出するための幹部養成」になるのか、それともほかの産業の轍を踏むことになるのか、注目していく必要がある。

【深水 央】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2017年10月19日 13:31
NEW!

どうなる?久留米・欠陥マンション裁判(4・終)~専門家インタビュー

 福岡県久留米市の分譲マンション「新生マンション花畑西」の構造・施工の欠陥を巡り、設計事務所と施工業者(鹿島建設)に損害賠償を求めた裁判は、まもなく、結審を迎える見込みで ...

2017年10月19日 12:05
NEW!

佐藤食品工業、「サトウのごはん」 発売以来初の値上げへ

 佐藤食品工業(株)(本社:新潟市東区、佐藤元代表)はこのほど、11 月 21 日の出荷分から、包装米飯商品の一部の希望小売価格を値上げすると発表した…(⇒つ ...

2017年10月19日 11:33
NEW!
志位和夫委員長

【2017衆院選・福岡】「これほど憲法をないがしろにした政権はない」共産・志位委員長

 18日夕、日本共産党の街頭演説会が博多駅前で開かれた。小雨がパラつくなか、かねてからアナウンスされていた志位和夫委員長の来福を待つ人々が博多口の広いスペースを埋め尽くす ...

若き日のヒュー・ヘフナー氏

プレイボーイ創業者ヒュー・ヘフナーを偲ぶ(1)

国際政治経済学者 浜田 和幸 氏 アメリカの大衆文化を変えた男、ヒュー・ヘフナー  アメリカの文化に革命的インパクトを与えたといっても過言ではないヒュー・ヘフナーが亡くな ...

2017年10月19日 10:08
NEW!

(株)高太 決算報告

 佐賀市に本社を置く鋼材二次製品、鋼材リースなどの販売を手がける(株)高太の第27期(2017年7月期)の決算報告が行われた。  2015年7月期は創業以来の好調な業績で ...

pagetop