HOME > 政治・社会 > 友好的で健全な日韓日中互恵関係を構築すべき

政治・社会

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年01月11日 13:35

友好的で健全な日韓日中互恵関係を構築すべき

 NetIB-NEWSでは、政治経済学者の植草一秀氏のブログ記事から一部を抜粋して紹介する。今回は、従軍慰安婦に関する日韓合意を巡って関係が揺れる日本と韓国について、合意の内容をまず検証すべきとする1月9日付の記事を紹介する。


日韓関係が揺れている。日本側が少女像を撤去しないことを批判するが、2015年12月28日の日韓外相による行動発表で、韓国が少女像の撤去に合意したわけではない点についての認識が必要である。日本政府は韓国の日本大使館前に設置されている従軍慰安婦少女像の撤去を韓国政府に求めているが、この点が日韓外相発表では明確になっていない。私は本ブログ、メルマガに以下の記事を掲載してきた。

2015年12月29日付ブログ記事「日韓合意、日本政府謝罪明記でも玉虫決着」
メルマガ記事「日韓合意あいまい決着が問題を再燃させる懸念」
2017年1月9日付ブログ記事「問題根源は2015/12の日韓玉虫合意文言にある」
メルマガ記事「惨憺たる安倍外交現実の根本原因」
2017年1月10日付ブログ記事「大事なことを曖昧にするから災いが生じる」
メルマガ記事「あいまい公約と裏切る人物が政治をダメにする」

重要なことを決定する際に何よりも重要なことは、「あいまいさを残さないこと」である。大事な点をあいまいにするから、あとでもめる。大きな問題を残さないためには、決めるときに、重要な部分を客観的な明瞭さを確保することが重要である。2015年12月の日韓外相発表では、日本側がこだわる最も重要な部分についての記述があいまいであった。つまり、日本側の要求が明確に満たされぬまま外相発表を行っているのである。そのことが、その後に明らかになった。日本政府は韓国政府が合意を守っていないと批判するが、これは筋違いである。日韓外相発表の文言を読む限り、少女像の撤去について、韓国側は明確な決定を示していない。

日韓外相発表では、日本の岸田文雄外相が次のように発表した。

「日韓間の慰安婦問題については、これまで両国局長協議などにおいて集中的に協議を行ってきた。その結果に基づき、日本政府として以下を申し述べる。
一、慰安婦問題は当時の軍の関与の下に多数の女性の名誉と尊厳を深く傷つけた問題であり、かかる観点から、日本政府は責任を痛感している。安倍首相は日本国首相として、改めて慰安婦としてあまたの苦痛を経験され、心身にわたり癒やしがたい傷を負われたすべての方々に対し、心からおわびと反省の気持ち
を表明する。
二、日本政府はこれまでも本問題に真摯(しんし)に取り組んできたところ、その経験に立って、今般日本政府の予算により、すべての元慰安婦の方々の心の傷を癒やす措置を講じる。具体的には、韓国政府が元慰安婦の方々の支援を目的とした財団を設立し、これに日本政府の予算で資金を一括で拠出し、日韓両政府が協力し、すべての元慰安婦の方々の名誉と尊厳の回復、心の傷の癒やしのための事業を行うこととする。
三、日本政府は以上を表明するとともに、以上申し上げた措置を着実に実施するとの前提で、今回の発表によりこの問題が最終的かつ不可逆的に解決されることを確認する。併せて、日本政府は韓国政府とともに、今後、国連等国際社会において、本問題について互いに非難、批判することを控える。
なお、先ほど申し上げた予算措置については、規模として概ね10億円程度となった。以上のことについては、日韓両首脳の指示に基づいて行ってきた協議の結果であり、これをもって日韓関係が新時代に入ることを確信している。」

これに対して、韓国の尹炳世外相は次のように表明した。

「韓国政府として以下を表明する。
一、韓国政府は日本政府の表明とこのたびの発表に至るまでの取り組みを評価し、日本政府が先に表明した措置を着実に実施されるとの前提で、このたびの発表を通じて、日本政府とともにこの問題が最終的かつ不可逆的に解決されることを確認する。韓国政府は日本政府が実施する措置に協力する。
二、韓国政府は、日本政府が在韓国日本大使館前の少女像に対し、空間の安寧、威厳の維持といった観点から懸念しているという点を認知し、韓国政府としても可能な対応方法に対し、関連団体との協議などを通じて適切に解決されるよう努力する。
三、韓国政府はこのたびの日本政府が表明した措置が着実に実施されるとの前提で、日本政府とともに今後、国連など国際社会において本問題に対する相互非難、批判を自制する。

日本政府は外相発表にある「最終的かつ不可逆的に解決される」ことを強調し、韓国政府が少女像の撤去に責任をもつべきであるとの主張を示すが、発表文書では、少女像の撤去を韓国政府の責任とはしていない。少女像の撤去について尹炳世外相が表明した言葉は、
「韓国政府としても可能な対応方法に対し、関連団体との協議などを通じて適切
に解決されるよう努力する」
というものであって、韓国政府は少女像の撤去を義務付けられていない。従って、「10億円を拠出したのだから、韓国政府は責任を持って少女像を撤去するべきである」との主張は正当性を持たないのである。

※続きは1月9日のメルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』」第1940号「友好的で健全な日韓日中互恵関係を構築すべき」で。


▼関連リンク
・植草一秀の『知られざる真実』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

日本は海洋資源大国 カギはメタンハイドレート(4)

国際政治経済学者 浜田 和幸  その点、日本近海に存在するレアアースを含む泥は注目に値する。レアアースとは高性能磁石に使うネオジウムやジスプロシウム、発光ダイオード(LE ...

2018年01月19日 07:01
NEW!

地域包括ケアシステムはシンガポールに学べ!(後)

大さんのシニアリポート第62回  シンガポール首相のリー・シェンロン(65歳)は14年末にフェイスブックで「日本で高齢者福祉が社会の負担になり、若者が不満を持っている。こ ...

2018年01月18日 16:08

附属久留米小で合否取り違え事件~責任の所在はどこに

 明治40(1907)年開校、110年の歴史を刻む福岡県内有数の名門小学校で、信じがたい事件が起こった。ことの舞台は、福岡教育大学附属久留米小学校(所在地:福岡県久留米市 ...

2018年01月18日 15:52

業界の「匠」座談会 それぞれの道とは(前)

 博多人形師の第一人者、中村信喬氏。世界に日本庭園のすばらしさを広めている(株)別府梢風園の社長、別府壽信氏。明治時代から115年続く(株)未来図建設の社長、菅原正道氏。 ...

2018年01月18日 15:28

「平壌五輪」化する「平昌五輪」南北統一チームにシラケる(前)

 平昌(ピョンチャン)冬季五輪が近づいてきた。前回、このコラムで予言した通り、北朝鮮は新年から「対話攻勢」に出てきた。またぞろ韓国を籠絡しつつある。韓国の文在寅政権は、本 ...

pagetop